MAX5487PMB1

MAX5487PMB1ペリフェラルモジュール


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX5487PMB1ペリフェラルモジュールは、デュアルリニアテーパデジタルポテンショメータのMAX5487をSPI通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。これらのデジタルポテンショメータは、ワイパを256タップ位置のいずれかにプログラムするシンプルな3線式SPI対応インタフェースを備えた機械式ポテンショメータと同様に機能します。各ポテンショメータの端子は、外部回路への取付け用出力コネクタで提供されます。

MAX5487/MAX5488/MAX5489 ICの動作の詳細については、これらのICのデータシートを参照してください。

MAX5487PMB1ボード写真 MAX5487PMB1ボード写真 拡大表示+

主な特長

  • デュアル、256タップ、リニアテーパ10kΩデジタルポテンショメータ
  • ワイパ位置は不揮発性メモリ(EEPROM)に保存してパワーアップ時やインタフェースコマンドで呼出し
  • ICは50kΩ (MAX5488)および100kΩバージョン(MAX5489)とピンコンパチブル
  • 可変抵抗として設定可能なはんだリンク
  • 6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • 移植しやすいCで記述したサンプルソフトウェア
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 利得制御
  • LCDスクリーン調整
  • 低ドリフトプログラマブルフィルタ
  • 低ドリフトプログラム可能な利得アンプ
  • メカニカルポテンショメータ置換品
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース