低電力ADC IC

「低電力」アナログ-デジタルコンバータ(ADC)は、所定のアプリケーション向けに市販されている他のほとんどの同等製品より低消費電力です。さまざまなアプリケーションやアーキテクチャによって低電力と見なされる閾値が異なるため、ADCが低電力製品であることを直ちに示す電力仕様はありません。このページでは、多数のアプリケーションに対応するマキシムの最も低電力のADCを取り上げます。

ほとんどのADCは、必要な電力がサンプリングレートに比例するため、パラメトリック表から「低電力」製品を選択するのは非常に困難です。低サンプリングレートでは非常に低電力の製品も、高サンプリングレートで使用すると大電力を消費する可能性があります。

以下のリンクはマキシムの最も低電力のADCを示し、ポータブル、ハンドヘルド製品、またはバッテリ駆動設計での使用に推奨されます。これらの製品が使用する電力は一般的にサンプリングレートに比例するため、設計者は省電力化のため一般的に設計仕様に適合する最も低いサンプリングレートを選択します。

低電力ハイエンドSAR ADC 
低電力ハイエンドデルタシグマADC 
低電力ミッドレンジADC 

マキシムの主要低電力ADCの例:

Why Fast Time-to-Market Calls for Flexible EV Battery Management Systems

 

Why Fast Time-to-Market Calls for Flexible EV Battery Management Systems
The design of a smart sensor for electric vehicle batteries poses mechanical and electrical challenges. The MAX17853 is a flexible data-acquisition system for the management of high-voltage and low-voltage automotive battery modules. It allows for a flexible battery configuration that saves cost, time to qualification and time to market. With this solution, the voltage across each battery cell is measured with high accuracy for reporting and balancing, and the busbars are monitored for fault detection.

Featured part: MAX17853
Read more ›

Choose the Proper PMIC to Boost Your Optical Sensor SNR

 

Choose the Proper PMIC to Boost Your Optical Sensor SNR
Boost converters are typically used to step up the battery voltage in portable and wearable devices. However, they exhibit behavior that can negatively impact the signal-to-noise ratio (SNR) in optical sensing applications. In this design solution, we explain why this happens and then present a new type of power management using a PMIC that features a boost converter specifically designed to maximize SNR in optical sensing applications.

Featured parts: MAX20345, MAX86140
Read more ›

Evaluation Kit for the DS28E38 DeepCover Secure Authenticator

DS28E38EVKIT

ECDSA asymmetric authentication with ChipDNA PUF protection and 2Kb user EEPROM.

詳細はこちら ›

Evaluation Kit for the MAX66242 DeepCover Secure Authenticator

MAX66242EVKIT

Includes ISO 15693, I2C, SHA-256 tag/transponder with 4Kb user EEPROM, RF/I2C interface and energy harvesting.

詳細はこちら ›

同期整流バックおよびバックブーストLEDドライバ/DC-DCコンバータのMAX25610A/MAX25610Bのご紹介

このビデオは、定出力電流を提供して高出力LEDを駆動する完全同期整流LEDドライバのMAX25610AおよびMAX25610Bを紹介します。

エンベデッド機器用暗号コントローラ開発プラットフォーム

MAXQ1061の評価キット - 評価:MAXQ1061

クレジットカードサイズのソケットボードによって10ピンコネクタを介したオプションのホストアダプタへの通信と給電が可能です。

詳細はこちら ›

4V~42V、100mA uSLICパワーモジュールの5V出力評価キット

MAXM17532EVKIT

最大100mAの電流、10V~42Vの広い入力範囲から5Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

デュアル入力、電力経路、3Aスイッチモードチャージャ

MAX77818

ModelGauge m5残量ゲージ技術を採用した、高性能なコンパニオンPMIC

詳細はこちら ›

1次電池用ウェアラブルパワーマネージメントソリューション

MAX20310

1セル空気亜鉛、酸化銀、およびアルカリバッテリアーキテクチャ用のウェアラブルパワーマネージメント

詳細はこちら ›

高効率バックブーストレギュレータ

MAX77801

MAX77801は、リチウムイオンバッテリまたは類似のバッテリを使用するモバイルアプリケーション向けの大電流、高効率バックブーストです。MAX77801は、4スイッチHブリッジ構成を採用してバック/ブースト動作モードをサポートしています。バックブーストは、2.60V~4.1875Vの出力電圧範囲と最大2Aの出力電流を供給します。

詳細はこちら ›

60V、3A可変電流リミッタの評価キット

MAX17613AEVKIT

4.5V~60V、3A、過電圧/低電圧保護、逆方向電流ブロック機能内蔵

詳細はこちら ›

60V、6A可変電力リミッタの評価キット

MAX17526AEVKIT

5.5V~60V、6A、過電圧/低電圧、逆方向保護、および電力制限内蔵

詳細はこちら ›

60V、1A可変電流リミッタの評価キット

MAX17608EVKIT

4.5V~60V、1A、過電圧/低電圧保護、逆方向電流ブロック機能内蔵

詳細はこちら ›

Introduction to the MAX16152 MAX16153* MAX16154* and MAX16155 nanoPower Supervisor and Watchdog Timer

This video provides an introduction to Maxim’s nanoPower Supervisor and Watchdog Timer family– the MAX16152 – MAX16155.

DS3231MZEVKITボード写真

DS3231MまたはDS3232M (±5ppm、I2Cリアルタイムクロック)の評価キット

ウェアラブル充電管理ソリューション

MAX14690

ウェアラブル電子機器のバッテリ寿命を延ばす

詳細はこちら ›

WLPパッケージに封止された±2℃精度の低電力I2C温度センサーの評価キット

MAX31875EVKIT

内蔵のマスターICによるI2C上の通信を提供するGUIが含まれています。

詳細はこちら ›

線形化内蔵、高精度熱電対-デジタルコンバータの評価システム

MAX31856EVSYS

MAX31856PMB1ペリフェラルモジュール、ソフトウェア内蔵の通信用アダプタボード、およびKタイプ熱電対が含まれています。

詳細はこちら ›

MAX8971EVKITボード写真

MAX8971の評価システム(業界最小1.55A 1セルリチウムイオンDC-DCチャージャ)

MAX77650EVKITボード写真

MAX77650/MAX77651の評価キット(3出力SIMOおよび電力経路チャージャ内蔵、小型リチウムイオン用、超低電力PMIC)

集積型生体電位および生体インピーダンスAFE用の評価システム

MAX30001EVSYS

複数の構成を提供することによって心電図、生体インピーダンス、および心拍数検出を含む各種の測定が可能です。

詳細はこちら ›

±0.1℃精度、I2Cデジタル温度センサー

MAX30208

16ビットサンプルレートを使用する0.008℃ RMSの再現性によって、次世代ウェアラブル用に医療グレードの精度を実現します。

詳細はこちら ›

小型、低電力アナログ入力モジュールの設計

 

「GSEE-TECHはマキシムと協力し、ユーザー体験とアクセシビリティを向上させる、非常に小型のサイズとマルチシグナル対応を備えたアナログ入力ブロックという完璧なソリューションを提供する機会を得たことを大変嬉しく思います」。
 - GSEE-TECH社Fieldbusマーケティング担当PM、Li Yan氏


注目製品:MAX11270

お客様の事例を読む ›

自律的地震記録ソリューションの作成

 

「パワー/性能と忠実度の2つは、当社にとってMAX11216の魅力的な要素でした」。
 - GTI社CEO兼社長、Richard Degner氏


注目製品:MAX11216MAX6126MAX4736MAX14689MAX7315

お客様の事例を読む ›

高効率、3出力、低電圧DC-DCコンバータのMAX20419の紹介(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

このビデオは、高効率、3出力、低電圧DC-DCコンバータICのMAX20419を紹介します。

WLPパッケージの低電力I2C温度センサー

MAX31875

±2℃の精度とI2C/SMBusインタフェースを備えたローカル温度センサーです。

詳細はこちら ›

最適化されたパルスオキシメーターおよび心拍数AFE

MAX30112

2つのLEDドライバおよび1つのフォトダイオード入力を内蔵し、ウェアラブル用の心拍数(HR)測定を実現します。

詳細はこちら ›

低電力集積型光モジュール

MAXM86161

超小型と10µA以下の超低電力によってインイヤー心拍数およびSpO2監視に対応します。

詳細はこちら ›

医療グレード体温センサー用の評価キット

MAX30205EVSYS

USB-I2CコントローラおよびGUIプログラムの内蔵によって評価を簡素化します。

詳細はこちら ›

光パルスオキシメーターおよび心拍数センサー用の評価システム

MAX86140EVSYS

柔軟な設定が可能で、最小限の消費電力で測定信号品質を最適化することができます。

詳細はこちら ›

食品品質基準への適合

 

「非常に小型、堅牢で、何度も再使用が可能であるため、私たちの目的にとってiButtonは最適な選択肢です」。
  -Empa、生体膜およびテキスタイル研究所、Thijs Defraeye博士


注目製品:DS1922L

お客様の事例を読む ›

ミュージシャンを教育し力を与える

 

「マキシムのチームのおかげで、余計なプロトタイプ作成サイクルにつながるミスを犯さずに済みました。完成したギターは長いバッテリ寿命を備え、充電残量に関する高精度のデータを提供してくれるでしょう」。
 -Zivix社最高技術責任者、Bobcat Cox氏


注目製品:MAX14636MAX14699MAX8903CMAX17260MAX38643、およびMAX38902E

お客様の事例を読む ›

自作用IoTチップ

 

「MAX77734は、ウェアラブルおよびスペースに制約のある設計で各種電源レールを管理するための優れたチップです」。
-zGlue、ハードウェアエンジニアリング担当ディレクター、Omar Alnaggar氏


注目製品:MAX77734

お客様の事例を読む ›

尊厳ある自立を可能にする

 

「これらの[マキシム製] ICを選んだ決め手は、可能な限り最高の残量ゲージおよびバッテリ状態情報を手に入れることができるという点です」。
 -Jon Guy氏、エンジニアリング担当VP、UnaliWear


注目製品:MAX77818MAX17201MAX44009MAX2693MAX8969MAX16125デュアルプッシュボタンコントローラMAX8841 LDO電圧レギュレータMAX14634双方向バッテリスイッチ

お客様の事例を読む ›

高速、モジュール形式設計システム

 

「当社の革新的なrhomb.ioシステムを使用すると、設計者は最短の時間でニーズを満たすことができます」。
 -TNFG社テクニカルディレクター、Pedro Pelaez氏


注目製品:MAX30101MAX44005MAX8814電圧レギュレータ光生体アナログフロントエンド

お客様の事例を読む ›

衣類をよりスマートに

 

「マキシムのサポートによってこれらの製品を効果的に使うことが可能になり、ほぼ妥協のないデザインを作ることができました」。
 -Spire社主任エンベデッドエンジニア、Dylan Jackson氏


注目製品:MAX30110およびMAX17223

お客様の事例を読む ›

豊富な機能を備えたダイビングコンピュータの設計

 

「MAX4257は私の知る限り市場で最も優れたコンポーネントで、超小型パッケージ、超低ノイズ、高利得、および超低消費電力を備えています」。
 - ROJ社電子設計者兼プロダクトマネージャー、Vittorio Loggia氏


注目製品:MAX4257MAX17112MAX4983EMAX77801、およびMAX6778

お客様の事例を読む ›

柔軟な、長距離ワイヤレスIoTセンサーの設計

 

「マキシムのチームとの共同作業によってさまざまな迅速化が可能になり、全体で、予定をほぼ1か月前倒しすることができました」。
 -Radio Bridge社CEO、Steve Kilts氏


注目製品:MAX31856

お客様の事例を読む ›

マイクロスピーカーからより大音量で豊かなサウンドを出力

 

「当社のマイクロスピーカーの能力を高めるMAX98390を使用することで、私の仕事は容易になり、最終的な目的であるお客様の満足度が大幅に向上します」。
 - PUI Audio社シニアアプリケーションエンジニア、Michael Van Den Broek氏


注目製品:MAX98390

お客様の事例を読む ›

日陰の多い場所で太陽光発電

 

「マキシムのジャンクションボックス内蔵型セルストリングオプティマイザは、性能に妥協することなくパネルを屋根の複数の面に配置することが可能で、設計とレイアウトの最大の柔軟性を提供してくれました」。
 -OneRoof Energy社製品開発および利用担当SVP、Anand Janaswamy氏


注目製品:セルストリングオプティマイザ

お客様の事例を読む ›

モーションキャプチャの再定義

 

「マキシムのICは、さらに安定し信頼できる方法で当社の製品を動かします」。
-Tristan RuoLi Dai博士、Noitom社CTO


注目製品:MAX17224MAX14841EMAX809SMAX14527MAX8887DS3231MMAX8881

お客様の事例を読む ›

コスト効率の良い、効率的なソーラー

 

「JinkoMXモジュール(マキシムのセルストリングオプティマイザを使用)は、競合製品よりも低い価格帯で日陰問題の緩和に役立つ技術を提供します」。
 -Missouri Sun Solar社CEO、Caleb Arthur氏


注目製品:セルストリングオプティマイザ

お客様の事例を読む ›

ナノパワー理想ダイオードとショットキーダイオードの比較

ナノパワー理想ダイオードのMAX40203を使用すると、ショットキーダイオードと比較して優位性があることを、順方向電圧降下、順方向リーク電流、および逆方向リーク電流などの特長に焦点を当てて、Srudeepがデモします。MAX40203のエラーが大幅に低く、1.8Vバッテリアプリケーションを補完することを示します。

詳細はこちら:MAX40203 ›

拡張性の高い、バーチャル医療ケア

 

「当社は、世界最大の業界の1つであるヘルスケアを一変させたいと考えていました。そして今、マキシムのセンサーとプロセッサを使ってそれを実現しています」。
 -MedWand Solutions社創業者/CEO、Samir Qamar博士


注目製品:マキシムのセンサー、プロセッサ、およびパワーマネージメント、およびオーディオIC

お客様の事例を読む ›

小型PoE機器を実現

 

「マキシムのピーク電流モードコントローラは、わずか3mm x 3mmです。そのサイズと高レベルの集積によって、モジュール全体のサイズを約半分に小型化することができました」。
 -Infomart社CEO、Devesh Agarwal氏


注目製品:マキシムのピーク電流モードコントローラ

お客様の事例を読む ›

リモートケア用ポータブル超音波診断装置

 

「トランシーバのMAX2082は、高チャネル数、高性能ポータブルおよびカートベースの超音波システム用に最適化されています」。
 -Healcerion社COO、Anakin Choung氏


注目製品:MAX2082MAX4968B

お客様の事例を読む ›

心電図波形を視覚表示

 

「重要なのは超小型化と低電力で、マキシムはその両方に対する最高のソリューションを提供しています」。
 -HD Medical社CEO、Arvind Thiagarajan氏


注目製品:MAX32620MAX14690MAX1703、およびマキシムのバッテリモニタ

お客様の事例を読む ›
お客様の声を見る ›

PINパッドのトランザクションを保護

 

「マキシムとの関係は何年も前に始まりました。マキシムは完全なシステム、PCI-PTSの要件に関する深い専門知識、および優れたローカルサポートを提供してくれるため、とても素晴らしい関係が続いています」。
 -Gertec社CEO、Jorge Ribeiro氏


注目製品:MAX32550

お客様の事例を読む ›

リスナーの音楽体験を向上

 

「当社は高品質、高信頼性、高効率の(オーディオアンプ)ソリューションを求めており、マキシムのMAX98357Aは当社が必要としていたすべての特長を備えていました」。
 -Flexound Systems社CTO兼パートナー、Jukka Linjama氏


注目製品:MAX98357A

お客様の事例を読む ›

視覚障害者の視力を大幅に強化

 

「マキシムのちょっとした支援が数多く積み重なった結果、大きな違いが生まれました」。
 -Evergaze社共同設立者/社長、Patrick Antaki氏


注目製品:マキシムのレンズドライバMAX44009MAX8834MAX77818、マキシムの過電圧プロテクタIC

お客様の事例を読む ›

高品質スマートメーターソリューションの作成

 

「MAX22445は、当社がIECより厳しい要件のメータータイプテストに合格するために役立ちました」。
 -EDMI社ハードウェア担当スタッフ設計エンジニア、Joe Leong Kok Keen氏


注目製品:MAX22445

お客様の事例を読む ›

高信頼性の半導体生産を促進

 

「マキシムは当社のお客様が要求する高集積の機能と性能を手頃な価格で提供してくれます」。
 -Digital Frontier社R&D部門CTO、Byoung Gi Kim氏


注目製品:MAX9972

お客様の事例を読む ›

デスクトップPCを保護

 

