先頭に戻る

CMOSクワッド、12ビット、シリアル入力乗算型DAC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 4つの12ビット精度DAC
  • 高速3線式シリアルインタフェース
  • 低微分非直線性:±½ LSB max
  • 低積分非直線性:±1 LSB max
  • 利得精度:±1½ LSB max
  • 低利得温度係数:5ppm/℃ max
  • 単一+5V電源動作
  • TTL/CMOSコンパチブル
  • 24ピンDIPおよび28ピンSOパッケージで入手可能

アプリケーション/用途

  • µP制御システム
  • 任意波形発生器(AWG)
  • 自動試験装置
  • デジタルオフセット/利得調整
  • 産業用プロセス制御
  • 動作制御システム
  • プログラマブルアンプ/アッテネータ

説明

MAX514は、4つの12ビットR-2R乗算型ディジタル-アナログコンバータ(DAC)を内蔵しており、各DACにつき、シリアル入力・パラレル出力のシフトレジスタ、DACレジスタ、およびロジック制御回路が備わっています。MAX514は3線式シリアルインタフェース設計であるため、パッケージのピン数、内部レベルトランスレータの数を最小限に抑えることができ、パラレルインタフェース製品にくらべて、ボード面積の削減、消費電力の低減(10mW max)が可能です。

MAX514をマイクロプロセッサ(µP)と組み合わせてシリアルポートで使用する場合、ロジック入力端子からアナログ出力へのディジタルノイズのフィードスルーは最小限に抑えられます。さらにノイズを減少させるため、µPのシリアルポートは専用のアナログバスとして使用することができ、MAX514が動作中インアクティブにできます。また、シリアルインタフェースにより、フォトカプラあるいはトランスを用いた絶縁タイプのアプリケーションを簡素化することができます。この製品は、±1 LSBの直線性にレーザトリミングされた、低温度係数の薄膜抵抗を使用しており、±1½ LSB以内の利得精度が得られます。MAX514は、+5Vの電源用です。すべてのロジック入力はTTLおよびCMOSコンパチブルです。パッケージは省スペース24ピンDIPおよび28ピンSOパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX514:ファンクションブロックダイアグラム MAX514:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。