先頭に戻る

超低電力、10Msps、8ビットADC

デジタルオーディオ放送レシーバシステムに最適な、超低電力ADC

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 8
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 10
Data Bus Interface µP/8
AC Specs (MHz) (@ fIN) 440
SFDR (dBc) (min) 70
SINAD (dB) 48.6
SNR (dB) 48.6
THD (dB) -69
DNL (±LSB) 0.12
INL (±LSB) 0.14
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.72
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 超低電力、10Msps、8ビットADC Feb 10, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 8
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 10
Data Bus Interface µP/8
AC Specs (MHz) (@ fIN) 440
SFDR (dBc) (min) 70
SINAD (dB) 48.6
SNR (dB) 48.6
THD (dB) -69
DNL (±LSB) 0.12
INL (±LSB) 0.14
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
3.72

主な特長

  • 超低電力
    • 15.3mW (通常動作:10Msps)
    • 2µW (シャットダウンモード)
  • 優れたダイナミック性能
    • 48.6dB SNR (fIN = 1.875MHzの場合)
    • 70dBc SFDR (fIN = 1.875MHzの場合)
  • 単一アナログ電源:2.7V~3.6V
  • 1.8V~3.6VのTTL/CMOS対応ディジタル出力
  • 完全差動またはシングルエンドのアナログ入力
  • 内部/外部リファレンスオプション
  • 多重化CMOS対応の3ステート出力
  • 28ピンTQFNパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX19191EVKIT+をご注文ください)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動ポータブル機器
  • デジタルオーディオレシーバフロントエンド
  • 低電力ビデオ
  • 超音波および医療用画像化
  • WLAN、モバイルDSL、WLLレシーバ

説明

MAX19191は、超低電力8ビットの10Mspsアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)です。このデバイスは、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力を備えています。この入力は、440MHzの帯域幅を備え、完全差動またはシングルエンドの信号を受け入れます。MAX19191は、1.875MHzの入力周波数と10Mspsのサンプリングレートで、48.6dBの標準的な信号 対 ノイズ + 歪み比(SINAD)を達成しながら、消費電力はわずか15.3mWです。このADCは、2.7V~3.6Vのアナログ電源で動作します。別個の1.8V~3.6V電源は、ディジタル出力ドライバに給電します。超低動作電力に加え、MAX19191は3つのパワーダウンモードも備えているため、アイドル時に節電することができます。優れたダイナミック性能、超低電力、および小型サイズによって、MAX19191はイメージング、計測、およびディジタル通信におけるアプリケーションに最適です。

内部の1.024V高精度バンドギャップリファレンスは、ADCのフルスケールレンジを±0.512Vに設定します。フレキシブルなリファレンス構造によって、MAX19191は、内部リファレンスを使用することも、より高い精度を必要とするアプリケーションの場合は外部から印加されたリファレンスを受け入れることもできます。

MAX19191は、パラレルCMOS対応3ステート出力を備えています。ディジタル出力形式はオフセットバイナリです。別個のディジタル電力入力は、さまざまなロジックレベルと柔軟にインタフェースするために、1.8V~3.6Vの電圧を受け入れます。MAX19191は、5mm x 5mmの28ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張工業用温度範囲での動作が保証されています。

より高いサンプリング周波数アプリケーションについては、デュアル8ビットADCのMAX1195~MAX1198を参照してください。デュアルチャネルのピンコンパチブルバージョンについては、MAX19192のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX19191:ファンクションダイアグラム MAX19191:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート 超低電力、10Msps、8ビットADC Feb 10, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。