先頭に戻る

3 1/2桁ADC、リファレンス、チャージポンプ回路およびLEDドライバ内蔵

+2.5V~+7Vの単一電源で動作、バイポーラ入力可能

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Display-Oriented ADCs
Resolution (±Counts) 2000
# Input Channels 1
Data Bus 7-Segment
Diff/S.E. Input Diff. Only
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 7
Bipolar VIN (±V) (max) 7
Package/Pins MQFP/44
PDIP/40
PLCC/44
Budgetary
Price (See Notes)
10.43
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Display-Oriented ADCs
Resolution (±Counts) 2000
# Input Channels 1
Data Bus 7-Segment
Diff/S.E. Input Diff. Only
External VREF (V) (min) 0
External VREF (V) (max) 7
Bipolar VIN (±V) (max) 7
Package/Pins MQFP/44
PDIP/40
PLCC/44
Budgetary
Price (See Notes)
10.43

主な特長

  • Single Supply +2.5V to +7.0V Operation
  • Measures Both Positive and Negative Input Voltages
  • Charge-Pump Voltage Inverter Generates a Negative Supply Voltage
  • Internal Bandgap Reference
  • On-Board Display Driver
  • Low Segment Current (MAX140)

アプリケーション/用途

  • +3V動作DMM
  • +5V動作パネルメーター
  • デジタル温度計
  • 機器
  • ポータブルモニタ
  • 重量計

説明

The MAX138/MAX139 are 3 ½ digit A/D converters (ADCs) with on-board LCD (MAX138) and LED (MAX139) display drivers. The MAX138/MAX139 also contain a charge-pump voltage inverter. The charge-pump inverter allows the MAX138/MAX139 to measure both positive and negative input voltages while operating from a single power-supply voltage from +2.5V to +7V. The operating circuits of the MAX138/MAX139 are similar to those of the ICL7136 and ICL7137 respectively, except the MAX138/MAX139 have an internal oscillator and an external charge-pump capacitor connected to pins 38 and 40.

MAX140 is a low segment-current version of the MAX139 intended for use with low-current LED displays.

簡易ブロック図

MAX138、MAX139、MAX140:標準動作回路 MAX138、MAX139、MAX140:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。