MAX5440

ロータリエンコーダインタフェース付き、ステレオボリュームコントロール

オーディオアプリケーションで音量およびバランスを制御するためにグレースケールエンコーディングを使用したロータリエンコーダインタフェース


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX5440はデュアル、40kΩの対数テーパ音量制御で、単純なロータリエンコーダ用にデバウンス付きのアップ/ダウンインタフェースを備え、マイクロプロセッサ(µC)は不要です。各ポテンショメータはバッファ付きワイパ出力を備える32のログ間隔のタップポイントを持ち、メカニカルポテンショメータに取って代わります。内蔵バイアス発生器は、ユニポーラオーディオアプリケーションにおいて必要な((VDD + VSS) / 2)バイアス電圧を供給するため、高コストの外付けオペアンプ回路は不要です。モードインジケータLED出力によって、音量かまたはバランス制御かが示されます。5個の内蔵LEDドライバは、モードインジケータのステータスに応じて音量レベルまたはバランス設定値を示します。

MAX5440は、ミュートおよびモード用のデバウンス付きプッシュボタン入力を備えています。ミュート入力を使って、1つのプッシュボタンで音量制御と-90dB (typ)のミュート設定を切り替えることができます。モード入力によって、音量制御とバランス制御が切り替わります。クリック/ポップ抑制機能によって、ワイパ遷移で発生する可聴ノイズが最小限に抑えられます。MAX5440は、全抵抗で35ppm/℃、レシオメトリックで5ppm/℃の公称抵抗温度係数を提供します。MAX5440は24ピンSSOPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。
MAX5440:標準動作回路 MAX5440:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 31個の2dBステップの対数テーパ音量制御
  • 低電力のワイパバッファは0.003%のTHDを提供
  • 単一電源電圧動作:+2.7V~+5.5V、またはデュアル電源電圧動作:±2.7V
  • 低シャットダウン消費電流:0.5µA
  • バイアス電圧発生器内蔵
  • 5セグメントLED音量/バランス表示器
  • クリックレススイッチング
  • 固定全抵抗値:40kΩ
  • ミュート機能で-90dB (typ)に切替え
  • -12dBFSワイパ位置へのパワーオンリセット

アプリケーション/用途

  • デスクトップスピーカ
  • マルチメディアドッキングステーション
  • セットトップボックス
  • ステレオ音量制御

スペックパラメータを参照する: Digital Potentiometers (118)


Part NumberTaperPOTsControl InterfaceWiper MemoryStepsREND-TO-END
(kΩ)
Res. Tol.
(%)
Temp. Coeff.
(ppm/°C)
Wiper Resistance
(Ω)
ICC @5V
(µA)
Package/PinsBudgetary
Price
typtypmaxSee Notes
MAX5440 Log2Rotary EncoderVolatile3240303511.4
SSOP/24
$2.13 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。
信頼性レポートをリクエスト: MAX5440 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース