先頭に戻る

デュアルログ デジタルポテンショメータ

高電圧バイポーラ互換デジタルオーディオポテンショメータ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • デュアル32ポジション対数テーパ
  • 60dBの減衰範囲
    • -1dB/ステップ(12タップ)
    • -2dB/ステップ(12タップ)
    • -3dB/ステップ(8タップ)
    • -90dB:ローエンドの減衰
  • 2線式 式インタフェース制御
  • 電源:デュアル±12V
  • ポテンショメータ印加最大電圧:±12V
  • 標準抵抗値:45kΩ
  • パッケージ:16ピンSOIC
  • 動作温度:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

説明

DS1808は、デュアル、ディジタル制御の対数テーパポテンショメータです。各ポテンショメータは、32ワイパ端子位置と1個のミュート位置があります。このデバイスは、ハイサイド端子(H)、ローサイド端子(L)、ワイパ端子(W)からなる3個のアクセス可能なポテンショメータ端子があります。DS1808の分解能は、図8に示す通り、最初の12タップでは1ステップ当たり1dB、次の12タップでは1ステップ当たり2dB、最後の8タップでは1ステップ当たり3dBであり、60dBの全減衰量が得られます。DS1808のミュート位置では、90dB以上の減衰が得られます。抵抗ラダーのワイパ位置は6ビットレジスタにより指定され、その値は業界標準の2線式 式インタフェースで制御できます。このインタフェースは、SDAとSCLの2信号で構成されます。DS1808は標準抵抗値が45kΩで、工業用温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されており、16ピンSOICパッケージで提供されます。このデバイスは、低コストのステレオボリュームコントロール用に設計されたもので、±12V ±10%の電源で動作し、±12Vの最大入力信号が可能な仕様に定められています。

簡易ブロック図

DS1808:ブロックダイアグラム DS1808:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。