先頭に戻る

2線式シリアルインタフェース付き、不揮発性、クワッド、8ビットDAC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 不揮発性レジスタによって保存された状態にDACを初期化
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.25V
  • 独立したハイ/ローのリファレンス入力を備えたクワッド8ビットDAC
  • レイルトゥレイル出力バッファ
  • 低消費電流:200µA (DAC当り)
  • パワーダウンモードで消費電流が25µA (max)に低減
  • 400kHzのI²C対応の2線式シリアルインタフェース
  • 非同期アクティブローMUTE入力(MAX5116)
  • 小型16ピン/20ピンQSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATEキャリブレーション
  • デジタル利得およびオフセット調整
  • レーザバイアス
  • ポータブル計測機器
  • パワーアンプバイアス制御
  • プログラマブル減衰

説明

MAX5115/MAX5116は、不揮発性レジスタを備えたクワッド、8ビット、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)です。これらの不揮発性レジスタはDAC動作モードと出力状態を保存しているため、DACは電源投入時に指定された構成に初期化することができます。高精度な内蔵出力バッファはレイルトゥレイルでスイングし、8µsのセトリングタイムを備えています。I²C対応の2線式シリアルインタフェースによって、最大クロック周波数400kHzを実現します。

MAX5115は各チャネル独立のハイおよびローのリファレンス入力を備えているため、出力電圧範囲のフレキシビリティが最大化されます。MAX5116はすべてのDACに対して一組のハイ/ローリファレンス入力を備えており、基板配線数が最小限に抑えられ、基板面積が削減されます。リファレンスレイルは、グランドから正電源レイルまでの範囲の電圧入力を受け付けます。

これらのデバイスは+2.7V~+5.25Vの単一電源で動作し、各DAC当りの消費電流は200µAです。ソフトウェア制御のパワーダウンモードでは、消費電流が25µA以下まで低減します。ソフトウェア制御のミュートモードでは、各DACまたは両方のDACが同時にそれぞれのREFL_電圧になります。また、MAX5116は非同期アクティブローMUTE入力も備え、これによってすべてのDAC出力が同時にそれぞれのREFL_電圧になります。

MAX5115は20ピンQSOPパッケージで、MAX5116は16ピンQSOPパッケージで提供されます。両デバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX5115、MAX5116:標準動作回路 MAX5115、MAX5116:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。