先頭に戻る

MAX191の評価システム/評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX191の評価システム/評価キット Feb 01, 1997

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • EVシステムには、EVキットおよび80C32 µCモジュール付属
  • 12ビット分解能、ADCリニアリティ1/2 LSB
  • MAX191、シングル電源、またはデュアル電源動作可能
  • EVシステム動作:
    • ユニポーラまたはバイポーラ入力モード
    • シリアルまたはパラレルインタフェースモード
  • 完全組立、試験済み
  • ソフトウェア、電源コード付属
  • RS-232通信ポートによりIBMコンパチブル コンピュータにインタフェース
  • キットでの変換レート、50ksps以上

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • バッテリ駆動のデータロギング
  • データ収集
  • デジタル信号処理(DSP)
  • 電気化学システム
  • 高精度プロセス制御
  • PCペンディジタイザ
  • テレコム

説明

MAX191評価システム(EVシステム)は、MAX191評価キット(EVキット)にマキシムの80C32マイクロコントローラ(µC)モジュールを搭載し接続済みとしたものです。このユニットをIBM®コンパチブルPCに接続し、EVキット付属のソフトウェア上で評価します。評価キットおよびモジュールのボードは双方とも、完全組み立て済み、試験済みとなっています。

MAX191のEVシステムでは、MAX191をさまざまに構成できます。シリアルまたはパラレルインタフェースモードとしたり、またユニポーラまたはバイポーラモード動作とすることも可能で、VSSはグランドあるいは-5Vにも接続できます。各機能はすべて、パソコン入力のキーボードコマンドによって制御できます。

MAX191のEVシステムは、MAX190のEVキットに代わるものです。旧MAX190キットでは入力レンジがプラス(0V~+4.096V)のみ、また動作はシリアルインタフェースモードだけに限定されていました。

MAX191をソフトウェアで評価する場合には、本EVシステム(MAX191EVSYS-DIP)を使用するようにして下さい。80C32モジュール(80C32MODULE-DIP)をすでに購入、あるいはマキシムのEVシステムと一緒にお買いあげ頂いている場合には、EVキット(MAX191EVKIT-DIP)をご注文ください。このMAX191のEVキットだけでも、MAX191の評価をある程度行うことができます(フルデータシートの「EVキットクイックスタート」の項を参照)。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX191の評価システム/評価キット Feb 01, 1997

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。