MAX191

低電力、12ビット、サンプリングADC、内部リファレンスおよびパワーダウン付

新規設計にはMAX129Xファミリを参照してください。


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX191はモノリシックのCMOS、12ビットのアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、差動入力、トラック/ホールド(T/H)、内部電圧リファレンス、内部クロック/外部クロック、パラレルまたはシリアルのµPインタフェースを特長としています。MAX191の変換時間は7.5µs、アクイジション時間は2µsで、サンプリングレートは100kspsを保証しています。

MAX191は+5V単一電源または±5Vデュアル電源で動作し、グランド基準のバイポーラ入力信号を許容します。またこのデバイスはロジックのパワーダウン入力が可能で、3mAのVDD消費電流を最大50µAまで低減し、内部リファレンス電流も備えています。

電源、ならびにリファレンスに必要な部品は、外付けのデカップリングコンデンサのみです。このデバイスは、外部リファレンス、内部リファレンスのいずれでも動作します。内部リファレンスを用いると、システムゲインエラーをトリミングする調整入力が可能となります。

MAX191には、3つのインタフェースモードが備わっています。8ビットパラレルモードが2つ、シリアルインタフェースモードが1つです。後者はSPI™、QSPI™およびMICROWIRE™のシリアルインタフェースとコンパチブルとなっています。
MAX191:ファンクションダイアグラム MAX191:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 分解能12ビット、直線性1/2 LSB
  • +5Vまたは±5V動作
  • トラック/ホールド内蔵
  • 調整機能付き内部リファレンス
  • 低電力:
    • 3mA (動作モード)
    • 20µA (パワーダウンモード)
  • 試験済みサンプリングレート:100ksps
  • シリアルおよび8ビットパラレルµPインタフェース
  • パッケージ:24ピンナローDIPおよびワイドSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • バッテリ駆動のデータロギング
  • データ収集
  • デジタル信号処理(DSP)
  • 電気化学システム
  • 高精度プロセス制御
  • PCペンディジタイザ
  • テレコム

スペックパラメータを参照する: Precision ADCs (< 5Msps) (437)


Part NumberResolution
(bits)
Input Chan.Conv. Rate
(ksps)
ADC ArchitectureData BusDiff/S.E. InputInternal VREF
(V)
External VREF
(V)
External VREF
(V)
Unipolar VIN
(V)
THD
(dB)
INL
(±LSB)
Package/PinsBudgetary
Price
ADCmaxnominalminmaxmaxSee Notes
MAX191 121100SAR
µP/8
SPI
Diff. Only4.0962.554.096-801
CDIP/24
DICE SALES/N
PDIP/24
SOIC (W)/24
$13.16 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX191EVKIT: MAX191の評価システム/評価キット
製品の信頼性レポート: MAX191.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード1036MAX191EVKIT MAX191の評価システム/評価キット