先頭に戻る

8/4/2チャネル、12ビット、同時サンプリングADC、±10V、±5Vおよび0~+5Vのアナログ入力範囲

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 1075
Data Bus µP/12
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 3
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 0.5
Package/Pins LQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
13.27
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 4
Conv. Rate (ksps) (max) 1075
Data Bus µP/12
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 2.5
External VREF (V) (min) 2
External VREF (V) (max) 3
Bipolar VIN (±V) (max) 5
INL (±LSB) 0.5
Package/Pins LQFP/48
Budgetary
Price (See Notes)
13.27

主な特長

  • 最大8チャネルの同時サンプリング
    • アパーチャ遅延:8ns
    • 100psのチャネル間T/Hマッチング
  • 広い入力範囲
    • 0~+5V (MAX1304/MAX1305/MAX1306)
    • -5V~+5V (MAX1308/MAX1309/MAX1310)
    • -10V~+10V (MAX1312/MAX1313/MAX1314)
  • 高速の変換時間
    • 1チャネル:0.72µs
    • 2チャネル:0.9µs
    • 4チャネル:1.26µs
    • 8チャネル:1.98µs
  • 高いスループット
    • 1チャネル:1075ksps/チャネル
    • 2チャネル:901ksps/チャネル
    • 4チャネル:680ksps/チャネル
    • 8チャネル:456ksps/チャネル
  • ±1 LSB INL、±0.9 LSB DNL (max)
  • 84dBc SFDR、-86dBc THD、71dB SINAD、fIN = 500kHz (0.4dBFS)
  • 12ビット、20MHz、パラレルインタフェース
  • 内部または外部クロック
  • 内部(+2.5V)または外部(+2.0V~+3.0V)リファレンス
  • +5Vのアナログ電源、+3V~+5Vのディジタル電源
    • アナログ消費電流:55mA
    • ディジタル消費電流:1.3mA
    • シャットダウンおよび省電力モード
  • 48ピンTQFPパッケージ(7mm x 7mmの実装面積)

アプリケーション/用途

  • マルチフェーズモータ制御
  • マルチフェーズ電力監視
  • 力率監視
  • パワーグリッド同期
  • SIN/COS位置エンコーダ
  • 振動および波形分析

説明

MAX1304~MAX1306/MAX1308~MAX1310/MAX1312~MAX1314は12ビット、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、 8、4、または2個の独立入力チャネルを備えています。個別のトラック/ホールド(T/H)回路は、各チャネルに対して同時サンプリングを行います。MAX1304/MAX1305/MAX1306は、±6V耐障害入力を備えた0~+5Vの入力範囲を提供します。MAX1308/MAX1309/MAX1310は、±16.5V耐障害入力を備えた±5Vの入力範囲を提供します。MAX1312/MAX1313/MAX1314は、±16.5V耐障害入力を備えた±10Vの入力範囲を提供します。これらのADCは、0.9µsで2個のチャネル、1.98µsで最大8個のチャネルを変換します。8チャネルでのスループットは、チャネル当たり456kspsです。その他、20MHzのT/H入力帯域幅、内部クロック、内部(+2.5V)または外部(+2.0V~+3.0V)リファレンス、省電力モードなどの特長を備えています。

20MHz、12ビット、双方向パラレルデータバスは変換結果を出力し、各チャネルを個別に作動させるディジタル入力を備えています。

全製品は+4.75V~+5.25Vのアナログ電源と+2.7V~+5.25Vのディジタル電源で動作し、フル動作時の総消費電流は57mAです。

各製品は7mm x 7mmの48ピンTQFPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX1304、MAX1305、MAX1306、MAX1308、MAX1309、MAX1310、MAX1312、MAX1313、MAX1314:ファンクションダイアグラム MAX1304、MAX1305、MAX1306、MAX1308、MAX1309、MAX1310、MAX1312、MAX1313、MAX1314:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。