MAX19705EVKIT

MAX19705MAX19706MAX19707、およびMAX19708の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX19705~MAX19708の評価システム(EVシステム)は、MAX19705~MAX19708の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMOD232またはCMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19705~MAX19708の総合評価の場合は、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

MAX19705~MAX19708のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19705~MAX19708の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX19705~MAX19708は、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1個ずつ、3個の低速シリアルDAC、および1個の低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMOD232またはCMODUSB)を使って、PCによってシリアルポートやUSBポートを通じてSPI 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.comからダウンロード可能なWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19705~MAX19708の機能を発揮するのに使いやすいインタフェースを提供します。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えています。

主な特長

  • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
  • 低電圧/低電力動作
  • 可変利得、低速DACバッファ
  • クロック整形回路を実装
  • レベル変換I/Oドライバを実装
  • 実装および試験済み
  • Windows 98/2000/XP対応ソフトウェアを同梱

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドアクセス無線
  • ポータブル通信機器
  • 個人用携帯無線機(PMR)
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース