先頭に戻る

14ビット、95Msps、3.3V ADC

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 14
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 95
Data Bus Interface µP/14
AC Specs (MHz) (@ fIN) 175
SFDR (dBc) (min) 74.7
SINAD (dB) 69.8
SNR (dB) 72.1
THD (dB) -73.6
DNL (±LSB) 0.65
INL (±LSB) 1.6
Package/Pins TQFN/40
Budgetary
Price (See Notes)
55.7
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed ADCs (> 5Msps)
Resolution (bits) 14
# Input Channels 1
Sample Rate (Msps) (max) 95
Data Bus Interface µP/14
AC Specs (MHz) (@ fIN) 175
SFDR (dBc) (min) 74.7
SINAD (dB) 69.8
SNR (dB) 72.1
THD (dB) -73.6
DNL (±LSB) 0.65
INL (±LSB) 1.6
Package/Pins TQFN/40
Budgetary
Price (See Notes)
55.7

主な特長

  • 直接IFサンプリング:最高400MHz
  • 優れたダイナミック性能
    • SN比:74dB/72dB (fIN = 3MHz/175MHzにおいて)
    • SFDR:87.4dBc/76.2dBc (fIN = 3MHz/175MHzにおいて)
  • 低ノイズフロア:74.6dBFS
  • 低電力動作:3.3V
    • 465mW (シングルエンドクロックモード)
    • 497mW (差動クロックモード)
    • 300µW (パワーダウンモード)
  • 完全差動またはシングルエンドアナログ入力
  • 調整可能なフルスケールアナログ入力範囲:
    • ±0.35V~±1.10V
  • コモンモードリファレンス
  • 2の補数またはグレイコードのCMOSコンパチブル出力
  • データ有効インジケータによってディジタルインタフェースを簡素化
  • データ範囲外インジケータ
  • エクスポーズドパッド付き、6mm x 6mm x 0.8mmの小型40ピンTQFNパッケージ
  • 評価キット入手可能(MAX12555EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • IFおよびベースバンド通信レシーバ:セルラ、ポイント間マイクロ波、HFC、WLAN
  • 低電力データ収集
  • ポジトロン放出断層撮影(PET)を含む医療用画像処理
  • ポータブル計測機器
  • ビデオ画像処理

説明

MAX12555は3.3V、14ビット、95Mspsのアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力アンプを備え、内蔵の低ノイズ量子化器を駆動します。アナログ入力段は、シングルエンド信号または差動信号を受け付けます。MAX12555は、高ダイナミック性能、低電力、および小型サイズ用に最適化されています。ベースバンドから175MHz以上の入力周波数まで優れたダイナミック性能が確保されるため、MAX12555は中間周波数(IF)サンプリングアプリケーションに最適です。

3.3Vの単一電源から電力供給されるMAX12555は消費電力がわずか497mWで、175MHzの入力周波数で72.1dB (typ)の信号対ノイズ比(SNR)性能を提供します。低動作電力に加えて、MAX12555はアイドル期間に節電する300µWのパワーダウンモードを備えています。

リファレンス構造がフレキシブルであるため、MAX12555は2.048Vの内部バンドギャップリファレンスを利用するか、または外部から印加されるリファレンスを受け付けることができます。このリファレンス構造によって、フルスケールアナログ入力範囲を±0.35V~±1.10Vに設定することができます。MAX12555は、差動アナログ入力回路の設計を簡素化し、外付け部品の点数を削減するコモンモードリファレンスを備えています。

MAX12555は、シングルエンドまたは差動入力クロックのいずれかをサポートします。広範囲のクロックデューティサイクルのばらつきは、ADCの内蔵デューティサイクル等化器(DCE)によって補正されます。

ADC変換の結果は、14ビット、パラレル、CMOSコンパチブル出力バスを通じて利用可能です。ディジタル出力フォーマットを2の補数またはグレイコードにすることをピンで選択することができます。データ有効インジケータによって、信頼性の高いディジタルインタフェースに通常必要な外付け部品が不要になります。独立したディジタル電源入力は1.7V~3.6Vの幅広い電源電圧を受け付けるため、MAX12555は各ロジックレベルとインタフェースすることができます。

MAX12555はエクスポーズドパッド(EP)付き、6mm x 6mm x 0.8mmの40ピンTQFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

ピンコンパチブル、12/14ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

簡易ブロック図

MAX12555:ファンクションダイアグラム MAX12555:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。