先頭に戻る

MAX12553MAX12554、およびMAX12555の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX12553MAX12554、およびMAX12555の評価キット Nov 28, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • サンプリングレート:95Msps (MAX12555)
  • サンプリングレート:80Msps (MAX12554)
  • サンプリングレート:65Msps (MAX12553)
  • 低電圧および低電力の動作
  • 完全差動またはシングルエンド信号入力構成
  • 差動またはシングルエンドクロック構成
  • デューティサイクルを調整するクロック整形回路実装
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • IFおよびベースバンド通信レシーバ:セルラ、ポイント間マイクロ波、HFC、WLAN
  • 低電力データ収集
  • ポジトロン放出断層撮影(PET)を含む医療用画像処理
  • ポータブル計測機器
  • ビデオ画像処理

説明

MAX12553/MAX12554/MAX12555の評価キット(EVキット)は14ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)ファミリの性能評価に必要な全部品を搭載する完全実装および試験済みPCBです。これらのADCは差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付けますが、このEVキットは単一のシングルエンドアナログ信号源で両タイプの信号に対して評価することができます。ユーザが用意する高速ロジックアナライザやデータ収集システムを使って、このADCによって生成されるディジタル出力を容易に捕捉することができます。このEVキットは1.8Vおよび3.3Vの電源で動作し、ユーザが用意するAC信号から低ジッタクロック信号を生成する回路を搭載しています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX12553MAX12554、およびMAX12555の評価キット Nov 28, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。