MAX1448

10ビット、80Msps、3.0V単電源、低電力ADC、内部リファレンス付

3V、10ビット、80Msps ADC、72dB SFDRを提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1448は、3V、10ビットのアナログディジタルコンバータ(ADC)です。この製品は、完全差動入力、広帯域トラック・ホールド(T/H)付パイプライン10段ADC構造、および完全差動信号経路を取り入れたディジタルエラー補正を特長としています。このADCはイメージングやディジタル通信アプリケーションにおいて低電力、高ダイナミックな性能を発揮するよう最適化されています。コンバータは単一の2.7V~3.6Vの電源で動作し、僅か120mWの電流しか消費しない一方、20MHzの入力周波数で59dB (typ)の信号対雑音比(SNR)を提供します。完全差動入力段は-3dB 400MHz帯域幅を備えており、シングルエンドの入力で動作できます。低消費電力に加えて、MAX1448にはアイドル期間用の5µAパワーダウンモードも備わっています。

ADCのフルスケール範囲の設定には、内部の2.048V高精度バンドギャップリファレンスを使用します。柔軟性のある構造を持つリファレンスにより、ユーザは高精度または差動入力電圧範囲を必要とするアプリケーションに対して、バッファ付き、直接、あるいは外部リファレンスを提供できるようになっています。

ピンコンパチブル、10ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

MAX1448にはパラレル、オフセットバイナリ、CMOSコンパチブルのスリーステート出力が備わっています。これらは1.7V~3.6Vで動作可能であり、柔軟性のあるインタフェースを提供します。MAX1448は5mm × 5mmの32ピンTQFPパッケージで提供され、拡張工業用(-40℃~+85℃)温度範囲で動作できます。
MAX1448:ファンクションダイアグラム MAX1448:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 動作:単一3.0V
  • 優れたダイナミック性能
    • fIN = 20MHzにおいて59dB SNR
    • fIN = 20MHzにおいて74dBc SFDR
  • 低電力
    • 40mA (通常動作)
    • 5µA (シャットダウンモード)
  • 完全差動アナログ入力
  • 広差動入力電圧範囲:2VP-P
  • 入力バンド幅:400MHz (-3dB)
  • 高精度2.048Vバンドギャップリファレンス内蔵
  • CMOSコンパチブルスリーステート出力
  • パッケージ:32ピンTQFP
  • 評価キット入手可能(MAX1448 EVキット)

アプリケーション/用途

  • ベースバンドおよびIFデジタル化
  • CCD画像処理
  • デジタルセットトップボックス
  • 超音波画像化
  • ビデオデジタル化アプリケーション

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
信頼性レポートをリクエスト: MAX1448 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード2322MAX1448EVKIT MAX1444MAX1446MAX1448、およびMAX1449の評価キット