先頭に戻る

MAX5135MAX11040、およびMAX11612の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX5135MAX11040、およびMAX11612の評価キット Jun 07, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 12ビット、2/4チャネル、SAR ADCをサポート(MAX11612)
  • 24ビット、4チャネル、プログラマブルデータレート、シグマ-デルタADCをサポート(MAX11040)
  • 12ビット、4チャネルDACをサポート(MAX5135)
  • 標準FMC VITA-57.1 LPCコネクタを介して任意のSpartan 6評価ボードと接続

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置
  • 自動チューニング
  • バッテリ駆動試験装置
  • 通信システム
  • データ収集
  • 利得およびオフセット調整
  • ハンドヘルドポータブルアプリケーション
  • 産業用データ収集システム
  • 医療用機器
  • マルチ位相パワーシステム
  • ポータブル計測機器
  • 電源保護リレー機器
  • パワーアンプ制御
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源
  • 受信信号強度インジケータ
  • ソーラーパワー遠隔システム
  • システム監視

説明

MAXSPCSPARTAN6+の評価キット(EVキット)は、Xilinx® Spartan® 6シリーズFPGA用に作成された任意の評価ボードでマキシムのADCとDACを容易に使用することができるように設計されています。このEVキットは、MAX11612およびMAX11040 ADC、および2つのカスケード接続したMAX5135 DACで構成されています。MAX11612は、超低電力の4チャネル2線式12ビットSAR ADCです。このADCは、5V電源で動作し、4.096Vの内部リファレンスを備えています。

MAX11040は、SPI™対応の4チャネル同時サンプリング、カスケード可能な、24ビットシグマ-デルタADCです。MAX5135は、業界最小の12ビット電圧出力DACです。

技術資料

データシート MAX5135MAX11040、およびMAX11612の評価キット Jun 07, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。