MAX5403

デュアル、256タップ、低ドリフト、デジタルポテンショメータ、10ピンµMAXパッケージ

業界最小のデュアルデジタルポテンショメータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX5403/MAX5404/MAX5405は、デュアルリニアテーパディジタルポテンショメータのファミリです。各デバイスは、3端子ポテンショメータ1つと2端子可変抵抗1つを備えており(フルデータシートの「図1」)、+2.7V~+5.5Vの単一電源により超低消費電流0.1µAで動作します。これらのデバイスは、抵抗タップ間のスイッチングがグリッチレスになっているほか、パワーアップ時にワイパーをミッドスケール位置に設定する便利なパワーオンリセット(POR)機能も備えています。ポテンショメータは、3線式シリアルインタフェースを通じてディジタル制御されるワイパーコンタクト(256タップポイント)および固定抵抗を備えています。機能的にはディスクリートのポテンショメータまたは可変抵抗と同様です。

これらの製品は、ディジタル制御の抵抗を必要とするアプリケーションに最適です。抵抗値としては、10kΩ (MAX5403)、50kΩ (MAX5404)および100kΩ (MAX5405)の3つが用意されています。公称終点間抵抗温度係数は35ppm/℃、比率式温度係数が5ppm/℃と小さいため、低温度係数の可変抵抗を必要とする可変利得回路等のアプリケーションに最適です。

MAX5403/MAX5404/MAX5405は、10ピンµMAX®パッケージで提供されており、各デバイスが拡張工業用温度範囲(-40℃~+85℃)に対して保証されています。
MAX5403、MAX5404、MAX5405:ファンクションダイアグラム MAX5403、MAX5404、MAX5405:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • パッケージ:小型10ピンµMAX
  • タップ位置:256ヵ所
  • 超低消費電流:0.1µA
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.5V
  • 低終点間温度係数:35ppm/℃
  • 低比率式温度係数:5ppm/℃
  • パワーオンリセット:ワイパーはミッドスケールへ(位置128)
  • 抵抗タップ間のスイッチングはグリッチレス
  • 3線式SPI™インタフェースコンパチブル
  • 抵抗値:10kΩ/50kΩ/100kΩ

アプリケーション/用途

  • 可変電圧リファレンス
  • インピーダンス整合
  • LCDスクリーン調整
  • 低ドリフトプログラム可能な利得アンプ(PGA)
  • メカニカルポテンショメータ置換品
  • プログラマブルフィルタ、遅延、時定数
  • 音量調整

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
製品の信頼性レポート: MAX5403.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース