先頭に戻る

14/16ビット、低電力、バッファ付き出力、レール・ツー・レールDAC、SPIインタフェース内蔵

80µA以下のIQと3mm x 5mmの8ピンµMAXパッケージでアプリケーション電力とボードスペースを節約

製品の詳細

MAX5214/MAX5216は、ピンコンパチブルな14ビットおよび16ビットのデジタル-アナログコンバータ(DAC)です。MAX5214/MAX5216はシングルチャネル、低電力、バッファ付き電圧出力DACです。デバイスは、レール・ツー・レール動作と低システム消費電力のために高抵抗入力を経由して供給される高精度の外部リファレンスを使用します。MAX5214/MAX5216は、2.7V~5.5Vの広い電源電圧範囲を許容します。消費電力は極めて低く、ほとんどの低電力と低電圧アプリケーションに適応します。これらのデバイスは、3線式SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応のシリアルインタフェースを備え、基板スペースを節約して絶縁アプリケーションにおける複雑さを軽減します。MAX5214/MAX5216は、SCLKとDINでの入力バッファが各シリアル入力フレームの完了後にパワーダウンすることで、入力から出力へのデジタルフィードスルーノイズを最小限にします。MAX5214/MAX5216はパワーアップ時にDAC出力をゼロにリセットすることで、パワーアップ時にオフが必要とされるバルブや他のトランスデューサを駆動するアプリケーションに更なる安全性を提供します。DAC出力はバッファされているため、80µA (max)の低消費電流と±0.25mVの低オフセットエラーを実現しています。アクティブローCLRピンにゼロレベルを入力することで、シリアルインタフェースとは無関係に、入力とDACレジスタの内容を非同期でクリアしてDAC出力をゼロに設定します。MAX5214/MAX5216は、超小型(3mm x 5mm)、8ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+105℃の拡張工業温度範囲で保証されています。

主な機能

  • 低電力消費(80µA max)
  • 14/16ビット分解能を3mm x 5mm、8ピンµMAXパッケージで提供
  • 相対精度
    • ±0.40 LSB INL (MAX5214、14ビット (typ)、±1 LSB (max))
    • ±1.2 LSB INL (MAX5216、16ビット(typ)、±4 LSB (max))
  • 全動作範囲で単調性を保証
  • 低利得エラーと低オフセットエラー
  • 広い電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • レール・ツー・レールのバッファされた出力動作
  • 安全なパワーオンリセット(POR)によるゼロDAC出力
  • 高速50MHzの3線式SPI/QSPI/MICROWIRE対応シリアルインタフェース
  • シュミットトリガー入力によるフォトカプラへの直接インタフェース
  • 非同期アクティブローCLRによってDAC出力をコード0にクリア
  • 高リファレンス入力抵抗による電力低減
  • バッファ付き電圧出力によって10kΩ負荷を直接駆動

アプリケーション/用途

  • 2線式センサー
  • 自動試験装置
  • 自動チューニング
  • 通信システム
  • 利得およびオフセット調整
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源
Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 0.08
Settling Time (µs) (typ) 14
Package/Pins UMAX/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
$2.48 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX5214、MAX5216:標準動作回路 MAX5214、MAX5216:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX5216の評価キット(EVキット)は、16ビット低電力、高性能、バッファ内蔵デジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5216を検証します。このEVキットは、Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応のソフトウェアも備え、MAX5216の各機能を実行するための簡単なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

このEVキットは、MAX5216GUA+が出荷時に実装されています。ピンコンパチブルのMAX5214GUA+ (14ビット、低電力バージョン)のサンプルについてはお問い合わせください。

詳細を見る

特長

  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7対応のソフトウェア
  • 14ビットおよび16ビットDACをサポート
  • SPI™コマンドを生成するマイクロコントローラ内蔵
  • USB駆動(ケーブル同梱)
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX5216PMB1ペリフェラルモジュールは、16ビットDACのMAX5216をSPI通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。このICは、シングルチャネル、低電力、バッファ付き電圧出力DACです。このDACのリファレンス電圧は、電圧リファレンスであるMAX6029の2.5V出力バージョン(0.15%の初期精度、30ppm/℃)によって提供されます。デジタルノイズは、各シリアル入力フレーム完了後にSPI入力バッファをパワーダウンさせることによって最小限に抑えられています。

MAX5216 ICの動作の詳細については、このICのデータシートを参照してください。

詳細を見る

特長

  • 高精度電圧リファレンス実装の高精度16ビットDAC
  • 低利得誤差と低オフセット誤差
  • バッファ付き電圧出力によって10kΩ負荷を直接駆動
  • 外部電圧リファレンスオプション(ジャンパ選択可能)
  • 6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • 移植しやすいCで記述したサンプルソフトウェア
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

マキシムのアナログエッセンシャルは、Digilent, Inc.が制定したPmod™規格に準拠する任意のFPGA/CPU拡張ポートに直接プラグインすることができるペリフェラルモジュールのコレクションです。このコレクションには、一般によく使用される多種多様なアナログおよびミックスドシグナル機能を備えたモジュールが含まれています。これらのモジュールは、3つの定評あるFPGAプラットフォーム(Avnet LX-9、Digilent Nexys 3、およびAvnet ZEDBoard)のFPGAコンフィギュレーションファイルが組み込まれたソフトウェアや各モジュールの実行と検証用のサンプルプログラムによってサポートされています。サンプルプログラムは、モジュールの機能を検証すると同時に、適切に分割されてドキュメントも用意されているため、コアルーチンをお客様のプログラムに容易にカット&ペーストすることができます。プラグインによる簡素性と扱いやすいソフトウェア統合の組合せによって、アイデアをプロトタイプ製作に迅速に移すことができます。

