先頭に戻る

デュアル、80Msps、12ビット、IF/ベースバンドADC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 直接IFサンプリング:最高400MHz
  • 優れたダイナミック性能
    • 70.7dB/69.8dB SN比(fIN = 70MHz/175MHzにおいて)
    • 78.2dBc/72.9dBc SFDR (fIN = 70MHz/175MHzにおいて)
  • 3.3V低電力動作
    • 760mW (差動クロックモードの場合)
    • 726mW (シングルエンドクロックモードの場合)
  • 完全差動またはシングルエンドアナログ入力
  • 調整可能な差動アナログ入力電圧
  • 入力帯域幅:750MHz
  • 内部、外部、または共用リファレンス
  • 差動またはシングルエンドクロック
  • 25%~75%のクロックデューティサイクルに対応
  • ユーザ選択可能なDIV2およびDIV4クロックモード
  • パワーダウンモード
  • 2の補数またはグレイコードのCMOS出力
  • 範囲外およびデータ有効インジケータ
  • 小型68ピンTQFNパッケージ(10mm x 10mm x 0.8mm)
  • 評価キットを提供(MAX12528EVKITを注文してください)

アプリケーション/用途

  • デジタルセットトップボックス
  • I/Qレシーバ
  • IFおよびベースバンド通信レシーバ:セルラ、LMDS、ポイント間マイクロ波、MMDS、HFC、WLAN
  • 低電力データ収集
  • 医療用画像処理
  • ポータブル計測機器

説明

MAX12528は80Msps、12ビットのデュアル、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)で、完全差動広帯域トラック/ホールド(T/H)入力を備え、内蔵量子化器を駆動します。MAX12528は、中間周波数(IF)およびベースバンドサンプリングアプリケーションにおける低電力、小型サイズ、および高ダイナミック性能に最適化されています。このデュアルADCは3.3Vの単一電源で動作し、消費電力はわずか726mWですが、175MHzの入力周波数で69.8dB (typ)の信号対ノイズ比(SN比)性能を発揮します。T/H入力段は、最高400MHzのシングルエンド入力または差動入力を受け付けます。MAX12528は低動作電力に加えて、330µWのパワーダウンモードも備えているため、アイドル時に節電することができます。

MAX12528はリファレンス構造がフレキシブルであるため、2.048Vの内部バンドギャップリファレンス、または外部印加リファレンスを使用可能で、リファレンスを2つのADC間で共有することができます。このリファレンス構造によって、フルスケールアナログ入力範囲を±0.35V~±1.15Vに設定することができます。MAX12528は差動アナログ入力回路の設計を簡素化し、外付け部品点数を削減するコモンモードリファレンスを備えています。

MAX12528は、シングルエンドまたは差動入力クロックをサポートしています。ユーザが選択可能な2分周(DIV2)および4分周(DIV4)モードによって、設計がフレキシブルになり、クロックジッタによる悪影響がなくなります。クロックデューティサイクルの広範囲のばらつきは、ADCの内蔵デューティサイクルイコライザ(DCE)によって補償されます。

MAX12528は、パラレル、12ビット幅のCMOS対応出力を2つ備えています。ディジタル出力フォーマットは、2の補数またはグレイコードを端子選択することができます。ディジタル出力用の独立した電源入力は1.7V~3.6Vの電圧を受け付け、各種ロジックレベルとフレキシブルにインタフェースします。MAX12528はエクスポーズドパッド(EP)付き10mm x 10mm x 0.8mmの68ピンTQFNパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

ピンコンパチブル、12/14ビット高速ADCファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

簡易ブロック図

MAX12528:ファンクションダイアグラム MAX12528:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。