先頭に戻る

デュアルデジタルポテンショメータチップ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • Two 256-position digital potentiometers
  • Wipers digitally set and read through serial port
  • EEPROM maintains settings in the absence of power
  • Ultra low-power consumption: max standby current of 1µA
  • 3-wire serial control interface
  • Operating ranges:
    • +5V or ±3V
    • -40°C to +85°C

アプリケーション/用途

説明

The DS1868 has two 256-position potentiometers, with wiper positions each set as 8-bit values. The potentiometers can be used independently or stacked for increased total resistance and number of taps. Communication takes place through a 3-wire serial port interface that drives an internal control logic unit. Multiple DS1868s can be linked or daisy-chained for control by a single processor.

The DS1868 +5-volt Dual Digital Potentiometer was designed for applications requiring extremely low current consumption and extremely low cost. Maximum standby current is 1µA. The DS1868 is based on DS1267 technology but operates from a single +5-volt or from dual ±3-volt supplies.

Digital potentiometers improve upon mechanical devices with processor control and programmability, greater reliability and accuracy, and packaging options that facilitate automatic assembly. They are used for signal control in modems and phones, battery charging and control circuitry, tuning and calibration, offset trimming of operational amplifiers, gain control, and power supply regulation.

簡易ブロック図

DS1868:ブロックダイアグラム DS1868:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。