先頭に戻る

PONトライプレクサ制御および監視回路

GPON、BPONおよびGEPONトランシーバ用、完全制御、較正、および監視ソリューション

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • バーストモードトランスミッタのGEPON、BPON、およびGPONタイミング要件に適合
  • バイアス電流はトラッキングエラー補償付きAPCループによって制御
  • 変調電流は温度指標によるルックアップテーブルによって制御
  • レーザパワーレベル調整:-6dB~+0dB
  • 2個の8ビットアナログ出力、1個はMON4電圧で制御され、ビデオアンプの利得制御を実現
  • ダイレクト-デジタル変換の温度センサ内蔵
  • 6個のアナログ監視チャネル:温度、VCC、MON1、MON2、MON3、およびMON4
  • 5個のデジタルI/O端子で制御および監視機能を追加
  • マスク可能なレーザシャットダウン機能付きの包括的障害管理システム
  • 2レベルのパスワードアクセスによってキャリブレーションデータを保護
  • 120バイトのパスワード1で保護された不揮発性メモリ
  • 128バイトのパスワード2で保護されたメインデバイスアドレスの不揮発性メモリ
  • 128バイトの不揮発性メモリをA0hスレーブアドレスに配置
  • キャリブレーションおよび監視用のI²C対応インタフェース
  • 動作電圧:2.85V~3.9V
  • 動作温度範囲:-40℃~+95℃
  • 鉛フリーの28ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • BPON、GPON、またはGEPONトランシーバ付き、光トライプレクサ

説明

DS1865は、受動光ネットワーク(PON)トライプレクサに関して、すべてのバーストモードトランスミッタおよびビデオレシーバのバイアス機能を制御し、監視します。このデバイスは、レーザドライバのバイアス電流用のリファレンスを提供するトラッキングエラー補償付きAPCループと、変調電流を制御する温度指標によるルックアップテーブル(LUT)を備えています。このデバイスは内蔵高速コンパレータによって大出力電流、大バイアス電流、および低/高送信パワーを常時監視して、外付け部品を追加せずにアイセーフティ(眼の安全)のためのレーザシャットダウン要件を満たします。6個のADCチャネルがVCC、内部温度、および4個の外部モニタ入力(MON1~MON4)を監視し、これらを使ってトランスミッタおよびビデオ受信監視要件に適合させることができます。2つのデジタル-アナログコンバータ(DAC)出力をビデオレシーバチャネルのバイアス用に利用可能で、監視およびコンフィギュレーションを追加する5個のデジタルI/Oピンが用意されています。

簡易ブロック図

DS1865:標準動作回路 DS1865:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。