先頭に戻る

シングル、256タップ揮発性、SPI、低電圧リニアテーパデジタルポテンショメータ

業界最小、最低電力、最低電圧デジタルポテンショメータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Digital Potentiometers
Steps 256
# Potentiometers 1
Control Interface 3-Wire Serial SPI
Taper Linear
Wiper Memory Volatile
REND-TO-END (kΩ) 10
50
100
Res. Tol. (%) 25
Temp. Coeff. (ppm/°C) (typ) 50
Wiper Resistance (Ω) (typ) 25
ICC @5V (µA) (max) 25
Package/Pins TDFN/8
TDFN-CU/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.69
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Digital Potentiometers
Steps 256
# Potentiometers 1
Control Interface 3-Wire Serial SPI
Taper Linear
Wiper Memory Volatile
REND-TO-END (kΩ) 10
50
100
Res. Tol. (%) 25
Temp. Coeff. (ppm/°C) (typ) 50
Wiper Resistance (Ω) (typ) 25
ICC @5V (µA) (max) 25
Package/Pins TDFN/8
TDFN-CU/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.69

主な特長

  • シングルリニアテーパ、256タップ位置
  • 全抵抗値:10kΩ、50kΩ、および100kΩ
  • 拡張単一電源:1.7V~5.5V
  • H、W、L動作電圧:0~5.25V (VDDに依存しない)
  • 低電力モードの消費電流:1µA (typ)
  • ワイパ精度:±1.0 LSB INL、±0.5 LSB DNL (max)
  • パワーオン時にワイパをミッドスケールに設定
  • 全抵抗温度係数:50ppm/℃
  • レシオメトリック温度係数:5ppm/℃
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 8ピンTDFNパッケージ(2mm x 2mm)
  • SPI対応シリアルインタフェース

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動システム
  • メカニカルポテンショメータ置換品
  • ポータブル電子機器
  • システム較正

説明

シングル、256タップ揮発性低電圧リニアテーパデジタルポテンショメータのMAX5394は、10kΩ、50kΩ、および100kΩの3種類の全抵抗値を提供します。ポテンショメータの端子は、1.7V~5.5V (チャージポンプイネーブル時)の単一電源動作時でも最大5.25Vで、電源には依存してません。ユーザー制御のシャットダウンモードを使用すると、ワイパ位置をゼロコード、ミッドコード、フルコード、またはワイパレジスタに格納された値に設定し、H、W、またはL端子をオープン状態にすることができます。内蔵チャージポンプをディセーブルして、ポテンショメータ端子が0.3V以上電源電圧を超えないようにすることによって、2.6V~5.5Vの電源電圧で1µA以下の超低自己消費電流を実現することが可能です。MAX5394は低い50ppm/℃の全抵抗温度係数を提供し、SPIシリアルインタフェースを備えています。

MAX5394は、その小型パッケージ、低動作電源電圧、低消費電流、および自動車用温度範囲への対応によって、ポータブル民生機器市場およびバッテリバックアップ産業用アプリケーションに最適です。

MAX5394は鉛フリー、8ピンTDFNパッケージ(2mm x 2mm)で提供されます。このデバイスは-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX5394:ファンクションダイアグラム MAX5394:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。