先頭に戻る

MAX19586およびMAX19588の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX19586およびMAX19588の評価キット Jul 26, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 完全実装および試験済み
  • 最高80Msps/100Mspsのサンプリング速度
  • シングルエンドクロックから差動クロックへの変換回路
  • 差動またはシングルエンドアナログ入力信号に設定可能
  • ディジタル出力バッファ内蔵
  • 低電圧および低電力動作
  • MAX19586/MAX1958の評価が容易

アプリケーション/用途

  • アンテナアレイ処理
  • セルラ基地局トランシーバシステム(BTS)
  • E911ロケーションレシーバ
  • 高性能計測
  • マルチキャリアレシーバ
  • マルチ標準レシーバ
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)

説明

MAX19586/MAX19588の評価キット(EVキット)は完全実装および試験済みのPCBで、MAX19586およびMAX19588の性能を評価するために必要なすべての部品を備えています。MAX19586は16ビット、80Mspsのアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)であり、MAX19588は16ビット、100Msps ADCです。MAX19586/MAX19588のEVキットは差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付けることができます。シングルエンド信号ソースのアプリケーション用に、MAX19586/MAX19588のEVキットはトランスを内蔵しており、この信号を所望の差動信号に変換します。MAX19586/MAX19588によって生成されるディジタル出力はロジックアナライザまたはデータ収集システムで取得可能です。このEVキットは3.3Vおよび1.8V電源で動作します。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX19586およびMAX19588の評価キット Jul 26, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。