「マキシム製品を使用すると、セキュリティが大幅に容易になります」。
 -Design SHIFT社CEO、Olivier Boireau氏


注目製品:マキシムのMAX32550

お客様の事例を読む ›
ビデオを見る ›

エネルギー効率に優れた、メンテナンス不要の家を建てる

 

「D級アンプのMAX98357Aからの3.2WのクリーンなI2Sオーディオは、Raspberry Piやその他のI2Sソースにとって最小のスペースでの最高のサウンドを意味します」。
 -Newstips Bulletinエディター、Martin Winston氏


注目製品:MAX98357AMAX44009

お客様の事例を読む ›

より安全、容易なモバイル決済

 

「マキシムは安全性の面で業界随一のベンダーです。MAX32555を使用することで、強力な安全性が保証されます」。
 -Beijing Weipass Panorama Information Technology社、Marco Ma氏


注目製品:MAX32555

お客様の事例を読む ›

リモートヘルス監視

 

「マキシムはウェアラブルの世界の到来を確信しており、必要な実装面積を最小化するさらなる技術の開発に取り組んでいます」。
  -ATLASense Biomed共同設立者/CTO、Dan Atlas氏


注目製品:各種マキシムIC

お客様の事例を読む ›

患者の血糖コントロールを自動化

 

「セキュア認証用ICのDS28E83およびDS28E38などのマキシムのセキュリティICによって、当社の人工膵臓用の薬剤カートリッジが想定通りに使用され、適切な患者に適切な量の投薬が行われることを確保することができます」。
 -Admetsys社CEO、Jeff Valk氏


注目製品:DS28E83DS28E38

お客様の事例を読む ›

セキュリティ短編:非対称認証の詳細

ECDSA (楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)を含む非対称鍵暗号の詳細について概説し、それが非対称鍵ベースの認証でどのように使用されるかを説明します。通信、IP保護、医療機器認証などのアプリケーションにとって非対称鍵認証がなぜ非常に重要なのかをご覧ください。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:対称認証の詳細

ナンス、乱数、およびセキュアハッシュなどの概念を含む、認証アプリケーション用の対称鍵暗号の詳細について解説します。セキュアハッシュを認証に使う方法を学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:対称鍵認証

認証アプリケーションでの対称鍵暗号の使用について解説し、共有鍵、ナンス、およびセキュアハッシュの概念をより詳細に説明します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:認証の基礎

セキュア認証の基礎について解説し、片方向認証が常に最適ではない理由を示します。IDとセキュア認証の組み合わせによって、より良いサイバーセキュリティがどのように提供されるかを学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:非対称暗号

非対称鍵暗号の基礎について説明し、それがどのようにデータの暗号化と復号に使用されるかを紹介します。パブリック鍵(公開鍵)とプライベート鍵の概念について概説し、鍵ペアを使って暗号化データを送受信する方法を説明します。対称鍵と非対称鍵の違いについても、暗号スイートの概念とともに解説します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:対称暗号

対称暗号の基礎およびそれがどのようにデータの暗号化と復号に使用されるかを説明します。平文と暗号文の概念について解説し、秘密鍵がどのように暗号化されたデータを送受信するかを紹介します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:エンベデッドシステム用のセキュアファームウェアダウンロード

ファームウェアをどのようにリモートシステムに安全にダウンロードすることができるかを説明し、ECDSA鍵ペア生成およびSHA-256アルゴリズムがこの目的にどのように使用されるかを紹介します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:非対称認証

非対称鍵暗号がどのように認証に使われるかを説明し、鍵の生成と暗号化の概念について概説します。デジタル署名の詳細およびそれらがどのようにセキュア認証に使用されるかを学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

2.2MHz同期整流およびデュアルステップダウンコンバータ

MAX20014

OUT1は入力電源を最大750mAで最大8.5Vに昇圧し、2つの同期整流ステップダウンコンバータは3.0V~5.5Vの入力電圧範囲で動作して、最大3Aで0.8V~3.8Vの出力電圧範囲を提供します。

詳細はこちら ›

36V、600mAミニバックコンバータ、3.5µAのIQ

MAX20076

ハイサイドおよびローサイドスイッチを内蔵した同期整流バックで、3.5V~36Vの入力から最大0.6Aを供給し、無負荷時の自己消費電流はわずか3.5µAです。

詳細はこちら ›

超小型3.2MHzデュアル500mA汎用PMIC、カメラモジュール用

MAX20019

2.2MHzと3.2MHzのデュアルステップダウンコンバータで、ハイサイドおよびローサイドMOSFETを内蔵しています。

詳細はこちら ›

業界唯一のASILグレードカメラプロテクタ、I2Cベースの診断機能内蔵

MAX20087

デュアル/クワッドカメラ電源プロテクタICで、4つの出力チャネルにそれぞれ最大600mAの負荷電流を供給します。

詳細はこちら ›

36V、600mAミニバックコンバータ、3.5µAのIQ

MAX20075

ハイサイドおよびローサイドスイッチを内蔵した同期整流バックで、3.5V~36Vの入力から最大0.6Aを供給し、無負荷時の自己消費電流はわずか3.5µAです。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V、12.5Wフォトカプラ不要フライバック電源

MAXREFDES120

2次側同期整流MOSFETドライバを備えた小型24V入力モジュールで、5V / 2.5Aの出力を提供します。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V、9Wフォトカプラ不要フライバック電源

MAXREFDES119

2次側同期整流MOSFETドライバを備えた小型24V入力モジュールで、5V / 1.8Aの出力を提供します。

詳細はこちら ›

4.5V~42V、300mA uSLICパワーモジュールの3.3V出力評価キット

MAXM15462EVKIT

最大300mAの電流、4.5V~42Vの広い入力範囲から3.3Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

±5ppm、I2Cリアルタイムクロック用ペリフェラルモジュール

DS3231MPMB1

低コストで非常に高精度のRTCのDS3231Mを、I2C用に設定可能なPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムに接続します。

詳細はこちら ›

評価キット用シリアル通信モジュール

DS3900P2EVKIT

PCのシリアルポートを使って2線式および3線式機器との双方向通信を提供し、多様なICの評価を可能にします。

詳細はこちら ›

バッテリ動作機器用のArm® Cortex®-M4F開発プラットフォーム

MAX32625MBED

超低電力マイクロコントローラのMAX32625用のMbed対応評価システム。Arduino®コネクタおよび広いプロトタイプ作成スペースによって迅速な開発が可能。

MAX30205の評価システム

MAX30205EVKIT

体温センサーのMAX30205を評価するシステム、USB-I2CコントローラおよびGUI内蔵

詳細はこちら ›

WPC/PMAデュアルモードワイヤレスパワーレシーバの評価キット

MAX77950EVKIT

WPCまたはPMAトランスミッタと組み合わせた場合に近距離磁気誘導を使用して動作し、最大12Wの出力電力を提供するワイヤレスパワーレシーバです。

詳細はこちら ›

ウェアラブル用超低電力マイクロコントローラ開発プラットフォーム

MAX32630FTHR

電力を最適化したArm® Cortex®-M4F。最適なペリフェラルミックスによってプラットフォームの拡張性を提供。チップアンテナを備えたBluetooth® 4.0 BLEトランシーバ内蔵。

詳細はこちら ›

バッテリ動作機器用の拡張コネクタを備えたArm Cortex-M4F開発プラットフォーム

MAX32620FTHR

超低電力マイクロコントローラのMAX32620用のMbed対応開発プラットフォーム。ボード上のPMIC、残量ゲージ、ペリフェラル、Pmodコネクタによって0.9インチ x 2.0インチの小型ボードでの迅速な開発が可能。

詳細はこちら ›

Pocket IO PLC開発プラットフォーム

MAXREFDES150

30の産業用IOを内蔵し、10立方インチ以下のサイズで発熱の低減とスループットの高速化を実現します。

詳細はこちら ›

フルブリッジDCモータードライバMbedシールド

MAXREFDES89

ブラシDCモーターアプリケーション用Mbed対応、Arduino形状シールド。7V~36Vの単一電源で動作しながら電流レギュレーションによって最大4つのモーターを駆動。

詳細はこちら ›

高度アナログ機能を備えたArm Cortex-M3開発プラットフォーム

MAX32600MBED

高度アナログ機能およびハードウェアセキュリティを備えた超低電力マイクロコントローラのMAX32600用のMbed対応評価システム。Arduinoコネクタおよびプロトタイプ作成スペースによって迅速な開発が可能。

詳細はこちら ›

ヘルスセンサープラットフォーム

MAXREFDES100

ウェアラブルヘルスおよびフィットネスソリューションの迅速な評価のためのmbed対応センサープラットフォーム。モーション、温度、生体電位、パルス酸素濃度、および心拍数を測定。

