先頭に戻る

デュアル温度制御NVデジタル-アナログコンバータ

温度制御デュアルDACによって、非常に難解な温度補償の要件を解決

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 2個の温度制御8ビットディジタル-アナログコンバータ(DAC)
  • 4℃刻みで変更可能なDAC設定値
  • 2線式インタフェースで、温度データとデバイス制御にアクセス
  • +3.3Vまたは+5V電源で動作
  • パッケージ:8ピンTSSOP
  • 動作温度:-40℃~+95℃
  • プログラミング温度:0℃~+70℃

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 車載用センサー
  • ビルエネルギー管理(HVAC)
  • 携帯電話基地局
  • 携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • 産業用センサ・トランスミッタ/トランスデューサ
  • 産業用センサ・トランスミッタ/トランスデューサ
  • センサ-力
  • センサ-加速度計
  • センサ-湿度
  • センサ-圧電抵抗性トランスデューサ
  • センサ-温度
  • センサ-圧力
  • 試験および測定機器

説明

デュアル温度制御不揮発性(NV) DACのDS1851は、2個のDAC、2個のEEPROMルックアップテーブル、およびダイレクト-ディジタル変換の温度センサで構成されています。2つのDACは、任意の温度係数を用いてプログラムできます。すなわち、どんなシステム温度の影響も、外部デバイスを追加することなく補正できます。このデバイスによって、制御アプリケーションにおける温度補償されたバイアス電圧とバイアス電流の設定を最小限の外付け回路で実現する理想的な方法を提供します。

2つのDACに対するユーザ定義の設定値は、2つのEEPROMルックアップテーブルに保存され、SDAピンとSCLピンにより業界標準の2線式シリアルバスでアクセスできます。これらのルックアップテーブルでは、-40℃~+95℃の範囲で4℃ごとに各DACに固有出力値を割り当てることができます。また、ディジタル温度センサの出力は、シリアルバス上で12ビットの2の補数値として利用できます。

簡易ブロック図

DS1851:ブロックダイアグラム DS1851:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。