MAX180

完全、100ksps、8チャネル、12ビット、データ収集システム


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

The MAX180/MAX181は、8/6チャネル入力マルチプレクサ、広帯域トラック&ホールド(T/H)、低ドリフトツェナーリファレンス、およびフレキシブルなマイクロプロセッサ(µP)インタフェースと、高速変換および低消費電力を組み合わせた完全12ビットデータ収集システム(DAS)です。MAX180/MAX181はユニポーラ/バイポーラ変換およびシングルエンド入力/差動入力をµPによって設定することができます。両デバイスは100kHzでサンプリングおよびディジタル化が可能で、高速8ビットまたは16ビットµPインタフェースを特長としています。

MAX180は8チャネルのアナログ入力を備え、一方MAX181は6チャネルのアナログ入力を備えています。MAX180のマルチプレクサ出力は直接アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)入力に接続されています。MAX181はマルチプレクサ出力ピンとADC入力ピンを別々に備えており、マルチプレクサとADC間にプログラム可能な利得アンプを挿入することができます。

このシステムでは、ユーザは内部または外部リファレンスを選択することができます。さらに内部リファレンス値とオフセットは調整可能であるため、システム全体の利得とオフセットエラーをゼロにすることができます。マルチプレクサは入力インピーダンスが高いため、アナログ入力の駆動要件が簡素化されます。
MAX180、MAX181:ブロックダイアグラム MAX180、MAX181:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 12ビット分可能、±1/2 LSBリニアリティ
  • 8チャネルマルチプレクサ入力(MAX180)
  • シングルエンド6チャネルマルチプレクサ(MAX181)
  • トラック&ホールド回路内蔵
  • 100kHzのサンプリングレート
  • DCおよびダイナミック試験済み
  • 内部電圧リファレンス:25ppm/℃
  • 各チャネルユニポーラ(0V~+5V)またはバイポーラ(-2.5V~+2.5V)入力レンジ対応
  • 各チャネルシングルエンド/差動入力対応
  • 高速8/16ビットµPインタフェース
  • 電源動作:+5Vおよび-12V~-15V
  • 消費電力:110mW

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • デジタル信号処理(DSP)
  • 高精度プロセス制御
  • 高速サーボループ
Part NumberResolution
(bits)
Input Chan.Conv. Rate
(ksps)
ADC ArchitectureData BusDiff/S.E. InputInternal VREF
(V)
External VREF
(V)
External VREF
(V)
Unipolar VIN
(V)
Bipolar VIN
(±V)
THD
(dB)
INL
(±LSB)
Package/PinsBudgetary
Price
ADCmaxnominalminmaxmaxmaxSee Notes
MAX180 128100SARµP/16Both-5-4.92-5.0852.5-801
PDIP/40
PLCC/44
SDBRZ/40
$32.57 @1k
MAX181 6
PDIP/40
PLCC/44
$12.60 @1k
全Precision ADCs (< 5Msps) (464)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


MAX180EVKIT: MAX180の評価キット
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード1509MAX180EVKIT MAX180の評価キット