先頭に戻る

12ビット、40Msps、+3.3V、低電力ADC、内部リファレンス付

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 12
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 40
Data Bus Interface µP/12
AC Specs (MHz) (@ fIN) 15
SFDR (dBc) (min) 70
ENOB (bits) (min) 10.3
SINAD (dB) 63.5
SNR (dB) 66
THD (dB) -69
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 2
Package/Pins LQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
7.6
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート 12ビット、40Msps、+3.3V、低電力ADC、内部リファレンス付 Oct 25, 2005
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
アプリケーションノート Pipeline ADCs Come of Age

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 12
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 40
Data Bus Interface µP/12
AC Specs (MHz) (@ fIN) 15
SFDR (dBc) (min) 70
ENOB (bits) (min) 10.3
SINAD (dB) 63.5
SNR (dB) 66
THD (dB) -69
DNL (±LSB) 1
INL (±LSB) 2
Package/Pins LQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
7.6

主な特長

  • 単一電源:3.3V
  • SNR @ fIN = 5MHz:67dB
  • SNR @ fIN = 15MHz:66dB
  • 内部2.048V精度バンドギャップリファレンス
  • 差動広帯域入力T/Hアンプ
  • パワーダウンモード:
    • 180mW (リファレンスシャットダウンモード)
    • 10µW (シャットダウンモード)
  • パッケージ:省スペースの48ピンTQFP

アプリケーション/用途

  • CCDピクセル処理
  • データ収集
  • IFおよびベースバンドデジタル化
  • 医療用超音波画像
  • レーダ

説明

3.3V、12ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC) MAX1421は、完全差動入力を特長とし、パイプラインされた12ステージのADCアーキテクチャで、完全差動信号パス構成の、広帯域トラックアンドホールド(T/H)およびディジタル誤差補正を備えています。MAX1421は、イメージング装置およびディジタル通信などの低電源、高ダイナミック性能のアプリケーション用として最適です。このコンバータは3.3Vの単一電源で動作し、消費電力は僅か188mWです。15MHzの入力周波数および40Mspsサンプル周波数における標準信号対ノイズ比(SNR)は66dBです。完全差動入力ステージは400MHzの小信号-3dB帯域をもち、シングルエンド入力を使用した動作が可能です。

内部2.048V精度のバンドギャップリファレンスがADCのフルスケール範囲を設定します。フレキシブルなリファレンス構造で、内部リファレンスまたは外部からのバッファされた、またはバッファされていないリファレンスを使用することが可能なため、精度の高い、または異なった入力電圧範囲を必要とするアプリケーションに最適です。

低動作電力に加えて、MAX1421はリファレンスパワーダウンおよびシャットダウンモードの2つのパワーダウンモードを備えています。リファレンスパワーダウンモードでは、内部バンドギャップリファレンスが停止され、結果として標準消費電流が2mA低減されます。アイドル期間中に電力の節約を最大化するフルシャットダウンモードも備えています。

MAX1421は、パラレル、オフセットバイナリ、CMOSコンパチブルのスリーステート出力を特長としています。

MAX1421は、7mmx7mm、48ピンTQFPパッケージで提供され、商業用温度範囲(0℃~+70℃)および工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)の仕様となっています。

ピンコンパチブル、高速、低速バージョンのMAX1421も提供しています。60MspsについてはMAX1420のデータシートを、20MspsについてはMAX1422のデータシートを参照して下さい。

簡易ブロック図

MAX1421:ファンクションダイアグラム MAX1421:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 12ビット、40Msps、+3.3V、低電力ADC、内部リファレンス付 Oct 25, 2005
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
チュートリアル Pipeline ADCs Come of Age
アプリケーションノート Pipeline ADCs Come of Age

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。