詳細はこちら ›

Bluetooth®ベースのバッテリ動作機器用に最適化されたArm Cortex-M4F開発プラットフォーム

MAX32630FTHR

超低電力マイクロコントローラのMAX32630用のMbed対応開発プラットフォーム。ボード上のPMIC、Bluetooth、およびペリフェラルによって0.9インチ x 2.0インチの小型ボードでの迅速な開発が可能。

詳細はこちら ›

DeepCoverエンベデッドセキュリティを使用したIoT認証済みセンシングおよび通知

MAXREFDES143

保護対象のセンサーノードからウェブサーバへの認証済みデータチェーンを実証。

詳細はこちら ›

ディスプレイドライバシールド

MAXREFDES99

4つのMAX7219 LEDドライバをデイジーチェーン接続してサイネージアプリケーションの16x16 LEDアレイを駆動するArduino形状シールド。

詳細はこちら ›

スマート力センサー

MAXREFDES82

産業用アプリケーション用フォース検出で重量計およびタッチインタフェースの両方として動作

詳細はこちら ›

1-Wire Grid-Eyeセンサー

MAXREFDES131

DS28E17によって実現された、Panasonic AMG8833 Grid-EYE®およびマキシム1-Wire®バスを備えたセンシングソリューション。

詳細はこちら ›

Arduinoプラットフォーム用Pmodアダプタ

MAXREFDES72

レベルシフトおよびピン多重化機能を内蔵したArduino-Pmodシールド。

詳細はこちら ›

高精度、長寿命バッテリ熱/流量計

MAXREFDES70

高精度液体流量測定用の低電力、超音波飛行時間リファレンスデザイン。

詳細はこちら ›

24ビット計量器

MAXREFDES75

小信号24ビット測定を実行し、入力信号に比例する重み付き0~10V出力を生成する高精度計量器リファレンスデザイン。

詳細はこちら ›

4~20mAループ給電温度センサー、Hart内蔵

MAXREFDES16

温度測定用の2線式、ループ給電スマート温度トランスミッタソリューション。任意のタイプのRTD (PT100~PT1000)との組み合わせで動作。

詳細はこちら ›

1-Wireシールド

MAXREFDES132

1-Wire®デバイス、1-Wire評価キット(EVキット)、iButton®デバイスとのインタフェース用プラットフォーム。

詳細はこちら ›

汎用入力Micro PLC

MAXREFDES67

汎用アナログ入力はアナログ電圧および電流、すべてのRTD構成、および熱電対に対応し、単一のアーキテクチャを使用して高精度アナログデータを収集。

詳細はこちら ›

ビルオートメーションシールド

MAXREFDES130

Arduino形状、Mbed対応シールド、0VDC~10VDCアナログ出力、4~20mA入出力、ラッチ型/非ラッチ型リレー、RTC、および1-Wireマスター内蔵。

詳細はこちら ›

ウェアラブル、ガルバニック皮膚反応システム

MAXREFDES73

GSR測定は各種の状況下で人間の皮膚インピーダンスを検出。

詳細はこちら ›

16ビットデルタシグマADCペリフェラルモジュール

MAX11205PMB1

超低電力、16ビットADCのMAX11205をGPIOインタフェース用に設定可能なPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムに接続。

詳細はこちら ›

DeepCoverセキュア認証用ICのデモキット

MAXAUTHDEMO

純正用途シナリオでのマキシムのセキュア認証用ICの機能を実証するハードウェア/ソフトウェアプラットフォーム。

詳細はこちら ›

4~20mA 2線式電流ループセンサー

MAXREFDES15

任意の標準PT1000抵抗センサーに接続しリニアライズされた温度を4~20mAの電流信号に変換する超低電力、高精度ループ給電センサートランスミッタ。

詳細はこちら ›

スマート力センサー

MAXREFDES82

プラットフォーム上に置かれた物体(最大780g)の重量および重心位置を表示する産業用センサー。

詳細はこちら ›

ECT/EPT電流フォルトセンサー

MAXREFDES38

グリッドヘルスデータおよびフォルト位置の精度を向上させるECT/EPT低電力センサー用の高精度アナログフロントエンド。

詳細はこちら ›

スタンドアロンModelGauge m5残量ゲージ、SHA-256認証内蔵

MAX17201GEVKIT

パック側、シングルセル/マルチセルアプリケーションに不揮発性メモリ(NVM)を提供

詳細はこちら ›

5V出力アプリケーションのMAXM17575の評価キット

MAXM17575EVKIT

最大1.5Aの電流、7.5V~60Vの広い入力範囲から5Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

5V出力アプリケーションのMAXM17574の評価キット

MAXM17574EVKIT

最大3.0Aの電流、10V~60Vの広い入力範囲から5Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

3µA 1セル/2セル残量ゲージ、ModelGauge内蔵

MAX17048EVKIT

実証済み、電圧のみModelGaugeアルゴリズムを備えた超小型、超低電力残量ゲージ

詳細はこちら ›

MAX17651の評価キット

MAX17651EVKIT

60V、100mA、超低自己消費電流、リニアレギュレータを実証

詳細はこちら ›

5V出力電圧アプリケーションのMAXM17761の評価キット

MAXM17761EVKIT

最大1Aの電流、4.5V~76Vの広い入力範囲から5Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

ModelGauge m5 EZ 内蔵7µA 1セル残量ゲージ

MAX17055XEVKIT

クーロンカウントと電圧残量ゲージの組み合わせで最高のSOC精度を実現

詳細はこちら ›

MAX1510の評価キット

MAX1510EVKIT

低電圧DDRリニアレギュレータを評価

詳細はこちら ›

1.5V/5A出力アプリケーションのMAXM17515の評価キット

MAXM17515EVKIT

2.4V~5.5Vの入力から1.5Vを提供し91%以上の効率で最大1.5Aを供給します。

詳細はこちら ›

5V/1A出力アプリケーションのMAXM17502の評価キット

MAXM17502EVKIT

12V~60Vの入力から5Vを提供し84%以上の効率で最大1Aを供給します。

詳細はこちら ›

GPS/GNSS超低電流LNAの評価キット

MAX2679/MAX2679B EV Kits - Evaluates: MAX2679/MAX2679B

追加の回路なしでRF性能のテストが可能。入出力用50Ω SMAコネクタを装備

詳細はこちら ›

18ビット高精度データ収集システム

MAXREFDES74

高精度、低電力データコンバータによって高速、高精度データ収集を実行

詳細はこちら ›

GPS/GNSS超低ノイズ指数LNA

MAX2667EVKIT

超低ノイズ指数のGPS用LNA、高利得と高リニアリティを小型パッケージで提供

詳細はこちら ›

40MHz~4GHzリニアブロードバンドアンプ

MAX2615

高性能ブロードバンドアンプ、優れた利得平坦性、8ピンTDFN

詳細はこちら ›

MAX44284の評価キット

MAX44284EVKIT

電流検出アンプのMAX44284の高精度リアルタイム電流監視を実証します。

詳細はこちら ›

5V/2.5A出力アプリケーションのMAXM17503の評価キット

MAXM17503EVKIT

最大2.5Aの電流、11V~60Vの広い入力範囲から5Vを提供する高集積電源ソリューション

詳細はこちら ›

デュアルチャネル電流検出ペリフェラルモジュール

MAXREFDES77

デュアルチャネルハイサイド電流検出アンプのMAX44285をPmod対応拡張ポートを利用する任意のシステムに接続します。

詳細はこちら ›

絶縁型電源リファレンスデザイン

MAXREFDES9

3.3V~15V入力、±15V (±12V)出力絶縁型電源、産業および医療アプリケーション用

詳細はこちら ›

16ビット4チャネルアナログ入力Micro PLCカード

MAXREFDES61

絶縁型電源およびデータを備えた次世代超小型PLC用の完全なアナログフロントエンド

詳細はこちら ›

MAX44298の評価キット

MAX44298EVKIT

ローサイド監視用の超低オフセットを備えた高精度電力モニタのMAX44298を評価します。

詳細はこちら ›

超低電力Cortex-M4Fマイクロコントローラ用の完全な評価ボード

MAX32620-EVKIT

電力を最適化したArm® Cortex®-M4F。最適なペリフェラルミックスによってプラットフォームの拡張性を提供。チップアンテナを備えたBluetooth® 4.0 BLEトランシーバ内蔵。

