先頭に戻る

32チャネルサンプル/ホールド出力付きの12ビットDAC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • SRAMとシーケンサを備えた12ビットDACおよび32チャネルSHAを内蔵
  • 32個の電圧出力
  • 出力直線性:0.03% FSR (typ)
  • 出力分解能:3.2mV
  • フレキシブルな出力電圧範囲
  • リモートグランド検出
  • 高速の順次ロード:1.3µs (1レジスタ当たり)
  • バーストおよび即時モードによるアドレス指定
  • 利得およびオフセットの設定のための外付け部品は不要
  • 出力クランプダイオード内蔵
  • 3種の出力インピーダンスオプション
    MAX5331 (50Ω)、MAX5332 (500Ω)、MAX5333 (1kΩ)
  • アプリケーション/用途

    • 自動試験装置(ATE)
    • 産業用プロセス制御
    • 計測
    • MEMSミラーサーボ制御

    説明

    MAX5331/MAX5332/MAX5333は、多数のプログラマブルな電圧を必要とするアプリケーション用に32個のサンプル/ホールド(SHA)出力を備えた12ビット、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)です。これらのデバイスは、クロック発振器と、内蔵SRAMからのコードでDACを更新するシーケンサを内蔵しています。オフセットおよび利得を設定するために、外付け部品は不要です。

    MAX5331/MAX5332/MAX5333は、-4.5V~+9.2Vの出力電圧範囲を備えています。その他の特長として、フルスケール範囲(FSR)の0.03% (typ)となる出力直線性誤差、3.2mV/ステップの分解能などがあります。100kHzのリフレッシュレートによって320µsごとに各SHAが更新され、出力はほとんど降下しません。リモートグランド検出によって、出力を別のデバイスのローカルグランド基準とすることができます。

    これらのデバイスは、20MHzのSPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応3線式シリアルインタフェースを通じて制御されます。即時更新モードでは、任意のチャネルの出力を20µs以内に更新することができます。Burst Mode®では、複数の値を一回の高速データバーストによってメモリにロードすることができます。すべてのチャネルは、データがロードされる330µs以内に更新されます。

    各デバイスは、フィルタリング用に出力抵抗器と出力クランプを備えています。MAX5331は50Ωの出力インピーダンスを持ち、最大250pFの出力容量を駆動することができます。MAX5332は500Ωの出力インピーダンスを持ち、最大10nFの出力容量を駆動することができます。MAX5333は1kΩの出力インピーダンスを持ち、最大10nFの出力容量を駆動することができます。

    MAX5331/MAX5332/MAX5333は、12mm x 12mmの64ピンTQFPパッケージおよび10mm x 10mmの68ピンTQFNパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX5331、MAX5332、MAX5333:ファンクションダイアグラム MAX5331、MAX5332、MAX5333:ファンクションダイアグラム Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。