先頭に戻る

リファレンス内蔵、低電力、16ビットマルチチャネルDAS、10ビットDACおよびRTC

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 16
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 0.06
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Diff. Only
Internal VREF (V) (nominal) 1.25
External VREF (V) (min) 1.15
External VREF (V) (max) 1.35
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 2.5
Package/Pins SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
7.82
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 16
# Input Channels 8
Conv. Rate (ksps) (max) 0.06
Data Bus SPI
ADC Architecture Sigma-Delta
Diff/S.E. Input Diff. Only
Internal VREF (V) (nominal) 1.25
External VREF (V) (min) 1.15
External VREF (V) (max) 1.35
Unipolar VIN (V) (max) 3.6
Bipolar VIN (±V) (max) 3.6
INL (±LSB) 2.5
Package/Pins SSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
7.82

主な特長

  • スタンバイ、アイドル、およびランモードでの電源電圧範囲 : +2.7V~+3.6V (スリープモードでは最低1.8V)
  • ランモード消費電流:1.15mA
  • スリープモード消費電流:2.5µA (ウェイクアップ、RTC、および電圧モニタはアクティブ)
  • マルチチャネル、16ビットシグマデルタADC
    • 積分非線形性:±1.5 LSB ( typ)
    • 連続変換レート:30Hzまたは60Hz
    • バッファまたは非バッファモード
    • 利得:+1/3、+1、+2V/V
    • ユニポーラ/バイポーラモード
    • オフセットキャリブレーション内蔵
  • 10ビットフォース/センスDAC
  • バンドギャップリファレンス出力:バッファ付1.25V、18ppm/℃ (typ)
  • SPI™/QSPI™/MICROWIRE™コンバチブルシリアルインタフェース
  • システムサポート機能
    • RTC (9999まで有効)およびアラーム
    • 高周波数PLLクロック出力(2.4576MHz)
    • アクティブローRESETおよび電源電圧モニタ:+1.8Vおよび+2.7V
    • 信号検出コンパレータ
    • 割込み発生器(アクティブローINTおよびアクティブローDRDY)
    • スリーステートディジタル出力
    • ウェイクアップ回路
  • 28ピンSSOP (MAX1407/MAX1408/MAX1414)、20ピンSSOP (MAX1409)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • データ収集
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ポータブル機器
  • ロボット工学

説明

MAX1407/MAX1408/MAX1409/MAX1414は、低電力、汎用、マルチチャネルデータ収集システム(DAS)です。これらのデバイスは、低電力アプリケーションに最適化されています。全デバイスは+2.7V~+3.6Vの電源で動作し、消費電流はランモードで最大1.15mA、スリープモードでわずか2.5µAです。

MAX1407/MAX1408/MAX1414は、ADCへの8:1差動入力マルチプレクサ、プログラマブルなスリーステートディジタル出力、外部電源をシャットダウンするための信号出力、およびADCからのデータレディ信号出力が特長です。MAX1408は8個の補助アナログ入力、MAX1407/MAX1414は4個の補助アナログ入力と2個の10ビットフォース/センスDACを備えています。MAX1414は信号検出コンパレータ用の50mVトリップスレッショルド、その他のデバイスは0mVのトリップスレッショルドが特長です。MAX1409は、ADCへの4:1差動入力マルチプレクサ、1個の補助アナログ入力、および1個の10ビットフォース/センスDACを備えたDASファミリの20ピンバージョンです。

MAX1407/MAX1408/MAX1414は、省スペースの28ピンSSOPパッケージで、MAX1409は20ピンのSSOPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX1407、MAX1408、MAX1409、MAX1414:標準動作回路 MAX1407、MAX1408、MAX1409、MAX1414:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。