先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5110の評価キット Oct 25, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +3.0Vレギュレータを搭載し、+5.5V~+3.35Vの電源範囲を許容
  • -5.2Vレギュレータを搭載し、-6.5V~-5.24Vの電源範囲を許容
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7対応ソフトウェア
  • USBによるPC接続(ケーブル同梱)
  • ダイオードおよび抵抗負荷を実装
  • SPI™インタフェース端子(MAX5110)
  • I²Cインタフェース端子(MAX5111)
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 調整可能なレーザダイオードバイアス

説明

MAX5110の評価キット(EVキット)は、9チャネル、14ビット電流DACのMAX5110を評価するための実証済みのデザインを提供します。このEVキットは、Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応のソフトウェアも備えており、デバイスの各機能を実行するためのシンプルなグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

EVキットにはMAX5110GTJ+が実装されています。ピン互換のMAX5111GTJ+の評価には、無料サンプルを請求してください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5110の評価キット Oct 25, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。