先頭に戻る

低コスト、電圧出力、リファレンス内蔵、16ビットDAC、µMAXパッケージ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 保証16ビット単調
  • リファレンス内蔵
  • 10ピン5mm x 3mmのµMAXパッケージ
  • レイルトゥレイル出力アンプ
  • 単一電源動作
    • +5V (MAX5200/MAX5201)
    • +3V、+3.3V (MAX5202/MAX5203)
  • 低消費電流:0.8mA
  • シャットダウンモードで、消費電流を1µAに低減
  • SPI/QSPI/MICROWIRE対応の3線式シリアルインタフェース
  • パワーオンリセットにより出力を下記に設定
    • ミッドスケール(MAX5200/MAX5202)
    • ゼロスケール(MAX5201/MAX5203)

アプリケーション/用途

  • 高分解能オフセット調整
  • 産業用プロセス制御
  • 低コストVCO/VCXO周波数制御

説明

シリアル入力、電圧出力、16ビットD/Aコンバータ(DAC)のMAX5200~MAX5203は、調整なしで規定温度に対して16ビット単調出力を生成します。MAX5200/MAX5201は、+5Vの単一電源で動作し、+2.5Vのリファレンスを内蔵しており、内部利得は2です。MAX5202/MAX5203は、+3Vまたは+3.3V単一電源で動作し、+1.5Vのリファレンスを内蔵し、内部利得は2です。MAX5200~MAX5203のDAC出力範囲は、標準で0~VDDです。

MAX5200~MAX5203は、ハードウェアリセット入力(アクティブローCLR)を備えており、この入力がローレベルのとき、出力をゼロコード0000 (16進) (MAX5201/MAX5203)にクリア、もしくは出力をミッドスケールコード8000 (16進) (MAX5200/MAX5202)にリセットします。3線式シリアルインタフェースは、SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応です。すべてのデバイスは、消費電流が1µAに減少する低電力シャットダウンモードを備えています。MAX5200~MAX5203は、省スペースの10ピンµMAX®パッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+105℃)での動作が保証されています。外部リファレンスバージョンについては、MAX5204~MAX5207のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX5200、MAX5201、MAX5202、MAX5203:ファンクションブロックダイアグラム MAX5200、MAX5201、MAX5202、MAX5203:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。