先頭に戻る

デュアル、8ビット、40Msps、3V、低電力ADC、内部リファレンスおよび多重パラレル出力付

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 2.7V~3.6V単一動作
  • 優れたダイナミック性能
    • 48.4dB/44.7dB SINAD (fIN = 20MHz/200MHz)
    • 68.9dBc/53dBc SFDR (fIN = 20MHz/200MHz)
  • -72dBチャネル間クロストーク(fIN = 20MHz)
  • 低電力
    • 87mW (通常動作)
    • 9mW (スリープモード)
    • 0.3µW (シャットダウンモード)
  • 利得0.05dBおよび位相±0.05°のチャネル間マッチング
  • 広差動アナログ入力電圧範囲:±1VP-P
  • 400MHz、-3dB入力帯域幅
  • 2.048V高精度バンドギャップリファレンス内蔵
  • ユーザ選択可能出力フォーマット:2の補数またはオフセットバイナリ
  • ピンコンパチブル8ビット/10ビットアップグレード製品あり

アプリケーション/用途

  • ベースバンドI/Qサンプリング
  • バッテリ駆動計測器
  • マルチチャネルIFサンプリング
  • セットトップボックス
  • 超音波および医療用画像化
  • VSAT端末
  • WLAN、WWAN、WLL、MMDSモデム

説明

MAX1196は3V、デュアル8ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力機能を備え、2個のADCをドライブします。MAX1196は、画像、計測、およびディジタル通信アプリケーションにおいて低電力、小型サイズ、および高ダイナミック性能を発揮するように最適化されています。このADCは2.7V~3.6Vの単一電源で動作し、消費電力はわずか87mWで、入力周波数20MHzとサンプリングレート40Mspsにおいて信号対ノイズおよび歪み比(SINAD) 48.4dB (typ)を実現しています。T/H入力段では、400MHz (-3dB)の入力アンプを内蔵しています。また、このコンバータは、シングルエンド入力でも動作します。低電力動作に加えて、MAX1196は3mAスリープモードと0.1µAパワーダウンモード機能を備え、アイドル期間内に節電することができます。

内部2.048V高精度バンドギャップリファレンスにより、ADCのフルスケール範囲が設定されます。リファレンス構成がフレキシブルなので、この内部リファレンスか、高精度または異なる入力電圧範囲を必要とするアプリケーションには、必要に応じて、外部印加リファレンスを使用できます。

MAX1196では、パラレル、CMOS対応トライステート出力を備えています。ディジタル出力フォーマットは、1個の制御ピンにより、2の補数かストレートオフセットバイナリに設定できます。このデバイスは、各種ロジックファミリとのフレキシブルなインタフェースを可能にするために、1.7V~3.6Vの別個の出力用電源を備えています。MAX1196は7mm x 7mmの48ピンTQFPパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)が保証されています。

ピンコンパチブル、8ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください

ピンコンパチブルの10ビットアップグレードバージョンに関しては、MAX1186データシートを参照してください。MAX1196のNCピンをグランドに内部プルダウンすると、このADCはMAX1186のドロップイン置換デバイスになります。

簡易ブロック図

MAX1196:ファンクションダイアグラム MAX1196:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。