先頭に戻る

10ビット、20Msps ADC

低電力、低歪み10ビットADC、61dB SNRを提供

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 10ビット、20Msps ADC Feb 11, 2000
チュートリアル Understanding Pipelined ADCs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ハイコモンモードノイズ除去のための差動入力
  • 信号対ノイズ比
    • 61dB (fIN = 2MHz)
    • 59.3dB (fIN = 10MHz)
  • 内部リファレンス:+2.5V
  • 入力帯域幅:150MHz
  • 幅広い入力範囲:±2V
  • 低消費電力:172mW
  • 3Vロジックコンパチブルな個別のデジタル電源入力
  • +5V単一電源動作

アプリケーション/用途

  • CCDピクセル処理
  • IFおよびベースバンドデジタル化
  • IR焦平面アレイ
  • 医療用超音波画像
  • レーダ
  • セットトップボックス

説明

MAX1425はサンプリング速度20Msps、10ビットのモノリシックアナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。本製品はトラックホールド(T/H)アンプを内蔵しており、優れたダイナミック性能を提供すると同時に、外部部品点数を最小限に抑えています。入力容量が僅か8pFと小さいため、必要な入力電流を最小限に抑えています。広い入力帯域幅(最高150MHz)を持つ本製品は、アンダーサンプリング技術を採用しているデジタルRF/IFダウンコンバータアプリケーションに適しています。

MAX1425は広帯域T/Hアンプを使用した差動パイプラインアーキテクチャを採用しており、最大のスループットを提供しつつ、消費電力は僅か172mWまでとなっています。MAX1425は、3種類のリファレンス電圧(+3.25V、+2.25Vおよび+1.25V)を追加供給する内部+2.5Vリファレンスを生成します。これらのリファレンス電圧は、+2V~-2Vの差動入力範囲を持っています。アナログ入力は内部バイアスを通じてDCレベルを補正するため、AC結合アプリケーションで外部バイアスを行う必要はありません。

個別の+3Vデジタルロジック電源入力により、デジタル回路およびアナログ回路の分離を可能にしています。出力データは2の補数の形式になっています。MAX1425は省スペースの28ピンSSOPパッケージで提供されています。低データ速度のピンコンパチブル製品については、MAX1426データシートを参照して下さい。高データ速度製品については、MAX1424データシートを参照して下さい。

簡易ブロック図

MAX1425:ファンクションダイアグラム MAX1425:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 10ビット、20Msps ADC Feb 11, 2000
チュートリアル Understanding Pipelined ADCs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。