先頭に戻る

低電力、シリアル、14ビットDAC、フォース/センス電圧出力付

起動グリッチを最小限に抑え、1 LSB INLを持つ最高の14ビットDAC

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
2
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.35
Settling Time (µs) (typ) 12
Package/Pins QSOP/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
5.15
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
2
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.35
Settling Time (µs) (typ) 12
Package/Pins QSOP/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
5.15

主な特長

  • INL:±1 LSB
  • シャットダウン電流:1µA
  • パワーアップ時に出力が「グリッチフリー」
  • 単一電源動作
    • +5V (MAX5171)
    • +3V (MAX5173)
  • フルスケール出力範囲
    • +2.048V (MAX5173、VREF = +1.25V)
    • +4.096V (MAX5171、VREF = +2.5V)
  • レイルトゥレイル出力アンプ
  • 乗算動作における低THD:-80dB
  • 3線シリアルインタフェース:SPI/QSPI/MICROWIREコンパチブル
  • 設定可能なシャットダウンモードおよびパワーアップリセット
  • バッファ付出力:5kΩ || 100pF負荷を駆動可能
  • ユーザ設定可能なディジタル出力ピンを使って外部部品のシリアル制御が可能
  • 12ビットMAX5175/MAX5177のピンコンパチブルアップグレード製品

アプリケーション/用途

  • µP制御システム
  • 自動試験装置(ATE)
  • デジタル利得およびオフセット制御
  • デジタル設定可能4mA~20mA電流ループ
  • 産業用プロセス制御
  • モーションコントロール
  • 遠隔産業用制御

説明

MAX5171/MAX5173は、高精度出力アンプ付きの低電力シリアル14ビット電圧出力D/Aコンバータ(DAC)を省スペースの16ピンQSOPパッケージに内蔵しています。MAX5171は+5V単一電源で動作し、MAX5173は+3V単一電源で動作します。出力アンプの反転入力の使用により、特定の利得設定、リモートセンシングおよび大出力駆動能力が実現できるため、MAX5171/MAX5173は工業用プロセス制御等の広範囲のアプリケーションに最適です。いずれのデバイスも消費電流は僅か260µAとなっており、シャットダウンモードではさらに1µAに低減します。さらに、設定可能なパワーアップリセット機能により、初期出力状態として0または中間値に選択できます。

3線シリアルインタフェースは、SPI™、QSPI™およびMICROWIRE™規格とコンパチブルです。入力レジスタにDACレジスタが続く形で構成されたダブルバッファ付入力を備えているため、16ビットシリアルワードによってDACレジスタを入力レジスタと同時または個別に更新できます。その他の特長としては、ソフトウェアおよびハードウェアシャットダウン、シャットダウンロックアウト、ハードウェアクリアピン、そしてDCおよびオフセットAC信号を許容するリファレンス入力等が挙げられます。これらのデバイスは、機能性を増すための設定可能なディジタル出力ピンおよびデイジーチェーン接続用のシリアルデータ出力ピンを備えています。全てのロジック入力はTTL/CMOSコンパチブルで、内部シュミットトリガでバッファされているため、フォトカプラと直接インタフェースすることが可能です。

MAX5171/MAX5173は独自の内蔵回路により、パワーアップ時のグリッチを数ミリボルトに抑えて出力電圧を実質的に「グリッチフリー」に保ちます。いずれのデバイスも16ピンQSOPパッケージで提供されており、温度範囲は拡張工業用(-40℃~+85℃)のものが用意されています。MAX5171/MAX5173は、12ビットMAX5175/MAX5177とピンコンパチブルなアップグレード製品です。100%ピンコンパチブルの内部リファレンス付DAC製品については、13ビットMAX5132/MAX5133および12ビットMAX5122/MAX5123のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX5171、MAX5173:ファンクションブロックダイアグラム MAX5171、MAX5173:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。