MAX1315

±10V、±5Vおよび0~5Vアナログ入力範囲の1075ksps、12ビット、パラレル出力ADC

MAX1304~MAX1315製品ファミリのシングルチャネルバージョン


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1307/MAX1311/MAX1315は12ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、1075kspsのサンプリングレート、20MHzの入力帯域幅、および3つのアナログ入力範囲を備えています。MAX1307は、入力耐圧が±6Vの0~+5Vの入力範囲を備えています。MAX1311は、入力耐圧が±16.5Vの±5Vの入力範囲を備えています。MAX1315は、入力耐圧が±16.5Vの±10Vの入力範囲を備えています。

MAX1307/MAX1311/MAX1315は、2.5Vのリファレンスを内蔵しています。また、これらのデバイスは、+2V~+3Vの外部リファレンスも受け付けます。

すべてのデバイスは+4.75V~+5.25Vアナログ電源と+2.7V~+5.25Vのディジタル電源で動作します。これらのデバイスのフル動作時の総消費電流は36mAです。アイドル期間時の節電のために0.62µAのシャットダウンモードを利用することができます。

20MHz、12ビット、パラレルデータバスは変換結果を出力します。15MHzの内蔵発振器または外部のクロックが変換を駆動します。

各デバイスは7mm x 7mmの48ピンTQFPパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で動作します。
MAX1307、MAX1311、MAX1315:標準動作回路 MAX1307、MAX1311、MAX1315:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • ±1 LSB INL、±0.9 LSB DNL (max)
  • 84dBc SFDR、-86dBc THD、71dB SINAD (fIN = 500kHz、-0.4dBFSにおいて)
  • 広い入力範囲
    • 0~+5V (MAX1307)
    • -5V~+5V (MAX1311)
    • -10V~+10V (MAX1315)
  • 入力耐圧
    • ±6V (MAX1307)
    • ±16.5V (MAX1311/MAX1315)
  • 0.72µsの高速変換時間
  • 12ビット、20MHzのパラレルインタフェース
  • 内部または外部クロック
  • 内部(+2.5V)または外部(+2.0V~+3.0V)リファレンス
  • +5Vのアナログ電源、+3V~+5Vのディジタル電源
    • アナログ消費電流:36mA
    • ディジタル消費電流:1.3mA
    • シャットダウンモード
  • 48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mmの実装面積)

アプリケーション/用途

  • データ収集システム
  • 産業用プロセス制御およびオートメーション
  • 振動および波形分析

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX1315 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース