先頭に戻る

PGA用、デジタル設定可能、高精度分圧器

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Digital Potentiometers
Steps 4
# Potentiometers 1
Control Interface 2-Wire Parallel
Wiper Memory Volatile
REND-TO-END (kΩ) 15
Res. Tol. (%) 0.025
ICC @5V (µA) (max) 6
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.78
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Digital Potentiometers
Steps 4
# Potentiometers 1
Control Interface 2-Wire Parallel
Wiper Memory Volatile
REND-TO-END (kΩ) 15
Res. Tol. (%) 0.025
ICC @5V (µA) (max) 6
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.78

主な特長

  • PGA用の1、2、4、および8の非反転利得に対応した4種類の高精度分圧比
  • 0.025%、0.09%、または0.5%の比精度を-40℃~+85℃で保証
  • オペアンプバイアス電流補償用マッチング抵抗器内蔵(MAX5421)
  • 5V単一電源または±5Vデュアル電源動作
  • 低消費電流:3µA
  • CMOS/TTLロジック対応の2線式パラレルインタフェース
  • 小型8ピンおよび10ピンµMAXパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • 汎用プログラマブル非反転アンプ
    • プログラマブル計測アンプ

    説明

    MAX5420/MAX5421は、ディジタル可変利得アンプ設定用に最適化されたディジタル設定可能な高精度分圧器です。これらのデバイスは、+5Vの単一電源または±5Vデュアル電源で動作し、消費電流はわずか3µAです。これらのデバイスは、ディジタル的に選択可能な抵抗器アレイで構成されており、PGA用に1、2、4、および8の4種類の高精度非反転利得を備えています。MAX5420/MAX5421は、抵抗器の比精度によって0.025% (MAX542_A)、0.09% (MAX542_B)、および0.5% (MAX542_C)に分けられます。MAX5421は、オペアンプバイアス電流補償用のマッチング抵抗器を内蔵しています。

    MAX5420/MAX5421は、8ピンおよび10ピンµMAXパッケージで提供されます。これらのデバイスは、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

    簡易ブロック図

    MAX5420、MAX5421:ファンクションダイアグラム MAX5420、MAX5421:ファンクションダイアグラム Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。