先頭に戻る

PIXIミックスドシグナルIO MAX11301の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 拡張ボード
    • 0.9インチ × 2.0インチDIP形状
      • ブレッドボード対応
      • フェザー対応
    • 電源:±7.5Vスプリットレール
      • 対応出力振幅:±5V
      • 50mA制限
      • 外部電源選択可能
    • MAX11301の全20ポートにアクセス可能
    • 外部温度センサー用の接続
  • MAX11301の特長
    • 20の設定可能なミックスドシグナルポート
      • 最大20の12ビットADC入力
      • 最大20の12ビットDAC出力
      • 最大20のGPIO
      • 隣接するPIXI®ポート間のアナログスイッチ
      • 内部/外部温度センサー

アプリケーション/用途

  • 基地局RFパワーデバイスバイアスコントローラ
  • 光コンポーネントの制御
  • 産業用制御およびオートメーション
  • 電源監視
  • システム監視および制御

説明

MAX11301WINGは、MAX11301を使用するミックスドシグナルアプリケーションのプロトタイプ作成を迅速に行うための、エンジニアと学生の両方に役立つように設計された拡張ボードです。形状は、ブレッドボード、マキシムおよびAdafruit®のフェザーボード、およびウィングとも呼ばれるその他の拡張ボードと互換性のある小型0.9インチ × 2.0インチ2列ヘッダ実装形状です。

簡易ブロック図

MAX11301WING:拡張ボードの写真 MAX11301WING:拡張ボードの写真 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。