先頭に戻る

+3V/+5V、シリアル入力、電圧出力、14ビットDAC

超小型14ビットDAC、µMAXパッケージ、低電力ソリューションを提供

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Unbuffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.2
Settling Time (µs) (typ) 1
Package/Pins UMAX/10
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
6.54
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 14
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Unbuffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 4.5
Supply Range (V) (max) 5.5
ICC (mA) (max) 0.2
Settling Time (µs) (typ) 1
Package/Pins UMAX/10
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
6.54

主な特長

  • パッケージ:小型(3mm × 5mm) 8ピンµMAX
  • 低消費電流:120µA
  • 高速セトリング時間:1µs
  • シリアルインタフェース:25MHz SPI/QSPI/MICROWIREコンパチブル
  • VREF範囲:VDDまで拡張
  • 単一電源動作:+5V (MAX5141/MAX5142)または+3V (MAX5143/MAX5144)
  • 調整なしで完全14ビット性能
  • バッファなしの電圧出力が60kΩの負荷を直接駆動
  • パワーオンリセット回路がDAC出力をコード0 (MAX5141/MAX5143)またはコード8192 (MAX5142/MAX5144)にクリア
  • フォトカプラとの直接インタフェース用のシュミットトリガ入力
  • 非同期アクティブローCLR

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • データ収集
  • 高分解能および利得調整
  • 産業用プロセス制御

説明

MAX5141~MAX5144は、シリアル入力、電圧出力、14ビットのディジタルアナログコンバータ(DAC)です。これらの製品は、8ピンSOパッケージに収められた類似DACの半分のサイズである小型µMAX®パッケージに収められています。これらの製品は、+3V (MAX5143/MAX5144)または+5V (MAX5141/MAX5142)の低単一電源で動作し、全温度範囲で14ビット性能(±1 LSB INLおよびDNL)を提供するため調整は不要です。DAC出力はバッファされていないため、消費電流が120µA、オフセット誤差が2 LSBと低くなっています。

DAC出力範囲は0V~VREFです。MAX5142/MAX5144は、バイポーラ動作用に外付高精度オペアンプ(MAX400等)と併用することができるマッチングされたスケーリング抵抗を内蔵し、±VREFの出力スイングを生成することができます。データをDACラッチにロードするには、16ビットのシリアルワードが使用されます。25MHzの3線式シリアルインタフェースはSPI™/QSPI™/MICROWIRE™コンパチブルになっており、絶縁を必要とするアプリケーション用にフォトカプラと直接インタフェースします。電源投入時には、パワーオンリセット回路がDAC出力をコード0 (MAX5141/MAX5143)またはコード8192 (MAX5142/MAX5144)にクリアします。アクティブローCLRをロジックローにすると、シリアルインタフェースに関わりなくDACの出力がコード0 (MAX5141/MAX5143)またはコード8192 (MAX5142/MAX5144)に非同期してクリアされます。MAX5141/MAX5143は8ピンµMAXパッケージで、MAX5142/MAX5144は10ピンµMAXパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX5141、MAX5142、MAX5143、MAX5144:ファンクションブロックダイアグラム MAX5141、MAX5142、MAX5143、MAX5144:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。