先頭に戻る

低電力、デュアル、10ビット電圧出力DAC、シリアルインタフェース

デュアル、シリアル、電圧出力DAC、QSOPパッケージ

製品の詳細

主な特長

非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision DACs (< 1MHz)
Resolution (bits) 10
# Channels 2
Interface Serial - SPI
Output Type Voltage- Buffered
Reference Ext.
INL (±LSB) (max) 1
Supply Range (V) (min) 2.7
Supply Range (V) (max) 3.6
ICC (mA) (max) 0.6
Settling Time (µs) (typ) 8
Package/Pins QSOP/16
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
3.93

主な特長

  • 内部利得+2V/Vの10ビットデュアルDAC
  • レイルトゥレイル出力スイング
  • 8µsセトリング時間
  • 単一電源動作:
    • +5V (MAX5158)
    • +3V (MAX5159)
  • 低自己消費電流:
    • 500µA (通常動作時)
    • 2µA (シャットダウンモード時)
  • SPI/QSPIおよびMICROWIREとコンパチブル
  • 省スペースの16ピンQSOPパッケージで提供
  • パワーオンリセットによってレジスタおよびDACをゼロにクリア
  • 調整可能な出力オフセット

アプリケーション/用途

  • デジタル利得およびオフセット制御
  • 汎用
  • 動作制御
  • 遠隔産業用制御

説明

MAX5158/MAX5159は、低電力、シリアル、電圧出力、デュアル10ビットD/Aコンバータ(DAC)です。これらの製品は、単一電源+5V (MAX5158)または+3V (MAX5159)からの消費電流が僅か500µAとなっています。これらのデバイスはレイルトゥレイル出力スイングを特長とし、省スペースの16ピンQSOPパッケージで提供されています。DAC出力アンプは、ダイナミックレンジを最小にするために、+2V/Vの内部利得で構成されています。

3線式シリアルインタフェースは、SPI™/QSPI™およびMICROWIRE™とコンパチブルです。各DACには、入力レジスタとして構成したダブルバッファ入力と、入力レジスタおよびDACレジスタを16ビットシリアルワードで個別または同時に更新できるDACレジスタを備えています。さらに、2µAプログラマブルシャットダウン、ハードウェアシャットダウンロックアウト、ACおよびDC信号を受け付ける各DAC用の個別リファレンス電圧入力、全てのレジスタとDACをゼロにリセットするアクティブロークリア入力(CL)も備えています。MAX5158/MAX5159では、機能拡張用のプログラマブルロジックピンに加え、デイジーチェーン構成用のシリアルデータ出力ピンも提供されています。

簡易ブロック図

MAX5158、MAX5159:ファンクションブロックダイアグラム MAX5158、MAX5159:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。