先頭に戻る

526ksps、シングルチャネル、14ビット、パラレルインタフェースADC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 14ビットADC
    526ksps
    ±2 LSB INL、±1 LSB DNL、ミッシングコードなし
    90dBc SFDR、-86dBc THD、76.5dB SINAD、77dB SNR (100kHz入力時)
  • 1.6µsの高速変換時間
  • フレキシブルな入力範囲
  • 0~+5V (MAX1319)
    ±5V (MAX1323)
    ±10V (MAX1327)
  • キャリブレーション不要
  • 14ビット、高速、パラレルインタフェース
  • 内部または外部クロック
  • 内部(+2.5V)または外部(+2.0V~+3.0V)リファレンス
  • +5Vのアナログ電源、+3V~+5Vのデジタル電源
  • アナログ電源消費電流:32mA (typ)
    デジタル電源消費電流:550µA (typ)
    シャットダウンおよび省電力モード
  • 48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mmの実装面積)
  • アプリケーション/用途

    • データ収集システム
    • 産業用プロセス制御およびオートメーション
    • 振動および波形分析

    説明

    MAX1319/MAX1323/MAX1327は、ミッシングコードなしで±2 LSB INLおよび±1 LSB DNLを備えるシングルチャネル、14ビット、526kspsアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)です。MAX1323は、入力耐圧が±16.5Vの±5Vの入力範囲を備えています。MAX1327は入力耐圧が±16.5Vの±10Vの入力範囲、MAX1319は入力耐圧が±6.0Vの0~+5Vの入力範囲を備えています。その他の特長として、10MHzのトラック/ホールド(T/H)入力帯域幅、内部クロック、内部(+2.5V)または外部(+2.0V~+3.0V)リファレンス、およびシャットダウンモードなどがあります。

    16.6MHz、14ビット、パラレルインタフェースは変換結果を出力し、ディジタル設定入力を受け付けます。これらのデバイスは+4.75V~+5.25Vのアナログ電源と、それとは独立した+2.7V~+5.25Vのディジタル電源で動作し、総消費電流は35mA以下です。マルチチャネルアプリケーションの場合は、MAX1316~MAX1318/MAX1320~MAX1322/MAX1324~MAX1326のデータシートを参照してください。

    これらのデバイスは48ピン、TQFPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

    簡易ブロック図

    MAX1319、MAX1323、MAX1327:標準動作回路 MAX1319、MAX1323、MAX1327:標準動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。