先頭に戻る

12ビット、1.5Gsp高ダイナミック性能DAC

400MHzで68dBcのSFDRを実現する12ビット、1.5Gsps DAC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 業界トップクラスのダイナミック性能
    • SFDR = 68dBc (fOUT = 400MHzの場合)
    • ノイズ密度 = -162dBm/Hz (200MHzの場合)
  • 高いSN比と広い出力帯域幅
  • 4:1多重化LVDS入力(それぞれ最大375MHz)
  • 50Ωの差動出力終端内蔵
  • 低電力:760mW (fCLK = 1000MHz)
  • 鉛フリー、11mm x 11mmの小型169ピンCSBGAパッケージ

アプリケーション/用途

  • 任意波形発生器
  • 自動試験装置
  • 最大750MHzの広帯域RF信号の直接デジタル生成
  • ダイレクトデジタル合成
  • 磁気共鳴画像処理
  • ビデオ分配
  • 広帯域通信

説明

12ビット、1.5Gspsディジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX19681は、高周波数と広帯域信号のダイレクトディジタル合成が可能です。この製品は、広帯域通信、ビデオ配信、および任意の波形発生器アプリケーション用に最適化されています。この製品は、優れたスプリアスおよびノイズ性能を備え、DC~750MHzの周波数範囲の広帯域信号の合成に使用することができます。1.5Gspsの更新レートによって、最大750MHzの帯域幅で信号のディジタル生成が可能です。MAX19681の広い出力帯域幅によって、1次のナイキスト領域において高いSN比と優れた利得の平坦性を備えた信号出力が可能となります。

MAX19681は、最大1.5Gspsの更新レートを特長とし、それぞれ最大375MHzで動作する4つの12ビット多重化低電圧差動信号(LVDS)入力ポートを内蔵しています。このデバイスは、正弦波または方形波のいずれかが可能なDAC更新レートでクロックを受け付けます。入力データレートは、DAC更新レートの1/4です。MAX19681は、LVDSデータクロック出力を備えており、FPGAまたはASIC機器とのインタフェースが容易です。

MAX19681は、ダイナミック性能の最適化を確保するための自己較正型の50Ω差動出力終端を内蔵する電流ステアリングDACです。MAX19681は、3.3Vおよび1.8V電源で動作し、1Gspsにおける消費電力は760mWとなります。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。