先頭に戻る

製品の詳細

MAX5422の評価キット(EVキット)は、MAX5422のIC評価のための実装および試験済みPCBです。MAX5422は、SPIで通信する50kΩ、256タップ、不揮発性、リニアディジタルポテンショメータです。MAX5422は、起動時の初期化において、ポテンショメータのワイパ位置を記憶する不揮発性EEPROMを内蔵しています。EEPROMはSPI対応シリアルインタフェースで設定され、最大5MHzのデータレートで通信します。SPI信号は、EVキット上のPCBヘッダと共に、コンピュータまたはユーザ供給のSPIバスを使用して、オンボードのUSBインタフェース回路を通じて伝送可能です。

このEVキットは、MAX5422の機能を実行するための本格的なユーザインタフェースを提供するWindows 2000/XP/Vista®対応ソフトウェアを備えています。このプログラムはメニュー方式になっており、ボタン、トラックバー、およびスピンボックスを備えたグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

MAX5422のICは、EVキットのUSBインタフェース回路で生成される3.3V電源、またはユーザ供給の外部2.7V~5.25VのDC電源によって給電します。MAX5422の部分はEVキットから切り離し可能で、最小限の回路面積の追加でMAX5422をユーザアプリケーションに実装可能です。

このEVキットは、IC (U1)を置き換えることによって、MAX5423 (100kΩ)またはMAX5424 (200kΩ)も評価することができます。MAX5422のEVキットはMAX5422ETA+のICが実装されて出荷されます。

主な機能

  • 不揮発性メモリからワイパ位置の起動時呼出し
  • 単一電源動作:2.7V~5.25V
  • SPI対応信号用オンボードのUSBインタフェース回路
  • 電源および制御用の実証済みUSB-PC接続(USBケーブル同梱)
  • 主回路切り離し可能基板
  • ユーザ供給のSPI対応信号用PCBヘッダ
  • ポテンショメータ信号L、W、およびH用PCBパッド
  • MAX5422ETA/MAX5423ETA/MAX5424ETA (3mm x 3mm x 0.8mmの8ピンTDFNパッケージ)を評価可能
  • Windows 2000/XP/Vista (32ビット)対応ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • オーディオ音量調整
  • 液晶ディスプレイ(LCD)コントラスト制御
  • 低ドリフトプログラマブルフィルタ
  • 低ドリフトプログラム可能な利得アンプ
  • メカニカルポテンショメータ置換品

技術資料

データシート MAX5422MAX5423、およびMAX5424の評価キット Aug 29, 2008

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 不揮発性メモリからワイパ位置の起動時呼出し
  • 単一電源動作:2.7V~5.25V
  • SPI対応信号用オンボードのUSBインタフェース回路
  • 電源および制御用の実証済みUSB-PC接続(USBケーブル同梱)
  • 主回路切り離し可能基板
  • ユーザ供給のSPI対応信号用PCBヘッダ
  • ポテンショメータ信号L、W、およびH用PCBパッド
  • MAX5422ETA/MAX5423ETA/MAX5424ETA (3mm x 3mm x 0.8mmの8ピンTDFNパッケージ)を評価可能
  • Windows 2000/XP/Vista (32ビット)対応ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • オーディオ音量調整
  • 液晶ディスプレイ(LCD)コントラスト制御
  • 低ドリフトプログラマブルフィルタ
  • 低ドリフトプログラム可能な利得アンプ
  • メカニカルポテンショメータ置換品

説明

MAX5422の評価キット(EVキット)は、MAX5422のIC評価のための実装および試験済みPCBです。MAX5422は、SPIで通信する50kΩ、256タップ、不揮発性、リニアディジタルポテンショメータです。MAX5422は、起動時の初期化において、ポテンショメータのワイパ位置を記憶する不揮発性EEPROMを内蔵しています。EEPROMはSPI対応シリアルインタフェースで設定され、最大5MHzのデータレートで通信します。SPI信号は、EVキット上のPCBヘッダと共に、コンピュータまたはユーザ供給のSPIバスを使用して、オンボードのUSBインタフェース回路を通じて伝送可能です。

このEVキットは、MAX5422の機能を実行するための本格的なユーザインタフェースを提供するWindows 2000/XP/Vista®対応ソフトウェアを備えています。このプログラムはメニュー方式になっており、ボタン、トラックバー、およびスピンボックスを備えたグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

MAX5422のICは、EVキットのUSBインタフェース回路で生成される3.3V電源、またはユーザ供給の外部2.7V~5.25VのDC電源によって給電します。MAX5422の部分はEVキットから切り離し可能で、最小限の回路面積の追加でMAX5422をユーザアプリケーションに実装可能です。

このEVキットは、IC (U1)を置き換えることによって、MAX5423 (100kΩ)またはMAX5424 (200kΩ)も評価することができます。MAX5422のEVキットはMAX5422ETA+のICが実装されて出荷されます。

技術資料

データシート MAX5422MAX5423、およびMAX5424の評価キット Aug 29, 2008

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。