詳細はこちら ›

医療および産業アプリケーション用の除細動/サージ/ESDプロテクタの評価ボード

MAX3003XEVKIT

説明:MAX30034を内蔵し、反復する除細動およびその他の高エネルギーパルスを吸収する完全試験済みボード

詳細はこちら ›

小型、電力を最適化したIoTアプリケーションを構築するための小型開発ボード

MAX32630-EVKIT

電力を最適化したArm® Cortex®-M4F。最適なペリフェラルミックスによってプラットフォームの拡張性を提供。チップアンテナを備えたBluetooth® 4.0 BLEトランシーバ内蔵。

詳細はこちら ›

最小のスペースに収まり、電力を削減する超小型開発ボード

MAX32625PICO

電力を最適化したArm® Cortex®-M4F。内蔵PMICによって必要なすべての電圧を提供。超小型2列ヘッダ実装面積(0.6インチ x 1.0インチ)。

詳細はこちら ›

IoTのDeepCoverエンベデッドセキュリティ:パブリック鍵(公開鍵)でセキュリティ確保されたデータパス

MAXREFDES155

保護されたセンサーノードからウェブサーバーまでのパブリック鍵(公開鍵)ベースの認証を備えたデータチェーンで、IoTシステムのセキュリティを確保することができます。

4ポートIO-Linkマスター

MAXREFDES79

4ポートIO-Linkマスターリファレンスデザインの説明:4つのIO-Linkポートによって、4つの異なるセンサーまたはアクチュエータを同時にテストすることが可能です。

詳細はこちら ›

絶縁型、24Vから12V、20W電源リファレンスデザイン

MAXREFDES113

小型、24V入力、フライバックコンバータモジュール、12V / 1.6A出力および認定済みトランス内蔵

詳細はこちら ›

絶縁型、24Vから5V、10W電源リファレンスデザイン

MAXREFDES114

小型、24V入力、フォワードコンバータモジュール、5V / 2A出力および認定済みトランス内蔵

詳細はこちら ›

非絶縁型24Vから5.1V、20W電源

MAXREFDES125

産業用および広範な電源アプリケーション用の高効率、20W電源。

詳細はこちら ›

ターンキーPCI-PTSモバイルPOS (MPOS)端末

MPOS-STD2

完全なmPOSソリューションで、PCI-PTS 4.0規格への準拠をセキュリティラボによって評価済みです。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから3.3V、33W電源

MAXREFDES121

24V入力を備えた絶縁型、産業用電源リファレンスデザイン、効率的なアクティブクランプトポロジーデザイン内蔵。

詳細はこちら ›

1-Wire ECDSAおよびXilinx Zynq SoCによるセキュア認証デザイン

MAXREFDES44

IPを保護し、Xilinx Zynq FPGAに対するペリフェラルを認証します。

詳細はこちら ›

IO-Link® 16チャネルデジタル入力ハブ

MAXREFDES36

このIO-Link® 16チャネルデジタル入力リファレンスデザインは、16ビットマイクロコントローラとIO-Linkデバイススタックを内蔵し、小型PCB (53.75mm x 72mm)上に実装されています。

詳細はこちら ›

3.3Vおよび5V PoE受電機器

MAXREFDES31 (Pasadena)

このデザインは、IEEE 802.3af/atに準拠しています。受電側機器(PD)。イーサネット上で受け取る電力の安定化に加えて、デバイスはACアダプタからの給電も可能です。

詳細はこちら ›

MAX11300 PIXI ICを使ったパワーアンプバイアス

MAXREFDES39

このデザインは、プログラマブルミックスドシグナルI/O (PIXI)のMAX11300を使用して、RF基地局用のパワーアンプのバイアスおよび監視を行います。

詳細はこちら ›

SHA-256セキュア認証設計

MAXREFDES34 (Alcatraz)

このデザインは、1-Wireプロトコルを使用したSHA-256認証機能を実装しています。

詳細はこちら ›

心拍数およびパルス酸素濃度モニタ

MAXREFDES117

赤色およびIR LED、および電源を内蔵した、完全な低電力、光心拍数モジュールです。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V 2Wフライバック電源

MAXREFDES111

この絶縁型、24Vから5V、2W、フライバック電源デザインは、79%のピーク効率を提供し、5V出力で最大400mAを供給します。トランスの選択肢として複数のトランスが認定済みです。

詳細はこちら ›

非絶縁型5V/2.5A PoE受電機器電源

MAXREFDES98

この非絶縁型PoE受電機器デザインは、PDコントローラとバックコンバータを1.2平方インチの基板上に組み合わせています。このデザインは36V~57Vの入力を許容し、5Vで最大2.5Aを出力します。

詳細はこちら ›

非絶縁型12V/1A PoE受電機器電源

MAXREFDES108

この非絶縁型PoE受電機器デザインは、PDコントローラとバックコンバータを1.2平方インチの基板上に組み合わせています。このデザインは36V~57Vの入力を許容し、12Vで最大1Aを出力します。

詳細はこちら ›

DSMは自分のシステムに適しているか? (日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

DSMに最適なスピーカーの概要をGregが紹介します。このビデオでは、密閉型筺体内のスピーカードライバ、ベアドライバ、およびポート付きスピーカーという、3つの最も一般的なタイプのマイクロスピーカー構成との組み合わせでDSMがどのように動作するかを説明します。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

スピーカーのレーザー特性評価とはどういうもので、なぜ必要か?(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

ダイナミックスピーカーマネージメント(DSM)レーザー特性評価プロセスを依頼されたスピーカーの較正に使用されるDSMレーザー較正システムをMichaelが紹介します。正確なスピーカーの較正およびパラメータを満たすためのスピーカーの検証と妥当性確認がどのように達成されるかを説明します。

詳細はこちら:DSMレーザー特性評価 ›

車載バッテリからリモートカメラへの安全な電源経路を提供する

 

車載バッテリからリモートカメラへの安全な電源経路を提供する
長い同軸ケーブル上で電力およびデータを転送する場合、各種の短絡モード(STG、STB)からの保護が必要です。リモートカメラは小型で、スペース効率と電力効率に優れたソリューションを必要とします。バックブーストコンバータのMAX20039は、Power over Coaxの電源に効果的です。クワッドカメラ電源プロテクタのMAX20087は、小型、効率的な保護ICです。デュアルバックコンバータのMAX20019のカスケード構成は、小型スペースで高効率を実現します。この3つのADAS ICの組み合わせは、車載バッテリからリモートカメラへの経路に電力および保護を効果的に提供します。

注目製品:MAX20039MAX20040MAX20087MAX20019

さらに詳しく ›

シングル/デュアル/クワッド超低入力バイアス電流、低ノイズアンプのMAX40077/MAX40078/MAX40089のご紹介

このビデオは、レール・ツー・レール出力を備え、2.7V~5.5Vの単一電源で動作する広帯域、低ノイズ、低入力バイアス電流オペアンプのMAX40077/MAX40078/MAX40089を紹介します。

20V、低入力バイアス電流、低ノイズ、デュアルオペアンプのMAX40242のご紹介

このビデオは、デュアルチャネルで高電圧、低ノイズ、低入力バイアス電流の組合せを提供し、出力でのレール・ツー・レールを特長とするMAX40242を紹介します。

プロテクタおよびSHA-256認証内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17302/MAX17312のご紹介

このビデオは、プロテクタおよびSHA-256認証を内蔵した1セルリチウムイオン/ポリマーバッテリ用の24µA IQのスタンドアロンパック側残量ゲージICのMAX17302/MAX17312を紹介します。

I2Cインタフェースおよびパワーマネージメント内蔵、低電流、リアルタイムクロックのMAX31341Bのご紹介

このビデオは、I2Cインタフェースおよびパワーマネージメントを内蔵したマキシムの低電流、リアルタイムクロックのMAX31341Bを紹介します。

4.5V~24V/42V/60V、300mA、Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールのMAXM15062/63/64/65/66/67、MAXM15462/63/64/65/66/67、MAXM17901/03/04/05/06のご紹介

このビデオは、マキシムの300mA Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールを紹介します。

2レベルプロテクタおよびSHA-256認証内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17301とMAX17311のご紹介

このビデオは、2レベルプロテクタおよびSHA-256認証を内蔵したマキシムの1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17301およびMAX17311を紹介します。

スマートガス/水道メーターに効率的に給電する方法

 

スマートガス/水道メーターに効率的に給電する方法
スマートメーターは10~20年間にわたってリモートで単独動作し、強力な非充電式塩化チオニルリチウムバッテリによって給電されます。これらのメーターは、バッテリやスーパーキャパシタなどのエネルギー源を使用する複雑なパワーマネージメント設計の問題があります。このデザインソリューションでは、スマートメーターのワイヤレスRFパワーアンプへの給電の課題について解説します。このソリューションは効率的、低シャットダウン電流、小型ブーストコンバータのMAX8815Aをベースとしており、スーパーキャパシタの補助によって必要なピーク電流を供給します。

注目製品:MAX8815A

さらに詳しく ›

DSLR/DSLMカメラ設計の動作時間を延長する方法

 

DSLR/DSLMカメラ設計の動作時間を延長する方法
DSLR/DSLMデジタルカメラ内の配電をPOLシステム方式で行うと、PCBトレース損失の最小化によって電力が節約されます。拡張性はPOLのもう1つの優位性で、デジタルカメラの複雑性に応じて必要な数の小型のバックレギュレータを追加または除去することができます。そのため、デジタルカメラのPOLアーキテクチャ用の基本的ビルディングブロックとして高効率、小型のバックコンバータを推奨します。

注目製品:MAX77503

さらに詳しく ›

Deep Cover車載I2C認証用ICのDS28C40のご紹介

このビデオは、マキシムの車載セキュア認証用ICのDS28C40を紹介します。

MAX31342SHLDの評価キットの使い方

低電流リアルタイムクロック(RTC)のMAX31342を評価するMAX31342SHLDをTawniがセットアップします。GUIについて概説し、リアルタイム監視および低タイムキーピング電流を含むMAX31342SHLDの特長の一部を紹介します。

詳細はこちら:MAX31342SHLD ›

フライバックコンバータを使用して絶縁型電圧レベルシフトを実現する方法

絶縁型フライバックコンバータを使用して入力のシングルエンド電圧を出力のバイポーラ電圧に変換する方法をTejaが説明します。回路における絶縁の重要性と、絶縁に使用可能な回路素子について解説します。最後に、MAXREFDES1141とMAXREFDES1132を使って絶縁型電圧レベルシフトを実現する方法をデモします。

詳細はこちら:MAXREFDES1141 ›
詳細はこちら:MAXREFDES1132 ›

MAXREFDES101ヘルスセンサープラットフォーム2.0のファームウェアを更新する方法

MAXREFDES101ヘルスセンサープラットフォーム2.0のファームウェアを容易に更新し、ボード上の心電図(ECG)センサー、光電式容積脈波(PPG)センサー、および体温センサーの設定を迅速に開始する方法をSankalpが説明します。

詳細はこちら:MAXREFDES101 ›

SafeDemagを使って誘導性負荷を安全に消磁する方法

スイッチング誘導性負荷を使用する場合に、SafeDemagを使ってインダクタを安全かつ迅速に消磁する方法をTravisとCynthiaが紹介します。誘導性スイッチングについて説明し、フリーホイールダイオード、ツェナークランプ、アクティブクランプ、およびマキシムのSafeDemagソリューションの違いを説明します。

詳細はこちら:MAX14912EVKIT ›

[Sales Rep] Technical Training Basic 2019 Power Protection

"Technical Basic Training course presenting the basic of what system protection is, why it is needed, and the current challenges for system engineer trying to implement full system protection. This is a newer version of a previous one"

[Sales Rep] Technical Training Basic 2019 - Offset and Gain Error

Technical Basic Training course presenting the causes of Offset and Gain Errors in operational amplifiers and other devices in a typical signal chain and how to mitigate these errors through calibration.

[Sales Rep] Technical Training Basic 2019 ESD Tutorial

Technical Basic Training course presenting an overview of Electrostatic Discharge and how to protect the integrated circuits from that phenomenon.

[Sales Rep] Technical Training Basic 2019 - Frequency Synthesizer

Training course presenting an overview of Frequency Synthesizer using Phase Locked Loop method.

[Sales Rep] Technical Training Basic 2019 Understanding DAC Specifications

Technical Basic Training course explaining the key specifications of Digital to Analog converters.

Introduction to the MAX20039-40 2V to 36V, 2.1MHz, 0.6A/1.2A Automotive Buck Boost Converters

This video provides an introduction to Maxim's 2V to 36V, 2.1MHz, 0.6A/1.2A Automotive Buck Boost Converters - the MAX20039-40.

[Sales Rep] Technical Training - Basic Curriculum 2019

This curriculum contains six courses: DAC Specifications, Frequency Synthesizers, ESD, Power Protection, NFC/RFID, Signal Chain Offset and Gain Errors

Introduction to the MAX20026 MAX20026S Automotive Quad, Low-Voltage Step-Down DC-DC converters with Low-Noise LDO

This video provides an introduction to Maxim's Automotive Quad, Low-Voltage Step-Down DC-DC converters with Low-Noise LDO - the MAX20026 and MAX20026S.

Introduction to the MAXM86161 Single-Supply Integrated Optical Module for HR and SpO2 Measurement

This video provides an introduction to Maxim’s Single-Supply Integrated Optical Module for heart rate and SpO2 Measurement – the MAXM86161.

Introduction to the MAX38904A/B/C/D 2A Low Noise LDO Linear Regulator in TDFN

This video provides an introduction to Maxim's Low Noise LDO Linear Regulator in TDFN - the MAX38904A MAX38904B MAX38904C MAX38904D.

Introduction to the MAX30208 Low-Power, High-Accuracy Digital Temp Sensor

This video provides an introduction to Maxim’s low-power, high-accuracy digital temp sensor – the MAX30208.

Introduction to the MAX25600 Synchronous High Voltage 4 Switch Buck Boost LED Controller

This video provides an introduction to the MAX25600, a synchronous 4-switch buck-boost LED driver controller.

Introduction to the MAX17303 MAX17313 1-Cell ModelGauge m5 EZ Fuel Gauge with Protector

This video provides an introduction to Maxim's 1-Cell ModelGauge m5 EZ Fuel Gauge with Protector - the MAX17303 and MAX17313.

Introduction to the MAX20029 MAX20029B MAX20029C Automotive Quad/Triple Low Voltage Step-Down DC-DC converters

This video provides an introduction to the MAX20029/MAX20029B/MAX20029C power-management ICs (PMICs) which integrate four low-voltage, high-efficiency, step-down DC-DC converters.

MAX38902EVKITボード写真

MAX38902A/MAX38902B/MAX38902C/MAX38902D (12μVRMS低ノイズ500mA LDOリニアレギュレータ)の評価キット

高感度パルスオキシメーターおよび心拍数センサー

MAX30101

3つのLED (赤色、IR、緑色)、フォトダイオード、およびAFEを5.6mm × 3.3mm × 1.55mmの光モジュールに内蔵し、HRおよびSpO2測定を実現します。

詳細はこちら ›

±0.1℃精度、I2Cデジタル温度センサー

MAX30208

16ビットサンプルレートを使用する0.008℃ RMSの再現性によって次世代ウェアラブル用の医療グレードの精度を実現します。

詳細はこちら ›

EE-SIM OASISシミュレーションツールを使用して回路設計を高精度でシミュレートする方法

EE-Sim® OASISツールを使用してスイッチング電源回路をシミュレートする方法を説明します。スイッチモード電源IC用OASISシミュレータはSIMPLIS®シミュレーションエンジン上に構築されており、容易にコピー、変更、シミュレートが可能な150以上の電源リファレンスデザインを提供します。

詳細はこちら:EE-SIM OASIS ›

iButton温度データロガーのDS1925で温度をロギングする方法

iButton® Thermocron®データロガーのDS1925とマキシムのOneWireViewerソフトウェアを使用して、迅速かつ容易に温度データをロギングする方法をVenkateshが説明します。また、DS1925がマキシムの他の温度ロガー、DS1922とどのように異なるかも説明します。

詳細はこちら:DS1925 ›

心拍数およびパルス酸素濃度モニタのMAXREFDES117とArduinoボードをセットアップする方法

心拍数およびパルス酸素濃度測定リファレンスデザインのMAXREFDES117とArduino®マイクロコントローラを使用して、心拍数信号を読み取りSpO2レベルを監視する方法をBenがデモします。また、一般的な問題の例およびそれらを解決する方法もデモします。

詳細はこちら:MAXREFDES117 ›

Introduction to the MAX31342 Low Current Real Time Clock with I2C Interface

This video provides an introduction to the MAX31342 low-current, real-time clock (RTC) is a time-keeping device that provides an extremely low timekeeping current, permitting longer life from a power supply.

Introduction to the MAX32665 MAX32666 MAX32667 and MAX32668 Low Power ARM Cortex-M4 with FPU-Based Microcontroller w/ Bluetooth 5 for Wearables

This video provides an introduction to the MAX32665-MAX32668 UB class microcontroller, which is an advanced system-on-chip featuring an Arm® Cortex®-M4 with FPU CPU for efficient computation of complex functions & algorithms.

同期整流バックおよびバックブーストLEDドライバ/DC-DCコンバータ

MAX25610A/MAX25610B

車載グレードのLEDドライバで、MOSFETおよび電流検出を内蔵し、最大3AのLEDを駆動します。

詳細はこちら ›

車載高電圧、HB LEDコントローラ

MAX25611A/B/C/D

5V~36V VIN、最大+65Vのブースト出力、フロントエンド照明およびその他のLEDアプリケーション用の複数の構成に対応します。

詳細はこちら ›

同期整流5V~60V、4スイッチバックブーストLEDドライバコントローラ

MAX25600

バック、バックブースト、およびブーストモード間のシームレスな遷移を提供し、広範囲のLEDを最大95%の効率で駆動します。

詳細はこちら ›

マイクロスピーカーの基礎(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

マイクロスピーカーと標準的なスピーカーの間の類似性についてMichaelが説明し、3つの主要構成要素であるダイアフラム、コイル、およびマグネットについて説明します。次に、マイクロスピーカーを分解し、スピーカードライバを含むデバイスのさまざまな部分を紹介します。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

体温センサー

MAX30205

医療グレードの温度センサーは、体温計アプリケーション用に±0.1℃の精度を提供します。

詳細はこちら ›

高精度熱電対-デジタル

MAX31856

高精度熱電対-デジタルコンバータ、リニアライゼーション内蔵

高精度熱電対-デジタルコンバータ、リニアライゼーション内蔵

MAX31856

自動冷接点補償とリニアライゼーション補正によって熱電対の設計を簡素化します。

詳細はこちら ›

生体電位/生体インピーダンスAFE、ECGおよびペース検出用

MAX30001

1.71µVP-Pの超低ノイズフロアによって敏感なヘルスパッチ測定を最適化します。

詳細はこちら ›

クラス最高の光学式パルスオキシメーターおよび心拍数センサー

MAX86141

最先端のHIR/HRVおよびアクティビティ分類アルゴリズムによって高強度の屋外環境に対応します。

詳細はこちら ›

PPGおよびECGバイオセンサーモジュール、モバイルヘルス用

MAX86150

2つのLED (赤色、IR)、フォトダイオード、PPGおよびECG AFEを内蔵し、ECG、光HR、およびSpO2測定を実現します。

詳細はこちら ›

心拍数センサー、インイヤーアプリケーション用

MAX86160

2つのLED (IR、緑色)、フォトダイオード、およびAFEを4.3mm × 2.8mm × 1.45mmの光モジュールに内蔵し、インイヤーHR測定を実現します。

詳細はこちら ›

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: IO-Link Smart Sensors (PRE-WORK)_

This session was developed as pre-work for the 2016 Tech Workshop and is a simple introduction to IO-Link. Discussed are: what is IO-Link and why it is used.

[Sales Rep] IP3 Demystified

This session discusses the IP3, a common specification in RF circuitry and components. The term is defined, locations within an RF circuit where it is significant are identified, then IP3 is described in terms of transfer functions. Note – the audio has dropped out of several of the last slides.

[Sales Rep] Technical Training, Basic 2018: Pulse Oximetry_

Technical training course presenting an overview of Pulse Oximetry, PPG and their applications.

[Sales Rep] Technical Training, Basic 2019: NFC and RFID

"Technical Basic Training course presenting an overview of Near Field Communication and RFID and their applications. "

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: hSensor Platform, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Hand's on session to evaluate the hSensor platform. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: John DiCristina. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Technical Training - Basic Curriculum 2019 (Part 2)

This curriculum contains six courses: DAC Specifications, Frequency Synthesizers, ESD, Power Protection, NFC/RFID, Signal Chain Offset and Gain Errors

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Medical Terminology, Regulatory and Standards, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Understand the commonly used medical terminology and regulations guiding our customer design cycles. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Larry Skrenes. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Analog Output Branch Training

This presentation is focused on industrial analog output devices and intended for distributors. Covered are: Where analog outputs are used and their applications, design approaches, solutions from competitors and reference designs/tools available.

[Sales Rep] Maxim Experts Program, Advanced Course: Secure Authentication (2)

Maxim Experts Program course presenting an overview of security authentication based on SHA-256 as well as ECDSA and their applications.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Temperature Measurement (PRE-WORK)

Please pre-load this software before taking the FAE Technology Workshop: Temperature Measurement course.

[Sales Rep] 4-Channel Analog Output Campaign Training

Overview of the devices and support tools available in support of the 4-Channel Analog Output Campaign

[Sales Rep] 4-Channel Analog Output - Design Accelerator Kit (Mandarin)

This presentation focuses on the Analog Output Design Accelerator kit. Explains what an analog output is, where it is used and options available for designing an analog output module. Finally, it is shown how Maxim’s Design Accelerator kit makes it easy to demonstrate and evaluate Maxim’s solution.

[Sales Rep] Maxim Masters, Tokyo 2017: Presentations for courses S - Z.

This material contains PDF versions of the presentations from Maxim Masters, Tokyo 2017. Presentations for courses from S-Z. It also contains any installation files needed for each course. Ensure pop-up blockers are off to allow zip file to download.

[Sales Rep] RF Solutions Update - Sept 23 2016

Product update from the RF Solutions BU. Review of the business organization and broad product categories. The focus of this update is (1) Linearizers, (2) Macro Cell, (3) Multi-Market RF (MMRF) and (4) RF Amplifiers. Key markets for each of these product types are described. Products covered include: LNA, Power Detector, PLL/VCO, Synthesizer, PLL, Gain Block, VGA, Mixers, RF Linearizer, GNSS and Tuner.

[Sales Rep] LED Drivers Update

Product update on LED driver devices. Includes an explanation of LED driver functionality and operation, and target markets. Emphasis is on MR16 and PoE lighting applications..

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: 4-Pair Power Over Ethernet, Cloud & Data BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: An advanced look into the 4PPoE technologies to serve the emerging market for higher power via POE. The issuing BU is: Communication. For content related questions, contact the trainer: Gaoling Zou. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Technical Training – Basic Curriculum 2018 (Part 1)

This curriculum contains four courses: Pulse Oximetry, RF Linearizers, NanoPower, Low Power Microcontrollers.

[Sales Rep] Technical Training, Basic 2018 Low Power Microcontrollers_

Technical training course discussing the basics of Low Power MicroControllers, development tools and MAX32660.

[Sales Rep] LED Driver Customer Presentation (Mandarin)

Overview of Maxim LED driver products. Focus is on devices for MR16 and AR111, POE lighting and DC Lighting. Discusses design challenges, competition, measuring efficiency and Maxim solution.

Basic introduction to multiplexers which discusses the operation, uses and configurations of multiplexers.

[Sales Rep] SC2200 RF Linearizer FAE Training

Detailed introduction to the SC2200 RF Linearizer. Covers the theory of operation, differences between the SC2200 and its predecessor, performance results, applications and support tools available.

[Sales Rep] IC Device Packages

This course presents a thorough explanation of IC packaging. Topics covered include IC and packaging basics, interrelation between the device and the package, terminology and nomenclature, discussion of various package types and how to locate information on packages.

[Sales Rep] Maxim Star Products

Discussion of the Star Products and associated “One More Socket” campaign. Star products from each category listed and details are provided on one or more products from each. Sales tools are also highlighted.

[Sales Rep] RS-485 -- Half or Full Duplex? Level 1 Industrial Training

This session explains the difference between half and full duplex transceivers. Includes: explaining the RS-422 and RS-485 standards, half duplex, full duplex and what applications use RS-422 and RS-485.

[Sales Rep] Introduction to Electronic Point of Sale (EPOS) Security

Introduction to security associated with electronic point-of-sale (EPOS) terminals. Includes a simplified explanation of security principles, what is protected and various methods used to protect EPOS equipment.

[Sales Rep] MAXQ1061 Embedded Security

This session provides an update on security devices. Included are: an introduction to Maxim DeepCover security devices, IoT security essentials and the MAX1061 security co-processor.

[Sales Rep] Technical Training, Basic 2018: NanoPower_

Technical training course discussing what is nanoPower and how to achieve them by utilizing devices that are optimized for quiescent power consumption.

[Sales Rep] Electromagnetic Interference (EMI) Level 1 Industrial Training

Introduction to Electromagnetic Interference. EMI is defined, what causes EMI, how it effects integrated circuits, techniques to reduce EMI and several Maxim devices which reduce EMI.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop Industrial System Protection, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Find out how to confidently position the technical merits of Maxim’s protection ICs versus discrete and competing solutions. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Sidney Chan. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Power for Medical and Fitness, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: A deep dive into Maxim's successful Wearable PMIC product line. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Greg Steiert. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Himalaya Buck Converter Customer Engineering Presentation

The Himalaya product line is a series of DC-to-DC power supply modules. This presentation explains the use and applications of DC-to-DC power modules, the design challenges that they solve and the advantages that Maxim’s devices offers. The use of Maxim’s EE-Sim System Power Tool to ease the design process is also presented.

[Sales Rep] Introduction to SPICE Simulation, Module 3 - Running (EE-sim) SIMetrix spice simulation

Module three of four modules on Simetrix / Spice training. In this module simulations are set up and run and provides an overview of running DC operating point, Transient, AC Sweeps, Parameter sweeps, and Monte Carlo simulations..

[Sales Rep] Introduction to Medical Electronics

This course provides an introduction to medical electronics in medical applications and products. Included is an overview of FDA regulations and standards governing medical devices, parameters being measured, specific application areas and challenges in measurement techniques. Several Maxim devices targeted at medical applications are reviewed.

[Sales Rep] LiveLab Training on MAXREFDES67 Universal Analog Input uPLC

LiveLab training on the MAXREFDES67 = Universal Analog Input uPLC board. After a presentation on the board, students follow along to perform various calibration and measurement exercises.

[Sales Rep] Digital Output Module Level 1

Introduction to Digital Output Modules. Defines what a digital output module is, where it is used, what’s inside, some product examples and design trends.

[Sales Rep] InTune Digital Power Training and Volterra Overview

This training cover two topics. The first is a detailed technical presentation on the InTune programmable switching regulators. The second portion provides an overview of the Volterra product line.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Wireless for Medical, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Introduction to RF technology commonly used in medical and fitness applications. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Greg Steiert. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] FAE Training - Two Phase Step-Down Switching Regulator

This session is focused on the MAX8972 – two phase, 6 amp buck regulator. Includes features/benefits, application information and examples.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: New 12-Port PIXI - Overview and Applications (Files)

"Ahead of the New 12-Port PIXI - Overview and Applications workshop: 1. Download and install the 'PIXI_Pre-Install' configuration file found in the Resources section of this training. 2. Download the required files titled 'MAX11311 Demo Madrid'."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Fuel Gauging Hand's On (Files)

Downloads, pre-installs and documents to accompany the Fuel Gauge Hand's On workshop.

[Sales Rep] Slew Rates Level 1 Industrial Training

Understanding slew rates in industrial products. Discusses why slew rates are important, when slew rates need to be considered in a design and a few examples.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Temperature Measurement, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Update on the latest devices in Maxim's temperature sensor and sensor interface product line. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Kerry Lacanette. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: DC-DC Isolation with Primary Side Sensing, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description:Maxim's patented primary side sensing topology that eliminates the need for opto-coupler feedback for isolated DC-DC applications. The issuing BU is: Industrial. For content related questions, contact the trainer: Ramesh Giri. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Maxim Masters 2017: Secure Authenticators (PRE-WORK)

Please watch this pre-work video for the Secure Authenticators course at Maxim Masters 2017.

[Sales Rep] Maxim Masters, San Jose 2017: Presentations for courses M - Z.

"This material contains PDF versions of the presentations from Maxim Masters, San Jose 2017. Presentations for courses from M-Z. Ensure pop-up blockers are off to allow zip file to download. NOTE: This content is very similar to content that will be delivered at future Maxim Masters events in 2017."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Medical Sensor Technology, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description:Understand the trade-offs and performance requirements for clinical and sensor applications. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Rob Johnson & Larry Skrenes. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Digital Input Module - Level 1

Introduction to Digital Input Modules. Defines what a digital input module is, where it is used, what’s inside, some product examples and design trends.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Simple and Effective Communication Skills for FAEs

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is the PDF version of a presentation delivered at the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Best practices for technical communication between FAEs and business units. For content related questions, contact the trainer: Sean Gold. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] DMS-SAP New Maxim Document Management System Training Adapted for Field

This session explains how to install, register and use the document management facility within SAP. This presentation is targeted at users in the field (FAEs)

[Sales Rep] Analog Output Module - Level 1

Introduction to Analog Output Modules, one of the building blocks used in Programmable Logic Controllers (PLC). Discusses what an analog output is, what its function is, what’s inside it and where it is used. Finally, some product examples are shown along with design trends.

[Sales Rep] Reliability, Quality and the Reliability Report

Overview of the reliability report and its importance to both the customer and to Maxim. Topics include: purpose of the reliability report, definitions, impact of the report, information included in the report and locating specific information.

[Sales Rep] Precision Data Converter Update

Update on precision data converters including a review of the overall product line, focus markets and end equipment and product portfolios and road maps.

[Sales Rep] Fieldbus Module Level 1

Introduction to Field Bus Modules. Defines what a field bus module is, where it is used, what’s inside, some product examples and design trends.

[Sales Rep] Fault Protection Level 1 Industrial Training

Introduction to fault protection in transceiver ICs. Covers the purpose of fault protection, why fault protection is needed, different types of fault protection and some Maxim examples.

[Sales Rep] Isolated Buck FAE Training

Technical presentation on isolated buck converter. The Iso-Buck feature implemented in several Maxim devices is discussed. Includes a detailed explanation of Iso-Buck operation, application issues and examples.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: A Survey of Switching Regulator Control Architectures, Cloud & Data BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: A brief survey of switching regulator control architectures. The issuing BU is: Cloud & Data. For content related questions, contact the trainer: Mike McJimsey. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] Introduction To SPICE Simulation, Module 2 - Spice Overview and Adjusting the SIMetrix Spice Options

Module two of four modules on Simetrix / Spice training. Overview of the development of spice, variations in commercial versions, convergence, and adjusting the spice options.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Introduction to RF-DACs and Cable Access Products, Core Products BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Hands-on lab exercise to configure and demonstrate Maxim's RF DACs using the evaluation kit and FPGA board. The issuing BU is: Communication. For content related questions, contact the trainer: Shannon Horwitz & Tim Church. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Maxim’s mbed Microcontrollers for the IoT, Micros & Security BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: An introduction to concepts in the IoT, and hands-on experience with Maxim's mbed micro controller platforms. The issuing BU is: Micros & Security. For content related questions, contact the trainer: Ben Smith. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] FAE Technology Workshop Digital Isolation Technology for Industrial and Healthcare Applications, Industrial & Healthcare BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: In-depth review of isolation techniques, safety standards, and understanding the end applications and key specs. The issuing BU is: Industrial & Healthcare. For content related questions, contact the trainer: Sean Long & Wei Shi. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."

[Sales Rep] ESD Protection Level 1 Industrial Training

Electrostatic Discharge (ESD) is defined as well as how it affects integrated circuits. Also covers some techniques to protect against ESD damage and discusses Maxim’s design and testing standards for integrated ESD protection. Finally, a few examples of available Maxim ICs which include integrated ESD protection are presented.

[Sales Rep] Signal Integrity: PCB Layout Example 1 of 3

Third of five modules in the Signal Integrity curriculum. Explanations and recommendations for a good Circuit Board design in respect to Signal Integrity and EMC issues. The speech came from www.Learn.com and was addressing EMC issues; but the rules apply for Signal Integrity in general.

[Sales Rep] FAE Technology Workshop: Fuel Gauging Hand's On, Mobile BU

"Originally designed for Field Applications Engineers courses in this series are generally suitable for participants with a minimum level of technical knowledge, although some may require a more advanced technical background. Generally, as a result of completing this training an individual will gain a deeper and more technical understanding of the Maxim product and technology covered, enabling more effective customer interactions and engagements. This is a recorded workshop from the “FAE Technology Workshop” held on March 7-10, 2016, at the Maxim SJHQ location. Here’s the trainer’s description: Lab work with Maxim fuel gauges. This session is a follow up to ""Fuel Gauging Deep Dive"". The issuing BU is: Mobile. For content related questions, contact the trainer: Eric Huang. NOTE: If you attend the FAE Technology workshop in EMEA or APAC, this topic may be covered during the live training."