先頭に戻る

低電力、シングル、16/12ビット、バッファ内蔵、電圧出力DAC

端子設定可能なゼロまたはミッドスケール起動を備えた、業界最小16ビットDAC

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 16
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Int./Ext.
INL (±LSB) (max) 11
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 1.6
Settling Time (µs) (typ) 5
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
3.56
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (&lt; 1MHz)
Resolution (bits) 16
# Channels 1
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Int./Ext.
INL (±LSB) (max) 11
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 5.25
ICC (mA) (max) 1.6
Settling Time (µs) (typ) 5
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
3.56

主な特長

  • 16ピンTQFNパッケージ(3mm x 3mm)で16/12ビット分解能
  • 起動時またはリセット時にDAC出力をゼロ/ミッドスケールにハードウェア選択可能
  • ダブルバッファされた入力レジスタ
  • アクティブローLDACによってDAC出力を非同期更新
  • アクティブローREADYによって容易にデイジーチェーン接続
  • 高性能10ppm/℃内部リファレンス
  • 全動作状態において単調性を保証
  • 広い電源範囲:+2.7V~+5.25V
  • レイルトゥレイルバッファ出力動作
  • 低利得誤差(FSの±0.5%以下)とオフセット(±10mV以下)
  • 30MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース
  • ヒステリシス付加のCMOS対応入力
  • 低消費電力:ISHDN = 2µA (max)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置
  • 自動チューニング
  • 通信システム
  • データ収集
  • 利得およびオフセット調整
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源

説明

MAX5138/MAX5139は、シングルチャネル、ピンコンパチブル、ソフトウェアコンパチブルの16ビットおよび12ビットDACファミリです。MAX5138/MAX5139は、低電力の16ビット/12ビット、バッファ電圧出力、高リニアリティDACです。これらの製品は、レール・ツー・レール動作に高精度の内部リファレンスまたは高精度の外部リファレンスを使用します。MAX5138/MAX5139は、+2.7V~+5.25Vの広い電源電圧範囲に対応しており、ほとんどの低電力および低電圧アプリケーションに適合しています。これらのデバイスは、3線式のSPI/QSPI™/MICROWIRE®/DSP対応のシリアルインタフェースに対応し、基板スペースを節約して、光学的絶縁およびトランス絶縁アプリケーションを簡素化します。デジタルインタフェースのダブルバッファハードウェアとソフトウェアアクティブローLDACは、同時出力更新を提供します。シリアルインタフェースは、アクティブローREADY出力を特長としており、複数のMAX5138/MAX5139デバイスおよび/またはその他のコンパチブルなデバイスを簡単にデイジーチェーン接続することができます。MAX5138/MAX5139は、起動時またはリセット時にDAC出力をゼロまたはミッドスケールにリセットするハードウェア入力を備えており、起動時にオフ状態が要求されるバルブなどのトランスデューサを駆動するアプリケーションに付加的な安全を提供することができます。DACの高いリニアリティによって、これらのデバイスは高精度の制御および計測アプリケーションに最適です。MAX5138/MAX5139は、超小型(3mm x 3mm)の16ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+105℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX5138、MAX5139:標準動作回路 MAX5138、MAX5139:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。