MAX5112

9チャネル、14ビット、電流DAC、I²Cインタフェース内蔵

光ファイバのチューナブルレーザ光源をバイアスするのに最適なマルチチャネル電流出力DAC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX5112は、14ビット、9チャネル、電流出力デジタル-アナログコンバータ(DAC)です。このデバイスは+3.0Vという低い電源電圧で動作し、調整不要で14ビットの性能を提供します。

このデバイスの出力範囲は、高出力チューナブルレーザ光源のバイアス用に最適化されています。9つのチャネルが個別に電流ソースを提供します。より大きな電流またはより高い分解能を実現するには、DACの出力を並列に接続してください。このデバイスはリファレンスを内蔵しています。

I²C対応のインタフェースは、最高400kHzのクロックレートでデバイスを駆動します。アクティブハイの非同期CLR入力は、シリアルインタフェースとは無関係にDACコードをゼロにリセットします。このデバイスはインタフェースロジックを駆動するための独立した電源入力を備えています。

MAX5112は-40℃~+105℃の温度範囲での動作が保証されており、36ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP) (3mm x 3mm)および32ピンTQFN (5mm x 5mm)パッケージで提供されます。

主な特長

  • 低電源電圧:3.0V
  • 出力1と2にマルチプレクサ内蔵
  • 出力の並列接続による電流または分解能の増大
  • I²C対応シリアルインタフェース
  • 内部リファレンス
  • 過熱保護
  • 温度範囲:-40℃~+105℃
  • 36ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP)または32ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 調整可能なレーザダイオードバイアス
Part NumberResolution
(bits)
ChannelsOutput TypeReferenceINL
(±LSB)
InterfaceSupply Range
(V)
Supply Range
(V)
ICC
(mA)
Settling Time
(µs)
Package/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
maxminmaxmaxtypSee Notes
MAX5112 149Current- BufferedInt.8Serial - I2C2.63.30.615
TQFN/32
WLP/36
-40 to +105$21.27 @1k
全Precision DACs (249)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

技術資料

アプリケーションノート 5873 パッケージ熱分析計算器のチュートリアル
チュートリアル 5719 Package Thermal Analysis Calculator Tutorial

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX5112.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5861
DOCSIS 3.1高密度SCQAMおよびOFDMダウンストリームケーブル変調器

  • 高密度ケーブルダウンストリーム変調器
  • 高い柔軟性と設定能力
  • 追加機能によってRF設計を容易化


種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 5873 パッケージ熱分析計算器のチュートリアル
チュートリアル 5719 Package Thermal Analysis Calculator Tutorial