先頭に戻る

マルチレンジ(±10V、±5V、+10V、+5V)、シングル+5V、12ビットDAS、8+4バスインタフェース付

ソフトウェア選択可能な入力範囲付き、±17Vフォルト保護ADC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 100
Data Bus µP/8
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 2.4
External VREF (V) (max) 4.18
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 10
INL (±LSB) 1
Package/Pins SOIC (W)/28
SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
19.13
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 100
Data Bus µP/8
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 2.4
External VREF (V) (max) 4.18
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 10
INL (±LSB) 1
Package/Pins SOIC (W)/28
SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
19.13

主な特長

  • 12ビット分解能、1/2 LSBリニアリティ
  • +5V単一電源動作
  • ソフトウェア選択による入力電圧範囲:±10V、±5V、0V~10V、0V~5V
  • 耐障害入力マルチプレクサ(±16.5V)
  • アナログ入力チャネル:8個
  • 変換時間:6µs、サンプリングレート:100ksps
  • 内部収集制御または外部収集制御
  • 4.096Vの内部リファレンスまたは外部リファレンス
  • 2つのパワーダウンモード
  • 内部クロックまたは外部クロック

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • データ収集
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学
  • テレコム

説明

MAX197は、僅か+5Vの単一電源で動作し、グランド以下から電源電圧を超える範囲までのアナログ入力信号を受け付けるマルチレンジ12ビットDAS (データ収集システム)です。このシステムは、±10V、±5V、0V~+10V、または0V~+5Vのそれぞれの範囲に対して、ソフトウェアで個別にプログラムできる8個のアナログ入力チャネルを提供しています。これによって、有効ダイナミックレンジが14ビットに拡大し、4mA~20mA、±12V、および±15V駆動のセンサから+5V単一電源システムへのインタフェースが可能になり、柔軟性が得られます。さらに、このコンバータは±16.5Vの過電圧裕度を備えているため、チャネルに障害が起きても、選択されたチャネルの変換結果に影響を与えることはありません。その他の機能としては、帯域幅5MHzのトラック/ホールド、100kspsのスループット、ソフトウェアによって選択可能な内部クロックまたは外部クロックおよびアクイジション、8+4パラレルインタフェース、4.096Vの内部リファレンスまたは外部リファレンスがあります。

変換処理を行っていない時には、低電流シャットダウン機能が働くように、ハードウェアピンアクティブローSHDNおよび2つのプログラマブルパワーダウンモード(STBYPD、FULLPD)が提供されています。STBYPDモードでは、リファレンスバッファがアクティブ状態を維持しているため、スタートアップ遅延はありません。

MAX197は、標準的なマイクロプロセッサ(µP)インタフェースを採用しています。スリーステートデータI/Oポートは8ビットデータバスで動作するよう構成されており、データアクセスおよびバスリリースタイミング仕様は、殆どのµPとコンパチブルです。ロジック入力およびロジック出力は、全てTTL/CMOSコンパチブルです。

MAX197は、28ピンDIP、ワイドSO、SSOP、およびセラミックSBパッケージで提供されています。

異なる範囲の組合わせ(±4V、±2V、0V~4V、0V~2V)については、MAX199のデータシートをご覧下さい。また、12ビットバスインタフェースに関しては、MAX196およびMAX198のデータシートをご覧下さい。

簡易ブロック図

MAX197:ファンクションダイアグラム MAX197:ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。