詳細を見る

特長

  • データコンバータ、インタフェース、クロック、センサーその他のモジュールを内蔵して多くの設計ニーズに対応
  • プラグインモジュールによって迅速なハードウェアプロトタイピングを実現
  • 実証済みソフトウェアドライバによって開発時間を短縮
  • 組込みのFPGAコンフィギュレーションファイルによって設計作業を簡素化

説明

MAX5216LPTの評価キット(EVキット)は、シングルチャネル、低電力、出力バッファ内蔵、3線式SPIインタフェース16ビットDACのMAX5216、3ppm/℃低電力電圧リファレンスのMAX6133、RRIO内蔵のシングルチャネル、ゼロドリフト高効率オペアンプのMAX9620、および40V超低自己消費電流LDOのMAX15007を活用し、フォルト電流制限機能と入力/出力可能なHART (Highway Addressable Remote Transducer)モデムを備えた、4~20mAループ駆動電流ループトランスミッタの評価を可能にします。このEVキットはWindows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応のソフトウェアも備え、このリファレンスデザインの各機能を実行するための簡単なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • 広入力電源範囲:12V~40V
  • 16ビットデジタルコードを4~20mAループ電流に伝送
  • オフセットおよび利得を設定可能
  • 電流誤差:0.02 % FS以下(+25℃時)
  • 電流誤差:0.1 % FS以下(全温度範囲)
  • 温度範囲:-40℃~+105℃
  • 抵抗によって選択可能な電流制限:30mA ±20%
  • 自己消費電流:200µA (typ)、300µA (max)
  • 入出力が可能なHARTモデム
  • MAXQ622マイクロコントローラ経由の直接USB通信
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7 (32ビット)対応のソフトウェア
  • SPIインタフェース端子
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAXWINGDEMO1#評価キットは、複数のSPIおよびI2Cペリフェラルを追加することによってMAX32620FTHRボードを拡張するFeatherwing形状のシリアルバス実験プラットフォームです。MAX32620FTHRは個別に提供されます。

このキットには以下のアイテムが含まれます。

  • MAXWINGDEMO1# Featherwingプリント基板

詳細を見る

特長

  • MAX44009:光センサー(I2C)
  • MAX31723:温度センサー(SPI)
  • MAX5216:デジタル-アナログコンバータ(SPI)
  • MAX98300:D級オーディオアンプ、ボード上にSMDスピーカーを実装

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX5214 IBISモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 0.08
Settling Time (µs) (typ) 14
Package/Pins UMAX/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
$2.48 @1k

主な機能

  • 低電力消費(80µA max)
  • 14/16ビット分解能を3mm x 5mm、8ピンµMAXパッケージで提供
  • 相対精度
    • ±0.40 LSB INL (MAX5214、14ビット (typ)、±1 LSB (max))
    • ±1.2 LSB INL (MAX5216、16ビット(typ)、±4 LSB (max))
  • 全動作範囲で単調性を保証
  • 低利得エラーと低オフセットエラー
  • 広い電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • レール・ツー・レールのバッファされた出力動作
  • 安全なパワーオンリセット(POR)によるゼロDAC出力
  • 高速50MHzの3線式SPI/QSPI/MICROWIRE対応シリアルインタフェース
  • シュミットトリガー入力によるフォトカプラへの直接インタフェース
  • 非同期アクティブローCLRによってDAC出力をコード0にクリア
  • 高リファレンス入力抵抗による電力低減
  • バッファ付き電圧出力によって10kΩ負荷を直接駆動

アプリケーション/用途

  • 2線式センサー
  • 自動試験装置
  • 自動チューニング
  • 通信システム
  • 利得およびオフセット調整
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源

説明

MAX5214/MAX5216は、ピンコンパチブルな14ビットおよび16ビットのデジタル-アナログコンバータ(DAC)です。MAX5214/MAX5216はシングルチャネル、低電力、バッファ付き電圧出力DACです。デバイスは、レール・ツー・レール動作と低システム消費電力のために高抵抗入力を経由して供給される高精度の外部リファレンスを使用します。MAX5214/MAX5216は、2.7V~5.5Vの広い電源電圧範囲を許容します。消費電力は極めて低く、ほとんどの低電力と低電圧アプリケーションに適応します。これらのデバイスは、3線式SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応のシリアルインタフェースを備え、基板スペースを節約して絶縁アプリケーションにおける複雑さを軽減します。MAX5214/MAX5216は、SCLKとDINでの入力バッファが各シリアル入力フレームの完了後にパワーダウンすることで、入力から出力へのデジタルフィードスルーノイズを最小限にします。MAX5214/MAX5216はパワーアップ時にDAC出力をゼロにリセットすることで、パワーアップ時にオフが必要とされるバルブや他のトランスデューサを駆動するアプリケーションに更なる安全性を提供します。DAC出力はバッファされているため、80µA (max)の低消費電流と±0.25mVの低オフセットエラーを実現しています。アクティブローCLRピンにゼロレベルを入力することで、シリアルインタフェースとは無関係に、入力とDACレジスタの内容を非同期でクリアしてDAC出力をゼロに設定します。MAX5214/MAX5216は、超小型(3mm x 5mm)、8ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+105℃の拡張工業温度範囲で保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX5214、MAX5216:標準動作回路 MAX5214、MAX5216:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。