先頭に戻る

10ビット、10Msps ADC

低電力、低歪み10ビットADC、61dB SNRを提供

製品の詳細

MAX1426は、10Mspsのサンプリングレートが可能な10ビットのモノリシックアナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。本デバイスは、内部トラックアンドホールド(T/H)アンプによって優れたダイナミック性能を実現するとともに、外付部品点数を削減しています。入力容量が僅か8pFと小さいため、必要な電流を最小限に抑えています。入力帯域幅が広いため(最大150MHz)、本デバイスはアンダーサンプリング技術を使用するRF/IFダウンコンバータアプリケーションに最適です。

MAX1426は広帯域T/Hアンプ付きの差動パイプライン構造により、消費電力を僅か156mWに抑えつつ、最大限のスループットを実現しています。MAX1426は3つの予備リファレンス電圧(+3.25V、+2.25Vおよび+1.25V)を供給する内部+2.5Vリファレンスを備えています。これらのリファレンス電圧は差動入力範囲+2V~-2Vを提供しています。アナログ入力を内部でバイアスしてDCレベルを補正しているため、ACカップリングアプリケーションにおいて外部バイアスの必要がありません。

独立した+3Vデジタルロジック電源入力により、デジタルとアナログ回路の分離が可能です。出力データは2の補数形式になっています。MAX1426は省スペースの28ピンSSOPパッケージで提供されています。ピンコンパチブルの高速データレート製品については、MAX1424またはMAX1425を参照して下さい。

主な機能

  • 差動入力により高い同相ノイズ除去比を実現
  • 信号雑音比:61dB (fIN = 2MHz)
  • 内部+2.5Vリファレンス
  • 入力帯域幅:150MHz
  • 広入力範囲:±2V
  • 低消費電力:156mW
  • 独立したデジタル電源により3Vロジックとコンパチブル
  • 単一+5V動作が可能

アプリケーション/用途

  • CCDピクセル処理
  • IFおよびベースバンドデジタル化
  • IR焦平面アレイ
  • 医療用超音波画像
  • レーダ
  • セットトップボックス
Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 10
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 10
Data Bus Interface µP/10
SFDR (dBc) (min) 72
ENOB (bits) (min) 9.7
SINAD (dB) 60
SNR (dB) 61
THD (dB) -70
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 1.5
Package/Pins SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$3.48 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1426:ファンクションダイアグラム MAX1426:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 10ビット、10Msps ADC Mar 07, 2000
アプリケーションノート Crunching FFTs with Microsoft Excel
チュートリアル Understanding Pipelined ADCs

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 10
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 10
Data Bus Interface µP/10
SFDR (dBc) (min) 72
ENOB (bits) (min) 9.7
SINAD (dB) 60
SNR (dB) 61
THD (dB) -70
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 1.5
Package/Pins SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$3.48 @1k

主な機能

  • 差動入力により高い同相ノイズ除去比を実現
  • 信号雑音比:61dB (fIN = 2MHz)
  • 内部+2.5Vリファレンス
  • 入力帯域幅:150MHz
  • 広入力範囲:±2V
  • 低消費電力:156mW
  • 独立したデジタル電源により3Vロジックとコンパチブル
  • 単一+5V動作が可能

アプリケーション/用途

  • CCDピクセル処理
  • IFおよびベースバンドデジタル化
  • IR焦平面アレイ
  • 医療用超音波画像
  • レーダ
  • セットトップボックス

説明

MAX1426は、10Mspsのサンプリングレートが可能な10ビットのモノリシックアナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。本デバイスは、内部トラックアンドホールド(T/H)アンプによって優れたダイナミック性能を実現するとともに、外付部品点数を削減しています。入力容量が僅か8pFと小さいため、必要な電流を最小限に抑えています。入力帯域幅が広いため(最大150MHz)、本デバイスはアンダーサンプリング技術を使用するRF/IFダウンコンバータアプリケーションに最適です。

MAX1426は広帯域T/Hアンプ付きの差動パイプライン構造により、消費電力を僅か156mWに抑えつつ、最大限のスループットを実現しています。MAX1426は3つの予備リファレンス電圧(+3.25V、+2.25Vおよび+1.25V)を供給する内部+2.5Vリファレンスを備えています。これらのリファレンス電圧は差動入力範囲+2V~-2Vを提供しています。アナログ入力を内部でバイアスしてDCレベルを補正しているため、ACカップリングアプリケーションにおいて外部バイアスの必要がありません。

独立した+3Vデジタルロジック電源入力により、デジタルとアナログ回路の分離が可能です。出力データは2の補数形式になっています。MAX1426は省スペースの28ピンSSOPパッケージで提供されています。ピンコンパチブルの高速データレート製品については、MAX1424またはMAX1425を参照して下さい。

簡略化されたブロック図

MAX1426:ファンクションダイアグラム MAX1426:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 10ビット、10Msps ADC Mar 07, 2000
アプリケーションノート Crunching FFTs with Microsoft Excel
チュートリアル Understanding Pipelined ADCs

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。