先頭に戻る

12ビット、4.0Gsps高ダイナミック性能広帯域DAC

1180mWで-164dBm/Hzのノイズ密度を実現する、12ビット、4.0Gsps DAC

製品の詳細

12ビット、4.0Gspsディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX19693は、高周波および広帯域信号のダイレクトディジタル合成が可能です。このDACは、広帯域通信およびレーダアプリケーション用に最適化されています。MAX19693は、優れたスプリアスおよびノイズ性能を備え、DCからほぼ2GHzまでの周波数範囲で広帯域信号の合成に使用することができます。4.0Gspsの更新レートによって、1.5GHz帯域幅を超える信号のディジタル合成が可能です。

MAX19693は、4つの12ビットマルチプレックス低電圧差動信号(LVDS)入力ポートを備え、ダブルデータレート(DDR)またはクワッドデータレート(QDR)モード時にそれぞれ最大1GHzで動作します。このDACは、立上りおよび立下りクロックエッジの両方で変換がトリガされるため、DAC更新レートの1/2のクロックを受け付けます。入力データレートは、DAC更新レートの1/4 (クロックレートの1/2)です。MAX19693は、LVDSデータクロック出力を提供し、FPGAまたはASICデバイスとのインタフェースが簡単です。

MAX19693は、ダイナミック性能を最適化するための自己較正型の50Ω差動出力終端を内蔵する電流ステアリングDACです。MAX19693は、3.3Vおよび1.8V電源で動作し、4.0Gspsの場合の消費電力は1180mWです。MAX19693は、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージで提供されます。

主な機能

  • 出力更新レート:4.0Gsps
  • 業界トップクラスのダイナミック性能
    • SFDR* = 76dBc (fOUT = 400MHzの場合)
    • SFDR* = 70dBc (fOUT = 800MHzの場合)
    • 広帯域ノイズスペクトル密度 = -164dBm/Hz
  • 低電力動作
    • 770mW (fDAC = 2000Mspsの場合)
    • 1180mW (fDAC = 4000Mspsの場合)
  • 4:1のマルチプレックスLVDS入力
    • ポート当り最大1000Mwps
  • 50Ωの差動出力終端内蔵
  • 入力レジスタのスキャンモードによって回路内部導電性検証
  • 11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX19693EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • XバンドトランスミッタのデジタルIF生成
  • ダイレクトデジタル合成
  • 電子戦
  • レーダ波形およびLO信号合成
Parametric specs for High-Speed DACs (≥ 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
fCLK (Msps) 4000
SFDR (dBc) (@ fOUT) 70 @ 800MHz
DNL (±LSB) 0.8
INL (±LSB) 1.2
IOUT (mA) 20
PDISS (mW) 1180
Interface Interleaved, LVDS
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins CSBGA/169
全て表示する

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

The MAX19692 and MAX19693 evaluation kits (EV kits) include either a MAX19692 2.3Gsps or MAX19693 4.0Gsps 12-bit, direct RF synthesis digital-to-analog converter (DAC). The evaluation board includes a transformer circuit used to convert the differential DAC output to a singleended 50Ω signal. An on-board 3-transformer circuit is also provided to convert a single-ended 50Ω clock source into the well balanced, 50% duty cycle, 100Ω differential source required by the MAX19692/MAX19693.

The MAX19692/MAX19693 evaluation board employs two SAMTECH Q Strip® (QSH) connectors for the digital interface. The EV Kit includes an adapter board that converts the QSH interface to an FPGA Mezzanine Connector (FMC). The FMC connector is commonly available on Commercial Off-the-Shelf (COTS) FPGA evaluation boards such as the Xilinx© Virtex®-7 VC707 EV kit.

The MAX19692/MAX19693 EV Kit is supported by the MUXDAC Data Source based on a VC707 FPGA board which provides a useful tool for supplying the digital signals required to evaluate the MAX19692/MAX19693. Refer to the MUXDAC Data Source User’s Guide for more information.

詳細を見る

特長

  • Evaluates the MAX19692/MAX19693
  • Supports Maximum Update Rates
    • 2.3Gsps for MAX19692
    • 4.0Gsps for MAX19693
  • Proven 12-Layer PCB Design
  • Single-Ended Clock Interface
    • 2.3GHz Maximum Clock Rate (MAX19692)
    • 2.0GHz Maximum Clock Rate (MAX19693)
  • Single-Ended DAC Output Interface
    • Selectable Frequency Response (MAX19692)
    • Wideband Output Transformer
    • Supports from 50MHz to >2GHz
  • On-Board 1.25V Reference Circuitry
  • Fully Assembled and Tested

説明

The MAX19692 and MAX19693 evaluation kits (EV kits) include either a MAX19692 2.3Gsps or MAX19693 4.0Gsps 12-bit, direct RF synthesis digital-to-analog converter (DAC). The evaluation board includes a transformer circuit used to convert the differential DAC output to a singleended 50Ω signal. An on-board 3-transformer circuit is also provided to convert a single-ended 50Ω clock source into the well balanced, 50% duty cycle, 100Ω differential source required by the MAX19692/MAX19693.

The MAX19692/MAX19693 evaluation board employs two SAMTECH Q Strip® (QSH) connectors for the digital interface. The EV Kit includes an adapter board that converts the QSH interface to an FPGA Mezzanine Connector (FMC). The FMC connector is commonly available on Commercial Off-the-Shelf (COTS) FPGA evaluation boards such as the Xilinx© Virtex®-7 VC707 EV kit.

The MAX19692/MAX19693 EV Kit is supported by the MUXDAC Data Source based on a VC707 FPGA board which provides a useful tool for supplying the digital signals required to evaluate the MAX19692/MAX19693. Refer to the MUXDAC Data Source User’s Guide for more information.

詳細を見る

特長

  • Evaluates the MAX19692/MAX19693
  • Supports Maximum Update Rates
    • 2.3Gsps for MAX19692
    • 4.0Gsps for MAX19693
  • Proven 12-Layer PCB Design
  • Single-Ended Clock Interface
    • 2.3GHz Maximum Clock Rate (MAX19692)
    • 2.0GHz Maximum Clock Rate (MAX19693)
  • Single-Ended DAC Output Interface
    • Selectable Frequency Response (MAX19692)
    • Wideband Output Transformer
    • Supports from 50MHz to >2GHz
  • On-Board 1.25V Reference Circuitry
  • Fully Assembled and Tested

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX19693ガーバーファイル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX19693 IBIS Model

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed DACs (≥ 1MHz)
Resolution (bits) 12
# Channels 1
fCLK (Msps) 4000
SFDR (dBc) (@ fOUT) 70 @ 800MHz
DNL (±LSB) 0.8
INL (±LSB) 1.2
IOUT (mA) 20
PDISS (mW) 1180
Interface Interleaved, LVDS
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins CSBGA/169

主な機能

  • 出力更新レート:4.0Gsps
  • 業界トップクラスのダイナミック性能
    • SFDR* = 76dBc (fOUT = 400MHzの場合)
    • SFDR* = 70dBc (fOUT = 800MHzの場合)
    • 広帯域ノイズスペクトル密度 = -164dBm/Hz
  • 低電力動作
    • 770mW (fDAC = 2000Mspsの場合)
    • 1180mW (fDAC = 4000Mspsの場合)
  • 4:1のマルチプレックスLVDS入力
    • ポート当り最大1000Mwps
  • 50Ωの差動出力終端内蔵
  • 入力レジスタのスキャンモードによって回路内部導電性検証
  • 11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX19693EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • XバンドトランスミッタのデジタルIF生成
  • ダイレクトデジタル合成
  • 電子戦
  • レーダ波形およびLO信号合成

説明

12ビット、4.0Gspsディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX19693は、高周波および広帯域信号のダイレクトディジタル合成が可能です。このDACは、広帯域通信およびレーダアプリケーション用に最適化されています。MAX19693は、優れたスプリアスおよびノイズ性能を備え、DCからほぼ2GHzまでの周波数範囲で広帯域信号の合成に使用することができます。4.0Gspsの更新レートによって、1.5GHz帯域幅を超える信号のディジタル合成が可能です。

MAX19693は、4つの12ビットマルチプレックス低電圧差動信号(LVDS)入力ポートを備え、ダブルデータレート(DDR)またはクワッドデータレート(QDR)モード時にそれぞれ最大1GHzで動作します。このDACは、立上りおよび立下りクロックエッジの両方で変換がトリガされるため、DAC更新レートの1/2のクロックを受け付けます。入力データレートは、DAC更新レートの1/4 (クロックレートの1/2)です。MAX19693は、LVDSデータクロック出力を提供し、FPGAまたはASICデバイスとのインタフェースが簡単です。

MAX19693は、ダイナミック性能を最適化するための自己較正型の50Ω差動出力終端を内蔵する電流ステアリングDACです。MAX19693は、3.3Vおよび1.8V電源で動作し、4.0Gspsの場合の消費電力は1180mWです。MAX19693は、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージで提供されます。

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。