デジタルポテンショメータ

デジタルポテンショメータ(デジポット)はアナログ信号のトリミングやスケーリングに使用されます。デジタル入力に基づいて可変の出力抵抗を提供するため、抵抗デジタル-アナログコンバータ(RDAC)と呼ばれることもあります。

デジタルポテンショメータはリニアまたは対数タップポイントで通常利用することができます。また、マキシムは基本的なデジタルポテンショメータのさらなるバリエーションを提供しています。不揮発性デジタルポテンショメータは、電源のスイッチがオフにされた時、最後に設定されたワイパ位置を保持します。 OTPデジタルポテンショメータはワイパのパワーオンリセット(POR)位置をユーザー定義値に設定します。

ブロックをクリックして主要パラメータ別の製品表をご覧ください 

リニアテーパ 不揮発性 揮発性 OTP シングル シングル EEPROM シングル デュアル 3以上 デュアル 3以上 ログテーパ 不揮発性 揮発性 ファイバ監視および制御 プログラマブル高精度分圧器 32タップ 64タップ 32タップ 64タップ 100タップ 128タップ 256タップ 1024タップ 100+256タップ 256タップ 1024タップ 100+256タップ 128タップ 256タップ 32タップ 128タップ 256タップ 256タップ 64タップ 全製品を見る 全製品を見る 全製品を見る 全製品を見る 較正用デジタルポテンショメータを見る デジタルポテンショメータ