先頭に戻る

シリアルLVDS出力、オクタル(8回路)、12ビット、64Msps、1.8V ADC

MAX1438と機能コンパチブルでありながら、より小型の実装面積を提供

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 優れたダイナミック性能
    • SNR:69.9dB (5.3MHzにおいて)
    • SFDR:94dBc (5.3MHzにおいて)
  • 超低電力
    • チャネル当り114mW (通常動作時)
  • シリアルLVDS出力
  • 端子選択可能なLVDS/SLVS (スケーラブル低電圧信号)モード
  • LVDS出力は最長30インチのFR4バックプレーン接続をサポート
  • ディジタル信号の完全性のためのテストモード
  • 完全差動アナログ入力
  • 広い差動入力電圧範囲:1.4VP-P
  • 1.24Vの高精度バンドギャップリファレンス内蔵
  • クロックデューティサイクルイコライザ
  • エクスポーズドパッド付き小型68ピンTQFNパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX1437BEVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • 計測
  • マルチチャネル通信
  • 超音波および医療用画像化

説明

オクタル、12ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)のMAX1438Bは完全差動入力、パイプラインアーキテクチャ、および完全差動信号経路を採用するディジタルエラー補正を備えています。このADCは、医療用画像処理装置やディジタル通信アプリケーションにおける低電力、高ダイナミック性能に最適化されています。MAX1438Bは1.8Vの単一電源で動作し、わずか913mW (1チャネル当り114mW)ながら、5.3MHzの入力周波数で69.9dB (typ)の信号対ノイズ比(SNR)を達成しています。低動作電力に加えて、MAX1438Bはアイドル期間のローパワースタンバイモードを備えています。

内部の1.24Vの高精度バンドギャップリファレンスによって、ADCのフルスケールレンジが設定されます。リファレンス構造がフレキシブルであるため、高い精度や別の入力電圧範囲が必要なアプリケーション用に外部リファレンスを使用することができます。リファレンスアーキテクチャは低ノイズに最適化されています。

シングルエンドのクロックがデータ変換プロセスを制御します。内部のデューティサイクルイコライザによって、クロックデューティサイクルの大幅な変動が補償されます。内蔵の位相ロックループ(PLL)が高速シリアル低電圧差動信号(LVDS)クロックを生成します。

MAX1438Bはデータ、クロック、およびフレーム整列信号に対して自己整列シリアルLVDS出力を提供します。出力データは2の補数形式で表されます。

MAX1438Bの最高サンプルレートは64Mspsです。このデバイスは小型、10mm x 10mm x 0.8mm、エクスポーズドパッド付きの68ピンTQFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX1438B:ファンクションダイアグラム MAX1438B:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。