MAX148

+2.7V~+5.25V、低電力、8チャネル、シリアル10ビットADC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX148/MAX149は、8チャネルマルチプレクサ、高帯域幅トラック/ホールドおよびシリアルインタフェースを組み合わせ、高速変換速度および低消費電力を備えた10ビットデータ収集システムです。+2.7V~+5.25Vの単一電源で動作し、サンプリングレートは133kspsです。デバイスのアナログ入力はソフトウェアにより、ユニポーラ/バイポーラおよびシングルエンド/差動動作に設定することができます。

4線式シリアルインタフェースは外部ロジック無しで直接SPI/QSPI™およびMICROWIRE™機器に接続することができます。シリアルストローブ出力により、TMS320ファミリのデジタル信号プロセッサに直接接続可能です。MAX148/MAX149は、内部クロックまたは外部シリアルインタフェースクロックを用いることで、逐次比較型のアナログ-デジタル変換を行います。

MAX149は2.5Vリファレンスを内蔵し、MAX148は外部リファレンスを必要とします。両製品とも電圧調整範囲±1.5%のリファレンスバッファアンプを備えています。

これらの製品はハードによるアクティブローSHDNピンおよびソフトウェア選択によるパワーダウン機能を備えており、変換の最後で自動的にシャットダウンするようにプログラムすることができます。MAX148/MAX149はシリアルインタフェースにアクセスすると自動的にパワーアップし、ターンオンが早いため全ての変換と変換の間にシャットダウンすることができます。このため、サンプリングレートが低い場合には消費電流を60µA以下に抑えることができます。

MAX148/MAX149は、20ピンPDIPおよび20ピンSSOPパッケージで供給されています。

これらの製品の4チャネルバージョンについてはMAX1248/MAX1249のデータシートをご覧ください。
MAX148、MAX149:標準動作回路 MAX148、MAX149:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 入力:8チャネルシングルエンドまたは4チャネル差動
  • 単一電源動作:+2.7V~+5.25V
  • 2.5Vリファレンス内蔵(MAX149)
  • 低電力:
    • 1.2mA (133ksps、3V電源)
    • 54µA (1ksps、3V電源)
    • 1µA (パワーダウンモード)
  • 4線式シリアルインタフェース:SPI/QSPI/MICROWIRE/TMS320対応
  • ユニポーラまたはバイポーラ入力:ソフトウェアで設定
  • パッケージ:20ピンPDIP/SSOP

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • データ収集
  • 医療用機器
  • ペンディジタイザ
  • ポータブルデータロギング
  • プロセス制御

スペックパラメータを参照する: Precision ADCs (< 5Msps) (437)


Part NumberResolution
(bits)
Input Chan.Conv. Rate
(ksps)
ADC ArchitectureData BusDiff/S.E. InputInternal VREF
(V)
External VREF
(V)
External VREF
(V)
Unipolar VIN
(V)
Bipolar VIN
(±V)
THD
(dB)
INL
(±LSB)
Package/PinsBudgetary
Price
ADCmaxnominalminmaxmaxmaxSee Notes
MAX148 108133SARSPIBoth2.515.252.51.25-701
PDIP/20
SSOP/20
$4.38 @1k
MAX149 
PDIP/20
SSOP/20
$5.07 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。
製品の信頼性レポート: MAX148.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース