先頭に戻る

フォルト保護、12ビットADC、ソフトウェア選択可能な入力範囲

フォルト保護、12ビットADC、ソフトウェア選択可能入力範囲

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Precision ADCs (< 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 87
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 2.4
External VREF (V) (max) 4.18
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 10
INL (±LSB) 0.3
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.33
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Precision ADCs (<u><</u> 5Msps)
Resolution (bits) (ADC) 12
# Input Channels 1
Conv. Rate (ksps) (max) 87
Data Bus SPI
ADC Architecture SAR
Diff/S.E. Input S.E. Only
Internal VREF (V) (nominal) 4.096
External VREF (V) (min) 2.4
External VREF (V) (max) 4.18
Unipolar VIN (V) (max) 10
Bipolar VIN (±V) (max) 10
INL (±LSB) 0.3
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.33

主な特長

  • ソフトウェアで選択可能な4種類の入力範囲
    • MAX1272:0~10V、0~5V、±10V、±5V
    • MAX1273:0~VREF、0~VREF / 2、±VREF、±VREF / 2
  • 12ビット分解能、ミッシングコードなし
  • 単一電源動作:5V
  • SPI/QSPI/MICROWIRE対応3線式インタフェース
  • サンプリングレート:87ksps
  • ±12V障害保護アナログ入力(MAX1272)
  • 内蔵(4.096V)と外付け(2.4V~4.18V)リファレンス
  • 低電力
    • 1.5mA (87ksps時)
    • 0.4mA (10ksps時)
    • 0.2mA (1ksps時)
  • 4種類のパワーダウンモード
  • 8ピンPDIPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験
  • バッテリ駆動機器
  • データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学

説明

MAX1272/MAX1273はマルチレンジ12ビットデータ収集システム(DAS)で、5Vの単一電源で動作します。ソフトウェアプログラマブルのアナログ入力は、以下の幅広い電圧範囲を受け入れます。MAX1272の場合は、±10V、±5V、0~10V、0~5V。MAX1273の場合は、±VREF、±VREF / 2、0~VREF、0~VREF / 2です。ソフトウェアで選択可能な拡張アナログ入力範囲によって、実効ダイナミックレンジは14ビットまで拡大可能で、フレキシブルに4~20mA駆動のセンサーを5Vの単一電源システムに直接インタフェースすることができます。また、MAX1272は、±12Vまでの障害保護を備えています。その他の機能として、5MHzのトラック/ホールド(T/H)帯域幅、87kspsのスループットレート、内蔵(4.096V)または外付け(2.40V~4.18V)リファレンスなどがあります。

MAX1272/MAX1273のシリアルインタフェースは、外部ロジックを用いずにSPI/QSPI™/MICROWIRE®対応デバイスと直接接続します。

4種類のソフトウェアプログラマブルパワーダウンモード(遅延スタンバイ、即時スタンバイ、遅延フルパワーダウン、および即時フルパワーダウン)によって、変換間に低電流シャットダウンが実行されます。スタンバイモードでは、内蔵リファレンスバッファはアクティブのままのため、起動遅延がなくなります。

MAX1272/MAX1273は、8ピンµMAX®パッケージで提供されます。両デバイスとも、-40℃~+ 85℃の拡張温度範囲で提供されます。

簡易ブロック図

MAX1272、MAX1273:標準動作回路 MAX1272、MAX1273:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。